井上尚弥(大橋ジム)まとめ!最強チャンピオンのラスベガスデビューは?

この記事は2分で読めます

inoue22

 
プロ4戦目で日本王座を、6戦目で世界王座を獲得。
 
タイトルを返上し階級を上げて臨んだプロ8戦目で2回級制覇という、前代未聞のスピードでプロボクシング界を駆け上がり、席巻している井上尚弥選手。
 
井上尚弥
 
「史上最強のチャンピオン」「怪物」と呼ばれる井上尚弥選手ってどんな人なのでしょうか?
 
これまでの経歴など、まとめてみました!
 

井上尚弥のこれまでのキャリア;脅威の快進撃!

 
井上選手は1993年に神奈川県の座間市に生まれました。
 
お父さんは元アマチュアボクサー。お父さんの影響で、小学校一年生の時にボクシングを始めます。お父さんは塗装業の傍らボクシングジムを運営しており、そこで毎日みっちり練習する少年時代を過ごしました。
お父さんの教えは「打たせずに打つ」ことだそう。ハードパンチが注目されがちですが、これまでの世界戦でほとんど相手に打たせなかった圧倒的なディフェンスの力は、この幼い頃からの積み重ねで築いたものなのですね。
 
新磯高校(現 相模原青陵高校)在学中に、高校生としては史上初のアマチュア7冠を達成。
 
高校卒業後、2012年にロンドン五輪選考会を兼ねたアジア選手権に出場するも決勝で判定負けを喫し惜しくも銀メダルに。五輪出場はかないませんでした。
※ちなみに、ロンドン五輪で金メダルを獲得し一躍時の人となった村田諒太選手はアマチュア時代の先輩。「隙のないパーフェクトな選手」と井上選手を大絶賛しています。
 
ロンドン五輪落選直後、元ミニマム級世界王者・大橋秀行氏の大橋ジムに所属、プロに転向。契約の際に「自分より弱い選手とは試合をしない」という約束を交わしたというのは有名な話です。
 
デビュー5戦目にして、OPBF東洋太平洋ライトフライ級王座を奪取。6戦目にはWBC世界ライトフライ級王者 アドリアン・エルナンデスを6回TKOにて破り、世界チャンピオンになります。7戦目で初防衛を成功させた後王座を返上、一階級上のスーパーフライ級へ転向します。
 
階級を上げたことにより、さらなるパワーを手に入れた井上選手。
調整もうまく行ったのでしょう、2014年末には、プロアマ通じて一度もダウンを喫したことのない絶対王者オマール・ナルバエス(アルゼンチン)とのタイトルマッチを2Rで4回のダウンを奪う圧勝で制し、見事二階級制覇を達成しました。
 

<映像>井上選手のタイトルマッチまとめ-1、2


 

 

スポンサーリンク





 

井上尚弥の今後;ラスベガス進出は近い?

 
ここまでプロ8戦でまだ一度のダウンも奪われていないという、まさに他の追随をゆるさない快進撃を続ける井上尚弥選手。
 
タイトルが乱立し、チャンピオンベルトが必ずしも世界最強を意味しないボクシング界で、最強の証はラスベガスで勝ち続けること、と言われている現在、その聖地に日本人選手で一番近いと言われているのが井上尚弥選手。
 
2015年12月には高校の同級生である咲弥夫人と入籍。
身持ちも固めた今、2015年末のタイトルマッチでの防衛を達成したのちには。。。
ボクシングファンの夢である、ラスベガスでの日本人の活躍、それを井上選手が叶えるというのは非常に現実的な話かと思われます。
 
事実、大橋会長の口からは2016年にラスベガスに挑戦することもありうるということが語られており、実際に現地プロモーターからのオファーもあるようです。
 
2016年の展開が非常に楽しみですね!
 

井上尚弥情報まとめ

 
二階級を制覇し、世界チャンプを目標として戦う立場から、世界中のボクサーから目標とされる立場になった井上尚弥選手。
 
これからが本当の正念場なのでしょう。
 
22歳という若き「史上最強のチャンピオン」。
これからもますます注目していきたいと思います!
  

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. kamegai
  2. 9ee5ee15
  3. uchiyama2
  4. G20150506010298430_view
  5. g044516524
  6. Yuko-Kuroki

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。