新井涼平(やり投げ)の出身地や高校等経歴!身体能力に注目のイケメン!

この記事は2分で読めます

207843_0_00

 
こんにちは! Jakewonder です!
 
シンプルに身体能力を争う側面が強い陸上競技。
特に瞬発力を争うフィールド競技は、
これまで肉体的素質の差で日本人はなかなか結果を出せませんでしたが、
このところは世界に食い込むような選手が大勢出てきていますね!
 
この人もそんな選手の一人。
 
20160428-00000078-dal-000-view
 
やり投げ新井涼平(あらい・りょうへい) 選手。
 
2016年 日本選手権大会新記録 となる84m54を投げ 優勝
見事 リオオリンピック出場 を決めました。
 
少年っぽい面影を残した、
なかなかのイケメンですね〜!
 
今回は新井選手に関して、
プロフィール等いろいろと調べてみたいと思います。
 

スポンサードリンク





 

新井涼平の経歴!高校の途中から競技開始!

 
まずはプロフィールから!
 

 
1991年6月23日 埼玉県生まれ
 
身長 183cm
 
体重 92kg
 
種目 やり投げ
 
長瀞中→皆野高→スズキ浜松AC
 

 
陸上競技というメジャースポーツのオリンピアンとしては、
新井選手の経歴はちょっと変わっています。
 
小学校・中学校の頃は陸上競技とは縁がなく、
ソフトボールや野球 をしていたとのこと。
 
高校は地元の 埼玉県立皆野高校 に進学します。
皆野高校は男子ホッケー部・女子ホッケー部・弓道部・剣道部にインターハイ出場実績があり、
特にホッケー部と弓道部は全国優勝の経験もあるなかなかスポーツが盛んな学校ですが、
陸上部が特に強いというわけではなく、
新井選手も最初は グランドホッケー部 に所属します。
しかし、
数ヶ月で退部。
特に部活動に参加しない「帰宅部」生徒として過ごしますが、
一年生の9月にテレビで陸上の 世界選手権 を見て運命が変わります。
 
新井選手が衝撃を受けたのは やり投げで金メダルを獲得テロ・ピトカマキ 選手(フィンランド)の投てき。
二学期に入るとすぐに 陸上部に入部 し、
短距離や走り幅跳びと並行してやり投げを始めました。
 
競技開始後 わずか2年あまり にして、
3年生の時には インターハイに出場し4位
国体では少年A3位
日本ジュニア選手権5位 という成績を残します。
 
もともと野球をしていたので「投げる」運動はには親和性が高かったのかもしれませんが、
この短期間で全国レベルに食い込む身体能力はすごいですね!
 
進学した国士舘大学の岡田雅次監督もこの身体能力を高く評価。
 

 
「記録的には大したことなかったし、無茶苦茶な投げだったけど、動き、体にキレ があった。そういう、教えても出来ないもの を持っていた」
出典:NumberWeb
 

 
岡田監督がもう一つ高く評価している資質は、
新井選手の「練習する才能」
地味な基礎練習を集中力を切らさず長時間やることができる能力。
腹筋だけで2時間やることも あったそうです。
 
持って生まれた身体能力と、
周囲が驚くほどの練習量で、
新井選手はぐんぐん力をつけていきます。
 
2年生時に 日本選手権で4位 に。
3年生の時には 日本インカレで優勝
4年生の時には ユニバーシアードで8位に入賞 しました。
 
大学卒業後は スズキ浜松アスリートクラブ に所属。
2014年大きな飛躍を成し遂げます。
織田記念陸上 では当時日本歴代3位となる85m68を投げ 優勝 しました。
日本選手権でも初優勝 し、
10月の 仁川アジア大会では銀メダル を獲得。
国体では 日本歴代2位となる86m83を記録して優勝 しました。
 
2015年は腰痛を発症し大会の欠場もありましたが、
日本選手権二連覇 を達成。
初出場となった8月の 世界選手権 では、
僅差で入賞を逃しましたが ファイナリストの舞台に 立ち9位を記録。
 
そして2016年6月、
日本選手権三連覇
リオオリンピックへの切符を手にしました。
 

新井涼平のエピソード!

 
新井選手を見ていて、
左側頭部に大きな傷 があるのが気になりました。
かなりの大怪我のように見えるのですが。。。
 
img_0
 
新井選手、
子供の頃はかなり活発だったそうで日々生傷が絶えなかったとか。
頭の傷も、
子供のころ友達と遊んでいてゴルフクラブが当たってしまったそうです。。。
。。。生きていて良かったですね〜。。。
 
また、
リオオリンピック出場と同時に2016年1月に 結婚 していたことを発表した新井選手。
お相手は高校の同級生とのこと。
 
6月23日が誕生日だったので、
オリンピック決定・結婚・そして誕生日と、
おめでたいことが3つも重なったのですね〜!
 

新井涼平のリオオリンピックでの活躍に期待!

 
念願のオリンピック初出場を決めた新井選手。
その投てきは、
まだまだ発展途上だとも言われています。
 
日本選手権後のインタビューで、
「左足が修正できれば、あとプラス5mはいける」
と語っており、
もしリオオリンピックまでにそれが現実となれば、
記録は 90m越え
金メダルも夢ではない 数字ですね!
 
リオオリンピックでの新井選手の活躍に大注目です!
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. images
  2. 540_401_igarashi01-300x225
  3. Cfq7geEVIAEDwAI
  4. 147246_360240
  5. sasaki_1-300x229
  6. 山口茜

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。