渡嘉敷来夢(バスケ)男顔負けのダンクがかっこいい!オリンピックに期待!

この記事は3分で読めます

渡嘉敷ラム3

 
こんにちは!
 
バスケ漫画といえば、
スラムダンクよりダッシュ勝平世代の Jakewonder です!
 
3大会ぶりにオリンピック出場を決めた日本女子バスケットボール
チームの中心となるのは、
何と言ってもこの人でしょう!
 
CB5Bcs-VEAMwhzp
 
渡嘉敷来夢(とかしき・らむ) 選手。
 
ルックス的には「かわいい」「美人」というより、
「かっこいい」「イケメン」という方がしっくりきますね!
 
現在はアメリカプロリーグWNBAの シアトル・ストーム に所属する、
世界でもトッププレイヤー と言える選手です。
 
今回は渡嘉敷選手に関して色々と調べてみました!
 

スポンサードリンク





 

渡嘉敷来夢のプロフィール;伸び続けた身長は193cm!

 
渡嘉敷選手は1991年東京・赤羽生まれの埼玉県春日部市育ち。
名前から沖縄県出身かと思いましたが、
お婆さんが沖縄県出身ということのようですね。
 
身長は 193cm
おじいさんがアメリカ人。
ご本人は クオーター ということになりますが、
ハーフであるお父さんは身長196cmとのことなのでそこからの遺伝なのですね。
 
足のサイズは 28cm
女性でこれはかなり大きいですね。
ちなみに和田アキ子さんが27cmらしいですww
 
小学校のころ 走高跳びで全国優勝 するなど、
幼いころから運動能力は抜群。
中学校からバスケを始め、
高校は愛知県の 桜花学園 に進学します。
 
1年生のころからレギュラー として活躍し、
高校三冠 に貢献。
インターハイ・ウインターカップ共に三連覇 を成し遂げます。
 
2010年にJX日鉱日石エネルギーに入社し、
同社バスケットボール部・JXサンフラワーズ に加入。
ルーキーイヤーから活躍し、
ルーキーオブザイヤーとレギュラーシーズンMVPを同時獲得という、
Wリーグ初の快挙
を達成。
2年目は右足甲の手術の影響で出場数を減らしますが、
3年目はベスト5を、
4年目はレギュラーシーズンMVPとベスト5を同時獲得。
 
2015年4月、
世界最高峰の アメリカ・WNBA への挑戦を発表しました。
 

渡嘉敷来夢のダンクシュート!日本人女性選手では初!

 
ジャンプ時最高到達点325cm を誇る渡嘉敷選手、
日本人女性史上初にして唯一、
ダンクシュートを決めることができる選手 としても注目されています。
 

 
高校生のころから練習しているらしいダンクシュート。
世界でも女子選手では数名しか決めていません。
 
試合で決めるのは至難の技かと思いますが、
いつの日にか達成して欲しいですね!
ひょっとしてリオオリンピック?
そういう視点でも、
期待が高まります!
 

渡嘉敷来夢のWNBAでの評価は?人柄の良さでチームに順応し好成績

 
現在、
世界最高峰の WNBAシアトル・ストーム で活躍中の渡嘉敷選手。
 
ルーキーイヤーとなった2015年シーズンは、
最初はフィジカルのレベルの高さに圧倒されながらも素早く環境に順応。
出場30試合中10試合で二桁得点をあげ、
新人選手の中では3位となる 1試合平均8.2得点
3.3リバウンド を記録。
フリースロー成功率は新人2位の86.2% をマークし、
日本人選手として初めて ルーキーチーム5名に選抜 されました。
 
好成績を挙げられた要因としては、
人柄の良さ でいち早くチームに溶け込めたことが挙げられるのではないでしょうか?
 
英語があまり得意ではない渡嘉敷選手ですが、
チームメイトが何を言っているのかわからなくてもいつもニコニコ顔で、
通じているかどうかわからないながら「ナイスパス!」「グッドシュート!」など常に言葉を発するように心がけ、
チームメートとの食事は必ず参加しているそうです。
 
こういう努力に対して、
チームの主力選手である スー・バード選手 は渡嘉敷選手の実力と共に
「彼女は心を開いているし、理解しようと努めています。だからこそ彼女には感銘を受けています」
人柄を評価 しています。
 
また日本でも注目されていた 運動能力の高さ も、
ジェニー・ブーザックヘッドコーチ
「運動神経が良いタク(渡嘉敷)はディフェンスで貢献している」
と言わしめるなど、
世界でも十分な評価を得ています。
 
アジア人選手がアメリカで運動能力が認められるなどこれまで皆無だったらしいので、
ルーキーイヤーの活躍は本当に素晴らしいものだったのですね!
 

渡嘉敷来夢のオリンピックでの活躍に期待!秘策は3Pシュート?

 
渡嘉敷選手の活躍もあり、
3大会ぶりのオリンピック出場を決めた日本女子バスケットボールチーム。
 
世界に勝つ秘策として渡嘉敷選手が今力を入れているのは 3ポイントシュート らしいです。
 
3ポイントシュートとは ゴールから6m75cm離れた線の外側からうつシュート のこと。
ゴールは通常2得点ですが、
このシュートが決まれば3得点加算されます。
 
世界の選手のゴール下での圧倒的な強さを体験した渡嘉敷選手ならではの考え方。
達成は容易ではないでしょうが、
是非とも極めて、
リオオリンピックで世界を席巻して欲しいですね!
 
今後も渡嘉敷選手の活躍に注目したいと思います。
 
最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m
 

 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. kodaira_top
  2. j7rl0que
  3. default_81626bc15bead122ac89f1da28bef639
  4. watarigp1(1)
  5. 20151208091001
  6. 20110123_745343

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。