佐々木悟(旭化成・マラソン)の経歴!引退決意後オリンピック決定に困惑?

この記事は3分で読めます

5cad7ad8b9b60f8bdc7d

 
こんにちは!
 
自転車のブレーキの効きが悪く、
足でうまい具合に止まる技術を習得した Jakewonder です!
 
マラソンのリオオリンピック代表が大決定 しました。
女子は色々と話題が多かった代表選考ですが、
男子は割とすんなりと決まったようです。
 
男子の代表の中に、
一度は 引退を決意 しながら代表に選ばれ、
リオでのメダルを目指す選手がいます。
 
20160318-OYS1I50000-N
 
佐々木悟 (ささき・さとる)選手。
 
長距離の名門、
旭化成 所属のランナーです。
 
今回は佐々木選手に関していろいろと調べてみたいと思います!
 

スポンサードリンク





 

佐々木悟の経歴!引退決意後奇跡の復活!

 
佐々木選手は1985年10月16日秋田県生まれ。
ちょっと驚いたのですが、
同じマラソン男子代表の 北島寿典(きたじま・ひさのり) 選手も10月16日生まれ。
年齢は北島選手の方が一つ上ですが。
 
中学まではテニス部。
秋田工業高校 入学後に長距離を始め、
全国高校駅伝に2回出場。
箱根駅伝の常連・大東文化大学 に進学します。
 
大東大では1年生のときから 4年連続で箱根駅伝に出場
4年生の時には、
各チームのエースが集まる「花の二区」を走りました。
 
卒業後は実業団の名門・伝説のランナー 宗猛 総監督率いる 旭化成 に入社、
一年目から駅伝のレギュラーとして活躍。
2008年の九州実業団毎日駅伝では5区で区間賞を獲得し、
チームの全日本実業団駅伝出場に貢献、
全日本実業団駅伝でも区間賞 をとる活躍を見せました。
 
2012年には旭化成の主将に就任。
2014年びわ湖毎日マラソン では日本人としては1位となる2位入賞。
2時間10分を切る好タイム を記録し、
ナショナルチームのメンバーに選抜されます。
 
とここまでは順風満帆だった陸上人生ですが、
このあと逆風が吹き始めます。
 
2014年のびわ湖毎日マラソン以降、
なかなかタイムが伸びず、
2015年北京世界陸上選考会を兼ねたびわ湖毎日マラソンで2時間14分27秒の全体9位と惨敗。
世界陸上出場と、
2015年度のナショナルチームメンバー入りを逃してしまいます。
 
ちょうどその頃、
旭化成陸上部には 村山謙太・村山紘太兄弟 をはじめとする強力新人が加入、
駅伝のメンバーからも外れ、
自分自身のチームでの存在意義を見失いかけた そうです。
 
さらに 体にも不調 が。
検査を受けると、
体内に脂質が足りず左足が右足の半分しか使えていなかったことが判明。
食事療法による3キロの減量で体質を改善しました。
 
しかしまたまた追い討ちをかけるように、
子会社である旭化成建材の、
いわゆる「杭打ちデータ改ざん問題」が表面化。
宗猛総監督の
「社員や家族の方を勇気づける。こういう時こそ頑張らないと企業スポーツの意味はない」
との言葉に後押しされ、
リオオリンピック選考を兼ねた福岡国際マラソンに、
「これでダメだったら引退」という覚悟で、
一般選手として出場します。
 
結果は 自己ベストの2時間8分56秒 を記録し、
日本人トップの3位入賞。
崖っぷちからの復活。
リオオリンピックへの出場 が濃厚となりました。
 
これには佐々木選手本人がびっくりしたそう。
なんせダメだったら引退するつもりだったので、
この レース以降のスケジュールを全く決めていなかった らしいですww。
 
2016年3月、
正式にリオオリンピック出場が決定。
今回の3人の中で、
トップのタイムを記録している佐々木選手に、
いま大きな期待が寄せられています。
 

佐々木悟のライバルは?リオオリンピックの展望

 
1988年~1997年ごろは、
宗茂・宗猛選手、
瀬古利彦選手、
中山竹通選手、
谷口浩美選手、
森下広一選手
といった世界のトップランナーを擁した黄金時代だった日本男子マラソン。
 
近年では ケニア・エチオピア といったアフリカ勢の世界記録更新についていけず、
低迷が続いている感があります。
 
リオオリンピックにも
世界記録2時間2分57秒を持つ キメット(ケニア)
や自己ベスト2時間3分23秒の キプサング(ケニア) 等、
記録の上では相当水を空けられている強豪の出場が予想されますが、、、
 
オリンピックが開催される8月、
ブラジルは冬にあたるとはいえ、
最高気温は30度近くになることもあり、
湿度も高い 不安定な天候
マラソンという気候に大きく左右される競技では、
何が起こるか全く予想できません
 
男子マラソンは最終日8/21に行われるクライマックスと言える競技。
東京オリンピックにつながる素晴らしいレースを期待してやみません。
 
佐々木選手をはじめとした日本男子マラソン代表の活躍に注目したいと思います!
 
最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m
 

 
 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. ishikawayuuki20150916
  2. 20160303-00000055-tospoweb-000-2-view
  3. 350x243xmihara2-jpg-pagespeed-ic-i5tu4y4dud
  4. shiai013
  5. yamaguchi-akihiro-03
  6. CgdWXy7WEAIJyPH

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。