松井千士(同志社大ラグビー)がイケメンすぎて話題!経歴や進路は?

この記事は3分で読めます

Bw1YfKKCYAESV8j.jpg-large

 
こんにちは!
 
今更ながら「KONBUCHA」にハマっている Jakewonder です!
 
1924年のパリオリンピック以来およそ一世紀ぶりにリオオリンピックで競技として復活するラグビー
7人制 での開催となりますが、
日本は男女ともすでに出場が決定 しています。
 
日本男子セブンズのオリンピック出場に大貢献したのがこの人。
 
matsui01-252x300
 
同志社大学 所属の 松井千士(まつい・ちひと) 選手。
実力はもちろん、
ルックスも見ての通りすごいイケメン
女性人気も凄まじく、
いち早く 女性誌CanCamで取り上げられた ほどなのです。
 
CR-uzYVUkAAEZfn.jpg-large
 
今回は松井選手に関して、
その経歴やエピソード、
選手としての特徴など、
いろいろと調べてみたいと思います。
 

スポンサードリンク





 

松井千士の経歴と気になる進路は?

 
松井選手は1994年大阪生まれ。
幼いころは体が小さかったらしく、
小柄な選手でもスピードがあれば大きな選手と競い合えるラグビーに憧れ、
小学校1年生のときに「大工大高ラグビースクール」でラグビーを始めます。
 
。。。「大工大高ラグビースクール」って何なんでしょう?
ちょっと調べてみると、
大阪工業大学がテニス・バレーボール・サッカー・ラグビーなどのスポーツ教室を開催しているのですね。
大工大高 というと、
2008年に 常翔学園高等学校 と名前を変えましたが、
全国高校ラグビー大会での優勝5回 を誇る高校ラグビー界随一の名門校。
大阪は優れたアスリートを多数輩出していますが、
根底にこういった後進を育成するインフラの充実があるからなのでしょうね。
 
中学生時に頭角を現し、
高校は 常翔学園 に進学。
2年生・3年生時に 高校日本選抜 に選ばれ、
3年生の時には 全国高校ラグビー大会優勝 に大きく貢献しました。
 
高校卒業後は 同志社大学 に進学。
スポーツ健康科学部で、
効率的なトレーニング方法や、
スポーツを通じたリハビリを勉強しているそうです。
 
2015年にはアジアラグビーチャンピオンシップ2015の対韓国代表戦に 日本代表として初出場
 
代表に選ばれた リオオリンピック7人制ラグビーアジア予選香港大会 では 大会最多となる9トライ を決め、
優勝およびリオオリンピック代表決定 に大きく貢献しました。
 
気になる大学卒業後の進路ですが、
サントリー への入社が内定。
 
NHKのスポーツ番組「アスリートの魂」でも特集され、
オリンピックのみならず人気沸騰中の今後のラグビー界を牽引していく存在として、
期待と注目が集まっています。
 

松井千士の選手としての特徴は?外側を抜けるスピードランナー!

 
松井選手の選手としての一番の特徴は、
「日本一速いウイング」と言われている通り、
何と言っても 走力の高さ でしょう。
 
50m5秒7 の俊足。
リオオリンピック7人制ラグビーアジア予選香港大会ではプレイ中のスピードで 秒速11.6m を記録。
歴代の日本代表選手の中で最速 のスピードを誇っています。
パスを受けて、
フィールドの一番外側をぶっちぎりで走り抜く ことができるスピードは本当に魅力的ですね!
しかも、
そのトップスピードを試合中何度も出せる、
筋肉の持久力 も飛び抜けたものがあると言われています。
 
この走力も、
ただ持って生まれた才能というだけではなく、
たゆまぬ努力 で培ったもののようです。
 
もともと高い走力はありましたが、
常翔学園入学時はチームメートの中で一番ではなかったとのこと。
朝練の一時間前に登校し、
坂道ダッシュなどの自主練習
を繰り返しました。
そのことによって3年生時にはチーム最速の選手に。
 
同志社大学進学後も全体練習の一時間前からの自主練習は継続して続けているらしく、
さらなる進化を目指す、
極めて高い意識を持った選手のようです。
 

松井千士の課題は?今後の活躍に期待!

 
そんな松井選手にも、
世界と戦う上で大きな課題 があるようです。
 
15人制ラグビー日本代表元ヘッドコーチの エディ・ジョーンズ氏 が指摘するには、
それは「フィジカルの弱さ」
外国の大柄な選手にタックルされた時に、
後ろに倒されてしまう身体の弱さに課題があるようです。
 
現在、
身体の強化に徹底的に取り組んでいる松井選手。
ウエートトレーニング はもちろんのこと、
身体を大きくするため一日なんと 6食 を食べ、
デザートに餅(!)。
それでもなかなか体重が増えないらしく(うらやましい..)、
なかなか苦戦しているそうです。
 
現在 世界ランキング14位 の7人制ラグビー日本代表チーム。
アジアでは最強ではありますが、
リオオリンピックの前哨戦と言われた2016年2月の国際大会では世界ランキング上位の強豪を相手に5戦5敗。
世界との差はまだまだ否めないですが。。。
 
なにが起こるかわからないと言われている7人制ラグビー。
リオでの日本代表チームの「番狂わせ」に期待したいですね!
 
そして世界レベルで負けないことを目指して努力を怠らない松井選手の、
リオオリンピック始めラグビー界での活躍に今後も注目していきたいと思います!
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 

 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スクリーンショット 2017-07-25 6.29.11
  2. shiai013
  3. Unknown-1
  4. 20140809_9R1小林優香-thumb-300x199-14702
  5. o0500027813431065344
  6. スクリーンショット 2017-06-29 20.17.36

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。