南谷真鈴(登山家)の出身高校等経歴!コーチがすごい!資金は?

この記事は3分で読めます

marin01

 
こんにちは! Jakewonder です!
 
早稲田大学政治経済学部 に在学中の登山家、
南谷真鈴(みなみや・まりん) さんが 世界最年少冒険家グランドスラム を達成したということで話題になっています。
 
images
 
「冒険家グランドスラム」とは、
世界7大陸の最高峰 に加え、
南極点・北極点に到達 すること。
 
最後の関門である北極点に、
2017年4月に到達し世界最年少でこの偉業を達成しました。
途中、
仲間の 凍傷 による離脱があったり、
ホッキョクグマに食料を奪われ たり、
数々の困難を乗り越えての偉業達成だったそうですよ。
 
現在20歳という年齢と現役の大学生ということ、
そしてこの整った容姿。
これは騒がずにはいられないですよね〜!
 
いったい南谷さんとはどういう人なのでしょう。
いろいろと調べてみました。
 

スポンサードリンク





 

南谷真鈴の経歴は?

 
まずはプロフィールから!
 

 
1996年12月20日 神奈川県川崎市出身
 
血液型 O型
 
東京学芸大学附属国際中等教育学校〜早稲田大学政治経済学部国際政治経済学科在学中
 

 
お父さんが貿易関係の仕事をしていて、
1歳半から12年間、
マレーシア、香港、上海などの海外で生活した南谷さん。
 
初めての登山経験も13歳の時、
香港の山に登ったことだったそうです。
 
日本に戻ってきてからは 東京学芸大学附属国際中等教育学校 に入学。
聞き慣れない学校名ですが、
国立の東京学芸大学の附属校で中高一貫教育、
男女共学で偏差値は 63
帰国子女の受け入れも充実していて、
日本語が不得意な帰国子女には日本語の授業も行われるそうです。
 
南谷さん、
テレビなどで見る限り英語はペラペラ、
日本語も普通に話せそうですが、
赤ちゃんのころから海外で過ごしていた経歴を考えると、
日本語はこの学校で改めて学んだのかもしれないですね。
 
大学は 早稲田大学 に進学。
早稲田大学の中でも最高峰と言われる 政治経済学部 に在籍ということで学力も相当高いのですね〜!
弱冠 20歳 の現在3年生。
山はもちろん、
いろいろな分野での活躍が期待される若き登山家です。
 

スポンサードリンク





 

南谷真鈴のトレーニング コーチがすごい!

 
登山は体力と同じくらい経験が非常に重要な要素を占めるスポーツだと言われています。
7大陸最高峰制覇は日本人女性としては4人目ということですが、
他のお二人はいずれも40代後半以上のベテランの登山家。
経験的にはどうしても未熟であろう南谷さんにとっては、
体力作り=トレーニングということが非常に重要な要素なのではないかと思います。
 
どんなトレーニングをされているのかというと、、
 
平日はジムで1〜2時間、
週末は山かジムで5時間、
最高傾斜にしたランニングマシンを約30キロの荷物を背負って歩く
 
というものだそうです。
 
30キロというと小学生低学年一人分くらいでしょうか。
考えてみたら登山の装備はそれくらいの重さになるでしょうから、
これはごく当たり前のことかとも思いますが、
若い女性にとってはものすごい負荷ですよね〜
 
加えてボディートレーニングの クロスフィット のジムにも通っているそうなのですが、
そこでのコーチはなんとこの人!
 
201410070001-spnavido_2014100700007_view
 
ニコラス・ペタス 氏。
「青い目のサムライ」 の異名をとる極真空手出身の格闘家。
言わずと知れた 元K-1日本王者 です。
 
今は六本木に 「Redbok」 というクロスフィットのジムを開いていて、
南谷さんもそこでトレーニングされているのですね。
 
意外な繋がりに驚きです。
 

南谷真鈴 登山活動の資金はどこから?

 
登山には 多額の資金 が必要となるもの。
例えばエベレストに登るのには、
5〜6人のチームを作ったとして 一人あたり500〜600万円 が必要になってくるそうです。
 
まだ学生である南谷さん、
いったいこの資金をどこから得ているのか気になりますよね。
 
ネットでは家がお金持ちでそこから援助を受けているのではないか?
という声が多数見られますが、
ご本人は明確にそれを否定されています。
 

 
「エベレスト登頂を決意した16歳のとき、父に相談したら『自分でできるだろうから資金は一切サポートしないよ』と言われ、スポンサーを探し始めました。」
 
出典:《冒険家インタビュー》“美人過ぎる”南谷真鈴に迫る 日本人最年少7大陸最高峰制覇…今年は北極点到達へ
 

 
オフィシャルサイトには企業スポンサーが明記されており、
ユニクロ・DeNA・森永乳業 が資金を提供している様子。
 
「世界最年少」を目指したのも、
それが達成できればスポンサードも得やすくなることを意識したそうです。
 
自らの人生を自ら切り拓いていく こういう力も、
南谷さんの大きな魅力ですね〜!
 

南谷真鈴 今後の活躍に期待!

 
冒険家グランドスラムを達成し、
少しゆっくりするのかと思いきや、
早くも新たな夢を語る南谷さん。
 
次の目標は セーリングでの世界一周 だそう。
しかし本当にやりたいのはその世界一周で世界各地の子供達に会い、
環境に負けずに夢に向かって進む素晴らしさを伝える活動だそうです。
 
まだ20歳、
登山家・冒険家としてだけではなく、
いろんな分野で活躍してくれそうですね!
 
今後の南谷さんの活動に注目していきたいと思います。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ok...桃田賢斗
  2. maxresdefault
  3. 150507_3_1
  4. pape_profile1-211x300
  5. 20170705-00000053-spnannex-000-5-view
  6. 201404300001-spnavi_2014043000003_view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。