紀平梨花(スケート)の経歴は?トリプルアクセル決める天才ジュニア!

この記事は2分で読めます

AS20160128000007_commL

 
こんにちは! Jakewonder です!
 
本田真凛 選手や女優としても活躍中の本田望結 選手など、
次世代選手の活躍が華々しい女子フィギュアスケート。
有望な選手が次々と現れていますが、
全日本ジュニア強化合宿で、
難度の高い トリプルアクセル を5度も決めて話題になっている天才少女スケーターがいます。
 
621_1
 
紀平梨花(きひら・りか) 選手。
現在14歳、
2016年にノービスAからジュニアに上がったばかりの、
期待のスーパーノヴァです!
 
今回は紀平選手について、
経歴や選手としての特徴など色々と書いてみたいと思います。
 

スポンサードリンク





 

紀平梨花の経歴!

 
まずはプロフィールから!
 

 
2002年7月21日 兵庫県西宮市生まれ
 
身長149cm
 
血液型 O型
 
趣味 映画、音楽鑑賞
 
特技 逆立ち歩き
 
所属 大阪スケート倶楽部
 

 
兵庫県西宮市に生まれた紀平選手。
最初は体操をしていたそうですが、
お姉さんの影響で5歳からフィギュアスケートを始めました。
 
2014年からは 宮原知子 選手、
本田真凛 選手らを指導する 浜田美栄コーチに師事、
メキメキと頭角を顕します。
 
2015年の 全日本ノービス選手権 では5種類の3回転合計7本を跳び 優勝
同年の 全日本ジュニア選手権11位 でした。
 

紀平梨花の特徴は?

 
紀平選手の演技の特徴は何と言っても ジャンプ
浅田真央選手の代名詞である トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)13歳 の時に習得。
いまのところまだ公式戦での成功はないそうですが、
今期の演技には冒頭の場面に組み込む予定だそうです。
 
このトリプルアクセル、
どれくらいすごいことなのかというと、、、
 
世界スケート連盟公認大会では、
浅田真央選手、伊藤みどり選手ら女子では 世界で6人しか成功例がない 究極の大技。
 
14歳でそれを習得していることもさることながら、
現在 3回転トーループとの連続技 にも挑戦しているとのこと。
すでに前述の全日本ジュニア強化合宿では4回成功しているとのこと。
これが公式戦で決まれば、
女子では 世界初 らしいです。
 
これはほんとにすごい選手が出てきましたね!
 

紀平梨花 将来のオリンピックでの活躍に期待!

 
次の冬季オリンピックは 2018年平昌オリンピック
2月の開催なので紀平選手はその時15歳、
フィギュアスケートのオリンピック出場可能年齢の下限は15歳なのでギリギリ出場できる!
と一瞬思ったのですが、、、
 
実は年齢制限に関しては、
開催年前年の7月1日時点での年齢 が対象となるらしいのですね。。。
 
7月21日生まれの紀平選手はその時点ではまだ14歳。
たった3週間 なのに。。。
うーん、
なんとも残念。
 
その次の冬季オリンピックは 2022年の北京オリンピック
紀平選手は、
19歳という一番実力的・体力的にも充実しているであろう年齢です。
 
まだ5年以上先の話、
そこまで実力を伸ばし続けて、
トップに立ち続けるのは想像できないくらい大変なことだとは思いますが、、、
 
同世代の 本田真凛 選手、
岩野桃亜 選手らと切磋琢磨して、
日本女子フィギュアスケートの黄金時代をぜひ作り上げていってほしいですね!
 
今後の紀平選手の活躍に注目していきたいと思います。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. takayasu8
  2. 201508050004-spnavi_2015080500009_view
  3. 11258_05
  4. 登坂絵莉01
  5. 名称未設定1
  6. 207843_0_00

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。