板橋美波(飛び込み)の出身や高校は?オリンピック期待の練習の鬼!

この記事は3分で読めます

20160223-OHT1I50014-T

 
こんにちは!
 
小学校三年の夏休み、
プールに飛び込んでお腹を強打し溺れそうになって以来飛び込みが苦手な Jakewonder です!
 
また一人、
リオオリンピックの内定が出ましたね!
 
sp-et20150607-12-ogp_0
 
飛び込み女子の 板橋美波(いたはし・みなみ) 選手。
まだ16歳の高校生、
しかしながら世界でも女子では 彼女しか成功させたことのない技 を持っている、
飛び込み界の超新星 なのです。
 
今回は、
板橋選手に関していろいろと調べてみたいと思います!
 

スポンサードリンク





 

板橋美波のプロフィール!兵庫県在住の16歳!

 
板橋選手は2000年、
兵庫県宝塚市 で生まれました。
現在は西宮市の 甲子園学院高校 に在学中。
 
甲子園学院は中高一貫教育の女子校で、
板橋選手が所属する水泳部には、
ライバルでもある 佐々木那奈選手 も所属。
 
学校のホームページを見ると、
他にも剣道部や空手部、
吹奏楽部も全国レベルのようです。
サッカー指導者も募集しているので、
近々高校女子サッカーでもその名前を聞くことになるかもしれませんね。
 
板橋選手が水泳を始めたのは小学校一年生のとき。
小学校三年生の時 に、
飛び込みの一ヶ月体験をして魅力に取り付かれ、
飛び込みに転向したそうです。
 
飛び込み界の名コーチ・馬淵かの子コーチと、
馬淵崇英コーチの教えを受け、
2014年、
14歳の時に 日本選手権で最年少優勝
仁川アジア大会 では 板飛び込みで7位
高飛び込みで5位 入賞。
 
2015年の カザフ世界選手権 では、
男子でも出来る選手は少ない 前宙返り4回半抱え型(109C)女性で初めて成功 させ、観客や関係者を驚かせました。
 
2016年2月、
FINA飛込ワールドカップ では 9位入賞
日本水連の選考基準を満たし、
初めてのオリンピックとなる リオオリンピック出場が内定 しました。
 

板橋美波の特徴は?性格はどうなの?

 
板橋選手の一番の特徴は、
体のバネ
そしてそれを支える 全身の筋肉
筋肉は世界の大人の選手と比べても全く遜色ないと言われています。
その筋肉量は、
同年齢の普通の女性の2倍 だそうです。
 
前述の「前宙返り4回半抱え型(109C)」もその全身のバネがなせる技。
 
2014年の仁川アジア大会では、
前宙返り3回半抱え型(107C)で競技に挑んで失敗。
失敗する時は回転が足りないのが普通らしいのですが、
板橋選手のこの失敗は、
筋力がすごすぎるゆえ「回転しすぎた」らしいです。
 
そんな板橋選手の性格は、
かなりの「負けず嫌い」とのこと。
一番になりたいとの気持ちがものすごく強く、
馬淵かの子コーチによると、
幼いころから1日8〜9時間、
人の 三倍 の練習をこなしていたとのこと。
 
高校生の現在も、
学校の遠足でUSJに行っている時でも、
「練習があるから」と早退 するほどらしいです。
 
どんなスポーツでも当たり前のことかもしれませんが、、、
やはりトップクラスのアスリートの技というのは、
才能だけでなく圧倒的な努力の結果なのですね。。
 

板橋美波のリオオリンピックは?日本人選手初のメダルに期待!

 
飛び込みという競技、
男女通じてまだ日本人はオリンピックでメダルを取ったことがありません。
 
唯一無二の切り札、
前宙返り4回半抱え型(109C)を持つ板橋選手、
メダルの可能性は十分にある ようです。
 
初めてのオリンピック、
16歳の少女にとっては大変なプレッシャーかと思いますが、
世界の舞台で縮こまることなく実力を発揮して欲しいですね!
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 

 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. movie_img_murakami
  2. sty1601090008-p1
  3. 20160212-00000011-tospoweb-000-view
  4. images
  5. pic_iwasakikyoko03
  6. CfM5Hj8UMAAxxF4

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。