杉原愛子(体操・梅花高校)の笑顔がかわいい!手術乗り越えオリンピックへ!

この記事は3分で読めます

m_dot-2016050400056

 
こんにちは、Jakewonder です!
 
女子体操のリオオリンピック候補 のうち、
3名が決まりましたね!
 
NHK杯優勝の 寺本明日香 選手、
二位の 村上茉愛 選手、
そして三位のこの人。
 
杉原愛子1
 
杉原愛子(すぎはら・あいこ) 選手。
2015年ごろから頭角を現し始めた、
キラキラした瞳と笑顔が印象的な 日本女子体操の新エース と言われている選手です。
 
今回は杉原選手に関して、
いろいろと書いてみたいと思います!
 
※女子体操のオリンピック代表決定に関して
今回候補に決定した3名に加え6月に行われる全日本種目別選手権で4名の候補が決定。
その計7名から代表合宿と試技会を踏まえ5名の代表が決定されます。
なので今回選ばれた3名が代表に正式に決定したわけではないのですが、
日本女子代表の塚原千恵子監督は 「オリンピック本番でも3人が中心になると思う」 と発言しており、
事実上の代表決定と捉えて良いのではないかというのが一般的な見方です。
 

スポンサードリンク





 

杉原愛子これまでの経歴!手術を乗り越え掴んだ五輪代表候補

 
杉原選手は1999年大阪生まれ。
身長146cm 体重35.7kg。
日体大の体操選手だった両親とお姉さんの影響で4歳から体操を始めます。
 
DSC005091
 
写真は姉の 杉原好栄(すぎはら・よしえ) 選手。
日体大の体操部に所属されているということで、
こちらの活躍にも注目ですね!
 
父親の勝さん曰く、
「教えていないのに幼稚園のころから逆上がりができた。」
とのこと、
このあたりの才能は、
やはり遺伝なのでしょうね!
 
小学校4年生のころに 羽衣体操クラブ に入り本格的に体操を始めます。
 
中学校2年生のころに 全国中学校体操競技選手権大会で女子個人総合6位入賞
3年生のときには アジアジュニア体操競技選手権大会で団体戦優勝、
個人総合2位
となりました。
 
2015年、
タカラジェンヌを多く輩出していることで有名な 梅花高校 に進学。
梅花高校では 舞台芸術コース を専攻、
授業では ミュージカルの基礎訓練 を受けたりもしているそうです。
演技中の抜群の表現力は、
授業で学び習得したものも多いのかもしれないですね。
 
高校進学と同時に ヴォラーレ体操クラブ へ移籍。
2015年の 全日本体操個人総合選手権では3位入賞 。
そして5月の NHK杯 では並み居る実力選手を抑え 個人総合で初優勝 を果たし大いに注目を集めました。
 
7月には初のシニア国際大会となる アジア体操競技選手権 に出場し、
日本女子の 団体総合優勝 に貢献し、
自身も 個人総合で優勝 、
初の国際試合でのタイトルを手にしました。
 
団体のリオオリンピック出場権をかけた10月の 世界選手権 でも 団体総合5位
リオオリンピック出場権獲得に貢献しました。
 
この大会の後、
杉原選手は 右膝の遊離軟骨除去手術 を行いました。
「遊離軟骨」とは俗に「関節ねずみ」とも言われるもので、
関節内に剥がれて遊離している軟骨のこと。
成長期の男子やスポーツ選手によく見られる症状で、
これが関節に挟まってしまうと関節が上手く動かなかったり、
痛みをともなったりするらしいです。
 
幼いころからの膝の酷使や、
一年間で身長が4cmも伸びたということも関係していたのかもしれませんね。
 
この手術を乗り越え、
リオオリンピック代表選考会を兼ねた2016年5月の NHK杯で3位入賞
見事オリンピック代表候補の座をつかみました。
 

杉原愛子の特徴は?白井健三選手のひねりをビデオで研究

 
杉原選手の特徴は、
何と言っても「ひねり王女」と呼ばれるほどの”ひねり”でしょう。
 
2015年アジア選手権最終種目ゆかで、
E難度の「3回ひねり」を成功させた杉原選手。
その秘訣は 研究熱心な性格と抜群の跳躍力 にあるようです。
 
「ひねり王子」と言われる男子体操・白井健三 選手の演技をビデオでチェック。
スローで何度も見て手や顔の位置もチェックし、
真似することでひねり技を完成させたそうです。
 
また、
幼少のころ 縄跳び が好きで、
何重跳びできるかを友だちと競い合いながらやっていたそう。
(ちなみに 4重跳び ができるそうです。すごい!)
これが現在の抜群の跳躍力を築くことに役立ったのかもしれませんね。
 

杉原愛子オリンピックでのメダルなるか?力強い言葉に期待!

 
順当にいけば、
リオオリンピック女子体操代表選手の中では 最年少 となる杉原選手。
しかしながら会見では「エースとして見てもらいたい」と力強い言葉も飛び出しています。
 
現在まだまだ成長期である杉原選手は、
好きなチョコレートも我慢して、
毎日5回 体重を計りながらのベスト体重管理に余念がないそう。
 
8月のリオオリンピック、
ベストな状態で悔いのない演技をして、
終わったら思いっきりチョコレートを食べて欲しいですねww!
 
今後も杉原選手の活躍に注目したいと思います。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 150507_3_1
  2. 20150629161951518_koshukaireport_s4
  3. ishikawayuuki20150916
  4. Japan's Shoma Uno competes during the Men short program at the ISU Bompard Trophy Figure Skating competition in Bordeaux, southwestern France, November 13, 2015. REUTERS/Regis Duvignau
  5. images
  6. GR0000000486_0002_SMALL

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。