濱田真由(テコンドー)の経歴や特徴!オリンピックメダルで父親に恩返し?

この記事は3分で読めます

20160723234257

 
こんにちは! Jakewonder です!
 
オリンピックには 世界各国独自のスポーツ がいろいろと種目として採用されています。
日本ならばそれは柔道ですが、
現在ではかなり人気スポーツになってきたので発祥国だからといってそうやすやすとメダルは取れなくなってきていますよね。
 
お隣 韓国発祥 の競技、
テコンドー
こちらも世界的に人気の競技となってきていて、
様々な国に強豪選手がいますが、
日本にもメダル争いに食い込むことができると言われている選手がいます。
 
normal-m001-5
 
濱田真由(はまだ・まゆ) 選手。
女子57kg級 のリオオリンピック日本代表。
国内では無敵の強さを誇る、
期待の選手です。
 
今回はこの濱田選手に関して、
経歴や特徴などいろいろと書いてみたいと思います!
 

スポンサードリンク





 

濱田真由の経歴!

 
ますはプロフィールから!
 

 
1994年1月31日 佐賀県佐賀市生まれ
 
身長 174cm
 
体重 56kg
 
川副中〜高志館高〜ベストアメニティ(信光テコンドークラブ)〜徳山大学・ミキハウス
 

 
お兄さんの影響で小学一年生のころにテコンドーを始めた濱田選手。
 
佐賀県立 高志館高 1年生の時に、
世界ジュニア選手権銅メダルを獲得します。
 
高校2年生の時には、
全日本テコンドー選手権大会 に初出場し 初優勝
その年秋の ロンドンオリンピックアジア地区予選 女子57キロ級で 3位 になり、
史上最年少 である 17歳でのオリンピック出場 を決めました。
 
2012年、
高校卒業後は佐賀市内の食品会社・ベストアメニティ に就職し、
仕事をしながら 信光テコンドークラブ でテコンドーを続けます。
 
8月の ロンドンオリンピック ではメダルが期待されますが、
準々決勝で金メダルを獲得したイギリスのジョーンズに敗北。
3位決定戦でも敗れてしまいましたが、
5位入賞 を果たします。
 
2013年の世界テコンドー選手権 では銀メダル を獲得。
 
2015年世界テコンドー選手権 で念願の 初優勝 を果たします。
 
そして2016年。
メダル獲得を目指し、
二度目のオリンピックである リオオリンピック に出場します。
 
現在は教員免許取得を目指し 徳山大学 に籍を置くかたわら ミキハウス に所属。
練習は現在も地元佐賀県を中心に行っているそうです。
 

濱田真由の選手としての特徴は?そもそもテコンドーって?

 
さて、
そもそもテコンドーとはどういう競技なのでしょう?
 
テコンドーは前述の通り韓国発祥の競技で 蹴り技を中心に戦う 格闘技でありスポーツ。
俗に「足のボクシング」とも呼ばれています。
日本の 松濤館流空手 が起源となっていて、
2000年、
シドニーオリンピックからオリンピックの正式競技になりました。
 
1ラウンド3分間3ラウンド 行い、
ポイントを競う競技で、
蹴り技やパンチによる胴部への攻撃で1ポイント、
後ろ蹴りなどの回転系の蹴り技による胴部への攻撃で2ポイント、
蹴り技による頭部への攻撃で3ポイント、
回転系の蹴り技による頭部への攻撃で4ポイントを得ることができます。
(頭部へのパンチ攻撃はできません)
 
いかに足技を操るかが重要なポイントとなってくる競技ですが、
濱田選手の 身体的な特徴 が大きな武器となっています。
 
それは、
長い足
 
AS20151207002898_comm
 
濱田選手の股下は 81cm
長い足を器用に操り、
ボクシングのジャブのように相手をけん制する 「カット」 と呼ばれる技や、
2mにも達する と言われる鋭い ハイキック が、
濱田選手の大きな特徴であり武器だそうです。
 

濱田真由 オリンピックでの活躍で父親に恩返し?

 
濱田選手のこれまでのテコンドー人生には、
家族の存在 が欠かせません。
お兄さん、
弟もテコンドー選手、
兄弟3人のテコンドー生活を支えてくれたのは両親。
 
遠征費用など、
3人分ともなると金銭面も大変で、
周囲の人から「テコンドー貧乏」と呼ばれることもあったとのこと。
 
現在も佐賀県の実家で暮らしている濱田選手、
寝室はお兄さんと同室らしいのですが、、、
 
リオオリンピックで活躍すれば、
所属のミキハウスから 報奨金 が出るとのこと。
その使い途に関して濱田選手は
「家族それぞれの個室がある家を建てたい」 と話しているそう。
 
これまで金銭面で支えてきてくれたお父さん、
そして家族への恩返し。
是非ともリオで活躍して報奨金を獲得してほしいですね!
 

濱田真由の今後の活躍に期待!

 
今後の目標として、
地元の新聞社の取材に濱田選手は以下の様に答えています。
 
「目標は リオオリンピックでの金メダル 。そして東京オリンピックと次のオリンピック、その次のオリンピックで金を取るのが夢」
 
力強い言葉ですね!
 
まずは数日後に控えたリオオリンピック本番。
濱田選手の活躍に、
大いに注目したいと思います。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 162404
  2. 20110123_745343
  3. 2b254441bfce31c81302aa0ee8c22643
  4. 20150629161951518_koshukaireport_s4
  5. Cfq7geEVIAEDwAI
  6. ogp

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。