高木美帆(日体大スケート)がかわいい!サッカーやダンスも!

この記事は3分で読めます

takagi-miho-04

 
こんにちは! Jakewonder です!
 
会場問題で揺れる2020東京オリンピック。
半世紀ぶりの日本での夏季オリンピックとあって、
話題は尽きませんね。
 
でも忘れちゃいけないのは。。。
その前に 2018年 には、
平昌冬季オリンピック があるのです!
 
スピードスケート女子 で、
金メダルを期待されているのがこの人!
 
sp-gg-121220-02-ns300
 
高木美帆(たかぎ・みほ) 選手。
 
とっても素朴でかわいい印象の選手ですが、
このところの活躍は本当にすごい!
 
今回はこの高木選手に関して、
色々と書いてみたいと思います!
 

スポンサードリンク





 

高木美帆の経歴は?サッカーでも活躍!

 
まずはプロフィールから!
 

 
1994年5月22日 北海道中川郡幕別町生まれ
 
身長 163.5cm
 
血液型 O型
 
趣味 ジグゾーパズル
 
幕別町立札内中〜帯広南商〜日本体育大学
 

 
高木選手は 北海道幕別町 生まれ。
両親と兄・姉の5人家族で、
ともにスケート選手であるお兄さんとお姉さん(高木菜那選手)の影響で、
5歳からスケートを始めました。
 
7歳からは サッカー も始め、
中学校では男子に交じってフォワードでなんとレギュラーを獲得。
北海道選抜 として ナショナルトレセン女子U-15合宿 にも参加しました。
根本的に運動能力・身体能力がめちゃめちゃ高いのですね〜!
 
2009年、
14歳 の時に 全日本ジュニアスピードスケート選手権総合優勝
世界ジュニア選手権総合4位 に入賞します。
また同じ時期に開催された ジュニアワールドカップ では、
500m・1000m優勝
2×500m 合計タイムで80秒61という 中学新記録 を樹立しました。
12月の バンクーバーオリンピック代表選考会 では、
1500m優勝 (タイムは中学新記録となる1分59秒47)、
1000m3位 (タイムは中学新記録の1分17秒77)、
3000m3位 (タイムは4分13秒09)と素晴らしい成績を修め、
1000m1500m団体追い抜き代表に 選出されました。
中学生でのスピードスケートオリンピック代表選出は、
史上最年少記録
しかも3種目という、、、
ものすごい快挙ですね!
 
2010年、
バンクーバーオリンピックでは残念ながらあまり良い成績を残せませんでしたが、
翌月の 世界ジュニア選手権 では、
姉の菜那選手・押切美沙紀選手との チームパシュート で見事 銀メダル を獲得しました。
 
2012年には ワールドカップBクラス1000m で1分15秒40の 世界ジュニア新記録2位 に。
そしてこの年と翌2013年、
世界ジュニア選手権2年連続総合優勝 を果たしました。
 
2013年には 日本体育大学 に進学。
冬季ユニバーシアード大会1000m金メダル を獲得しました。
同年行われたソチオリンピック代表選考会は落選しましたが、
2015年の 世界距離別スピードスケート選手権 では 団体パシュート に菊池彩花選手・姉の菜那選手とともに出場し、
日本初 となる 金メダル を獲得しました。
 
2016年には ワールドカップ第3戦1000m初優勝
2018年平昌オリンピックへの出場が有力視される、
日本スピードスケート界期待の選手です。
 

スポンサードリンク





 

高木美帆のもう一つの特技とは?

 
そんな高木選手、
サッカーも代表級の実力 であることは前述しましたが、
もう一つ特技が!
 
スケートと同じ、
五歳のころから始めた ヒップホップ・ダンス
しかもただ趣味としてやっていたということではなく、
きちんと教室に通って取り組んできたこのヒップホップ・ダンスが、
高木選手のスケーティングにどうやら 大きな影響 を及ぼしているらしいのです。
 
高木選手のスケーティングの強みはカーブでも重心がぶれず、
バランスが崩れない こと。
これには 腰回りの筋力 が強いことが要因の一つとしてあげられるそうですが、
その筋力を強化するトレーニングの動きと、
ヒップホップ・ダンスにおいて中腰から素早く立ち上がる動きは非常によく似ているらしいのですね。
 
もちろんそれを狙ってダンスをやってきたわけではないでしょうが、
非常に興味深い話ですね。
 

高木美帆 平昌での活躍に期待!

 
彗星のように現れ、
中学生にて初めてのオリンピックを経験した高木選手。
 
ソチオリンピックには出場できず悔しい思いをしただけに、
2018年平昌オリンピックにかける思いは並々ならぬものがあるかと思われます。
 
2大会ぶりのオリンピック、
そしてメダル獲得。。。
 
期待は膨らみますね〜!
 
高木選手の活躍に注目していきたいと思います。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
【2016年3月6日追記】
2016-17年シーズン絶好調の高木美帆選手。
本日3/6、
世界オールラウンド選手権で2000年の田畑真紀選手以来17年ぶりの表彰台、
銅メダルを獲得しました!
このまま平昌まで突っ走ってほしいですね!
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. AS20140430004360_comm
  2. 10_Fukatsu
  3. IMAG2015021447742_imh_03_l
  4. IMG_8064d
  5. maxresdefault
  6. d_08888075

コメント

    • 佐々木侯一
    • 2017年 3月12日

    我慢しなきゃ駄目だってかわいい。頑張れ。金メダルを取って来て頂戴。

    • 佐々木侯一
    • 2017年 3月28日

    かわいい(^o^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。