新城幸也のロードバイクエピソードがすごい!骨折でもオリンピック!

この記事は3分で読めます

12870__D3S2112bisS

 
こんにちは!
 
あまりにも坂道が多いため、
街中にほとんど自転車が走っていない長崎出身の Jakewonder です!
 
リオオリンピック男子ロードレース日本代表の 新城幸也(あらしろ・ゆきや) 選手。
 
sev_arashiroyukiya_03
 
日本ではあまり取り上げられる機会がないロードレースですが、
ヨーロッパでは大人気スポーツ。
 
2012年の ツール・ド・フランスでは日本人として初めて表彰台に 立ち、
「フランスで一番有名な日本人」と言われている選手です。
 
今回は新城選手に関して、
色々と書いてみたいと思います。
 

スポンサードリンク





 

新城幸也のプロフィール!

 
まずはプロフィールから!
 

 
1984年9月22日 沖縄県石垣市生まれ
 
身長 170cm
 
体重 65kg
 
八重山高等学校→Team Vang→梅丹本舗→Bbox ブイグテレコム→チーム・ヨーロッパカー→ランプレ・メリダ
 

 
新城選手が初めてロードバイクに乗ったのは小学校5年生の時。
ですが、
すぐにロードバイクにのめり込んだわけではなく、
中学校・高校生の時はハンドボールをしていたそうです。
 
高校三年時、
ハンドボールの部活を引退したのちに、
お父さんの知り合いであるロードレース選手・福島晋一選手 の映像を見て、
自転車競技をやりたいと思ったそうです。
 
福島選手の助けもあり、
本場 フランスへ自転車留学
 
2006年からはプロチームに所属し、
着々とキャリアを積んでいきます。
 
2009年、
ツール・ド・フランス に戦後二人目となる出場が決定。
見事完走しました。
 
翌2010年には ジロ・デ・イタリア に出場、
これも完走。
2年連続でツール・ド・フランスにも出場。
 
ツール・ド・フランスにはその後も2012年〜2015年まで3年連続出場。
2012年には 敢闘賞を獲得日本人として初めて表彰台に
2014年には 総合65位 を記録しました。
 
ジロ・デ・イタリアにも2014年、
2度目の出場を果たし 総合128位 を記録。
 
2015年には ブエルタ・ア・エスパーニャ に初出場、
完走。
日本人として初めて全グランツールを完走した選手 となりました。
 
2016年2月、
落車により 左大腿部を骨折する大怪我 を負いながら、
これまでの圧倒的な実力が評価されリオオリンピック出場が決定しています。
 

新城幸也が語るロードバイクのエピソードがすごい!

 
ロードバイクやロードレース、
日本ではあまり馴染みがないだけに、
いろいろと知らないことが多いですよね。
 
テレビ出演でご本人が話されていたところによると、、、
 
まず、走る距離 がすごい!
 
レースには1日で終わるものもありますが、
例えば前述のツール・ド・フランスを例に挙げると、
21日間で約3,600km を走るそうです。
 
北海道から沖縄までが大体3,500kmくらい。
21日間で日本を完全縦断するわけですね。
もちろん平野ばかりでなく山道もあるわけですから、
それはなかなか完走できないというのもうなずけます。
 
当然 1レースあたりの消費カロリー もすごくて、
大体 6000kcal〜7000kcal くらい消費するらしいです。
(成人男性の約3日分 )
 
1日中休憩なく走り続けるわけで、、、
トイレはどうするの?
と思いますよね?
 
なんと、
「走りながらする」らしいです。。!
 
もちろん小さい方の話かと思いますがww
後ろにいたらと考えると。。
華麗なように見えて、
なかなかの地獄絵図ですねww
 
ヨーロッパではサッカーと並ぶ人気スポーツ。
スポンサードも盛んで、
収入も半端じゃない らしいです。
 
ツール・ド・フランスのトップの選手は大体 3億〜5億 を稼いでしまうとか。
 
移動のバスも超豪華。
 
スクリーンショット 2016-06-07 0.24.15
 
体力を早く回復させなければならないので食事も豪華で、
チームによっては レストランカー を持っていて 専任のシェフ がおり、
ツール・ド・フランスの21日間毎日違う料理(しかもフルコース)が食べられるそう。
 
ただこれは、
日本人としては逆に上品過ぎて物足りない気もしますが。。
 

新城幸也のリオでの活躍に期待!

 
リオオリンピックの男子ロードレースは8/6、
256.4km で争われます。
 
2016roadrace_1-600x325
 
レースの行方もそうですが、
コパカバーナイパネマ といったリオデジャネイロの最も象徴的な場所を通過する景観の美しいコースでもあり、
観る側としては視覚的にもものすごく楽しめそうですね。
 
やはり本場ヨーロッパが圧倒的に強い競技ですが、
ロードレース界において 日本人の新しい足跡を次々と打ち立てている 新城選手のリオでの活躍、
今から楽しみです!
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 11258_05
  2. watarigp1(1)
  3. d_08888075
  4. dekita1
  5. 渡嘉敷ラム3
  6. G20150612010526690_view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。