迫田さおり(バレー)のジャンプ力がすごい!真面目で天然な性格が魅力!

この記事は3分で読めます

sakota-saori-02

 
こんにちは!
 
市ヶ谷に行こうと思い携帯で経路検索していて、
打ち間違えであやうく市が尾に行きそうになってしまった Jakewonder です!
 
女子バレーボール にすっかりハマってしまいました!
 

 
リオオリンピック最終予選、
もう負けられない5/18のタイ戦で、
チーム最多の24得点 をたたき出し、
歴史的な逆転勝利に大きく貢献したのがこの人!
 
spk1111082053004-p1
 
迫田さおり(さこだ・さおり) 選手。
「さこた」ではなく「さこだ」と濁るのですね。
 
コート上での真剣な眼差し、
得点を決めた後の全身を使ってのガッツポーズが印象的な選手。
 
今回は迫田選手に関して、
色々と書いてみたいと思います。
 

スポンサードリンク





 

迫田さおりのプロフィール

 
まずはプロフィールから。

 
1987年12月18日 鹿児島県鹿児島市生まれ
 
身長 175cm
 
体重 64kg
 
血液型 A型
 
ポジション ウイングスパイカー
 
指高 230cm
 
利き手 右
 
スパイク 305cm
 
ブロック 279cm
 
鹿児島西高校→東レ
 

 
小学校三年生でバレーを始めた迫田選手。
中学校がかなり厳しい学校だったらしく、
高校はバレー強豪校ではない 鹿児島西高校 を選んだそうです。
なので春高バレーやインターハイへの出場経験はありませんが、
高校三年の時に鹿児島県選抜の一員として国体に出場、
三位入賞に貢献しました。
 
高校卒業後 東レ に入団。
2010年からレギュラーに定着し、
全日本メンバーにも選抜。
 
2012年ロンドンオリンピック世界最終予選では最終戦のキューバ戦、
途中出場ながら20得点、
オリンピック出場を決める活躍 を見せました。
 
ロンドンオリンピック本番では、
三位決定戦の韓国戦で先発、
23得点を挙げる大活躍で銅メダル獲得に貢献
 
今回のキューバ戦も含め、
ここ一番、
踏ん張りどころでの迫田選手の勝負強さには神がかったものがありますね!
 
ロンドンオリンピック終了後、
肩を故障し代表から一時外れたものの、
2013年から復帰。
 
現在はピンチサーバー等途中出場が多い迫田選手。
空気が悪い時に出場するケースが多いですが、
その空気を一変させる、
期待通りの活躍を見せてくれています。
 

迫田さおりの特徴は?チーム随一のジャンプ力!

 
迫田選手のプレイにおいて、
一番の魅力はなんといっても 強烈なバックアタック でしょう!
 

 
このバックアタックを可能にしているのが、
抜きん出た ジャンプ力
 
プロフィールを見ると指高が230cmでスパイクが305cm。
ジャンプの高さは実に75cm を記録しています。
 
代表選手でいうと木村選手が65cm、荒木選手が62cmだそうですので、
ずば抜けたすごさですね!
 

迫田さおりは超天然?真面目なだけにおもしろい!

 
そんな迫田選手、
テレビ番組への出演で 相当な天然で あることがばれてしまいましたww
 
ことわざを聞かれた際に、
 
「三人寄れば。。。」
「みんな集まる」(正しくは「文殊の知恵」)
 
「河童の。。。」
「皿」(正しくは「川流れ」)
 
「くさっても。。。」
「頑張る」
 
会場から「二文字の魚の名前」とヒントをもらい、
「さば寿司!」(正しくは「鯛」)
 
。。。すごいww!
 
どれも全く正解ではないですが、
わからないなりにきちんと自分で考えて、
ちゃんと答えを出しているところがすごい真面目ですよね!
でも 真面目なだけになおさら面白い ww
 
なんでも迫田選手は、
全日本チームの選手たちがVリーグで普段活動していることを自分がVリーグに入るまで知らなかったらしいです。
 
全日本チームの木村沙織選手や荒木絵里香選手が、
自分が入団した東レにいてさぞかしびっくりしたでしょうねww
 

迫田さおりの活躍でリオオリンピック出場なるか?

 
ロンドンオリンピック最終予選同様、
今回もかなり厳しい戦いが続いている全日本女子バレー。
 
しかし、
キューバ戦の奇跡の逆転勝利で、
確実に流れをつかんだ感じがします!
 
リオオリンピック出場までもう一息!
迫田選手の強烈なバックアタックで、
出場、
そしてロンドンオリンピックに続き二大会連続のメダル
をつかんでほしい!
 
今後の活躍に大いに期待です!
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ski13121705010000-p3
  2. kogasarina20150902
  3. AS20140430004360_comm
  4. images
  5. 150804_01
  6. 渡嘉敷ラム3

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。