大迫傑(マラソン)イケメンランナーの記録や経歴!東京オリンピックは?

この記事は3分で読めます

150507_3_1

 
こんにちは! Jakewonder です!
 
冬の時代が続く日本の 男子マラソン 界に期待の新星が現れました!
 
477819451c553d17f3ff5d6e48d1715e
 
大迫傑(おおさこ・すぐる) 選手。
意志の強そうな瞳が印象的な、
なかなかのイケメンですね〜!
 
トラック競技では日本記録も保持する、
長距離界を代表する選手。
この2月に自身のTwitterで4月17日の ボストンマラソン で初マラソンに挑戦することを宣言。
 


 
現状の主戦場であるトラック競技では8月のロンドン世界選手権の出場権をまだ獲得していない大迫選手。
同大会マラソンの出場権とは全く関係のないボストンマラソンへの参戦は、
トラック競技へのダメージ も懸念され、
同大会への出場自体に黄信号が灯る可能性もあり、
関係者を非常に驚かせていました。
 
果たしてそのボストンマラソンで、
見事 3位入賞
日本人選手が3位以内に入賞するのは、
1987年に優勝した 瀬古利彦選手 以来のこととあって、
男子マラソンに新星誕生!
と話題になっています。
 
大迫選手とはいったいどんな選手なのでしょうか?
色々と調べてみました。
 

スポンサードリンク





 

大迫傑の経歴や記録は?

 
まずはプロフィールから!
 

 
1991年5月23日 東京都町田市生まれ
 
身長 170cm
 
体重 50kg
 
町田市立金井中〜佐久長聖高〜早稲田大学スポーツ科学部〜日清食品〜ナイキ・オレゴン・プロジェクト
 

 
東京の 町田市立金井中 で本格的に陸上競技を始めた大迫選手。
三年生時、
全国大会 3000m3位 入賞を果たします。
中学校時のベストは3000m 8分41秒59
これは東京都の中学校最高記録だそうです。
 
高校は長野の名門・ 佐久長聖高 に進学。
二年生の時に 5000m13分台 をマーク、
その年の全国駅伝ではアンカーを務め、
チーム初となる 全国優勝 に貢献しました。
 
早稲田大学に進学後、
2010年の 全日本大学駅伝 では2区を走り 7人抜き の快走を見せ、
チームの 優勝 に貢献。
 
翌2011年の 箱根駅伝 では1区で区間賞 を獲得、
18年ぶりとなる 総合優勝 に貢献しました。
 
同年の 深圳ユニバーシアード10000m では、
28分42秒83で日本人としては16年ぶりとなる 優勝
 
翌2012年の 箱根駅伝 では1区で 2年連続の区間賞 を獲得しました。
 
2013年4月、
カーディナル招待10000m で自身の最高記録である27分38秒31をマーク。
これは 日本歴代4位 の記録だそうです。
 
2014年、
日清食品グループ に入社。
アジア競技大会10000m銅メダル を獲得、
9月の レイチミーティング2014 では 3000m7分40秒09日本記録 を樹立しました。
 
2015年の ニューイヤー駅伝 では1区 区間賞 を獲得。
3月に日清食品グループを退社、
アメリカの ナイキ・オレゴン・プロジェクト に参加し、
プロランナーに転向 しました。
7月の ナイトオブアスレチックス5000m では、
日本記録更新 となる 13分08秒40 をマーク。
 
2016年には初のオリンピックとなる リオオリンピック10000m5000m で出場しましたが、
予選通過はなりませんでした。
 
東京オリンピックに向けて今後の動向が注目される中、
前述の通り2017年4月に ボストンマラソン に参加、
マラソン初挑戦。
2時間10分28秒3位 入賞、
トラック競技だけではなくマラソンでも世界に通用する実力を示しました。
 
現在の自己ベストは下記の通り。
 

 
1500m 3分40秒49(2016年)
 
3000m 7分40秒09(2014年)※日本記録
 
5000m 13分08秒40(2015年)※日本記録
 
10000m 27分38秒31(2013年)
 
ハーフマラソン 1時間01分13秒(2017年)
 
マラソン 2時間10分28秒(2017年)
 

 

スポンサードリンク





 

大迫傑 今後の進路は?

 
初マラソンで好記録を出し、
今後マラソンでいくのかトラック競技を主にするのか、
その進路が注目される大迫選手。
 
おそらく、
今回のボストンマラソン出場は東京オリンピックに向けて自身がどこを目指すのか、
マラソンでいくのかこれまで通りトラック競技出場を目指すのかを判断するためのテスト走行だったと思われます。
 
戦前の大方の予想ではタイムは2時間12分台と見られていたようですが、
そこを大きく上回る2時間10分台をたたき出した大迫選手。
今後はマラソンを主戦場とするのではないかという声が多いようです。
久しく世界と張り合える選手が登場していないマラソン界。
これは大期待ですね〜!
 

大迫傑 今後の活躍に期待!

 
たいていの場合オリンピックでは男子マラソンは一番最後の種目。
東京オリンピックでもラストを飾る、
華々しい競技になると思われます。
 
ここで日本代表選手がどんな頑張りを見せてくれるかというのは、
東京オリンピック全体の印象に関わる極めて重要なことなのですね。
 
あと3年という時間は、
何かを成し遂げるには十分ではないが可能な時間だと思います。
 
大迫選手や男子マラソン陣の今後の活躍に期待ですね!
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ”ª–Ø‚©‚È‚¦/Kanae Yagi (JPN), OCTOBER 7, 2013 - Weightlifting : Tianjin 2013 the 6th East Asian Games, Women's -53kg at Civil Aviation University of China Gymnasium, Tianjin, China. (Photo by AFLO SPORT) [1156]
  2. e7dd677f02995a782e46802abf4544a9
  3. 0c12fbe25c2dbb5be4808c1cb0d9ce5a
  4. pic_iwasakikyoko03
  5. 渡嘉敷ラム3
  6. Co-m293VMAAd_mp

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。