藤本那菜(アイスホッケー)は妹も美人?出身高校等プロフィール調査!

この記事は3分で読めます

dly1512220007-p1

 
こんにちは!
 
GWは部屋の片付けで終わりそうな Jakewonder です!
 
2年前、
ソチオリンピックに出場し、
「美人すぎるアイスホッケー選手」として話題になった女子アイスホッケーの 藤本那菜(ふじもと・なな) 選手。
 
FujimotoNana04-thumb-240xauto-115797
 
先日テレビで特集されていて久しぶりにお見かけしたのですが、
2年前より さらに美人に なっている気が。。。!
 
今回は藤本選手に関して、
経歴などを改めてまとめつつ、
平昌オリンピックに向かう現在の藤本選手の動きに関して、
また同じく美人だと評判の妹さんに関しても書いていきたいと思います!
 

スポンサードリンク





 

藤本那菜のプロフィール!珍しい札幌の選手

 
藤本選手は1989年北海道札幌市生まれ。
6歳のころ父親の影響でアイスホッケーを始めますが、
FWでもDFでもあまり結果を残せず、
小学校5年生のころにGKに転身。
父親との猛特訓を経て上達し、
札幌大谷高校 二年生時には 日本代表 に選ばれます。
 
その後 札幌学院大学 に進学しつつ、
代表として、
アルマトイ冬季アジア大会・世界選手権・バンクーバーオリンピック予選 などに出場。
 
バンクーバーオリンピック予選敗退後、
実は心理学の勉強に専念するため 代表を辞退 していた時期があります。
アイスホッケーをやめるつもりだったとのこと。
2012年には 札幌学院大学大学院臨床心理研究科 に進学。
 
しかしこの年、
「ボルテックス札幌」 という新チームが札幌に誕生。
 
「若い子を育てるチームをつくりたいと言われて。自分が、というより、札幌の子供たちのために このチームに入って続けることにしました」
 
藤本選手は再びアイスホッケーに取り組むことを決意します。
 
藤本選手が他の選手とちょっと違うのは、
この地元札幌を愛し、
札幌にこだわった経歴でしょう。
 
アイスホッケーの本場は苫小牧や釧路。
多くの選手が苫小牧や釧路のチームに所属するのに対し、
藤本選手は生まれ育った札幌でプレイを続けました。
 
約四年間代表入りを辞退した後、
2013年ソチオリンピック予選から代表復帰。
2014年の ソチオリンピックでは正GKとして活躍 しました。
チームは5戦全敗したものの、
一点差ゲームが3試合もあったのは藤本選手の力によるところが大きいと当時の監督・飯塚祐司さんは語っています。
 
2015年の 世界選手権 では予選リーグ2勝と残留決定戦の勝利に大きく貢献。
セーブ率は 「90%で一流」 とされる中、
93.75% を記録、
日本人選手として初めて 最優秀GK に輝きました。
 
正直なところ、
藤本選手はさほど運動神経に優れた少女ではなかったそうです。
GKになったのもFWでもDFでも優れた成績を出せなかったのをお父さんが見て、
最後の挑戦的な意味合いで指導したとのこと。
 
GKというポジションに適性があった、
ということではありますが、
適性を見つける努力と、
日々の絶え間ない努力 でいくらでも輝ける可能性がある、
というのはスポーツに限らず様々な分野で志をもって頑張る人に、
大いに励みになりますね!
 

藤本那菜の現在!単身ニューヨークへ 世界トップレベルで活躍

 
現在藤本選手は、
2015年10月世界で初めてアメリカで開幕した 北米女子プロアイスホッケーリーグNWHL に、
日本人選手として唯一参加。
 
ニューヨークベリターズ の正GKとして、
アメリカ・カナダ・ロシアなど世界の強豪国の代表が集結した舞台 で単身奮闘しています。
 
チームでは単なるGKではなく、
ディフェンスの要としてDFへの作戦を指示することも。
 
最初のシーズン、
チームは残念ながら最下位となりましたが、
世界最高峰の舞台で様々な経験と鍛錬を重ね、
さらに上のステージに向けて歩んでいます。
 

藤本那菜の妹も美人!ボルテックス札幌のDFとして活躍

 
そんな藤本選手の妹さん・藤本奈千(ふじもと・なち) さんもアイスホッケー選手。
ボルテックス札幌のDF として活躍中です。
 
nachi_photo
 
こちらもお姉さんに負けず劣らず美人!
 
実力も素晴らしく、
2007年より日本代表入り。
2009年のIIHF U18世界女子選手権では主将としてチームを牽引し、
優勝に導いたそうです。
 
平昌オリンピックでは姉妹での出場もあるのか?
これもまた楽しみですね!
 

藤本那菜の活躍と日本チームの平昌オリンピックに期待!

 
日本では失点0の試合が多かった藤本選手ですが、
世界最高峰の選手を相手に1試合失点3前後となかなか苦戦している様子。
 
それでも平昌オリンピックに向けて、
日本代表チームの悲願の勝利、
そしてその先のメダルに向けて、
世界レベルの感覚をチームに持ち帰ろうと奮闘しています。
 
2018年平昌で、
この努力が花開くことに大いに期待です!
 
今後も藤本選手の活躍に注目していきたいと思います。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 
【2017年2月13日追記】
平昌オリンピック最終予選、アイスホッケー女子「スマイルジャパン」見事突破!
平昌オリンピック出場決定一番乗りです!
おめでとうございます、次は是非悲願の一勝を!
 

 
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. CgdWXy7WEAIJyPH
  2. AS20140430004360_comm
  3. 2009042420485316038
  4. 900115cc0970a8fe557902448f198a9d
  5. takagi-miho-04
  6. shotai_koseki

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。