井上拓真(ボクシング)の実力は?井上尚弥の弟の戦績!世界挑戦は?

この記事は3分で読めます

1385135672_0sp

 
こんにちは!
 
庭に試しにレタスを植えてみたら、
予想以上にデカくなってびっくりしている Jakewonder です!
 
ボクシングの世界戦が相次いで開催されています。
先日行われたトリプル世界戦では残念ながら内山高志選手が王座陥落してしまいましたが、
田口良一選手と河野公平選手は防衛に成功。
日本ボクシングの黄金期 はまだまだ続きそうです。
 
そしてもうすぐ、
怪物・井上尚弥 選手の防衛戦も開催されますね!

 
非常に楽しみですが、
この日はもう一つ楽しみが。
井上尚弥選手の弟・井上拓真(いのうえ・たくま) 選手の試合も行われるのです!
 
images
 
顔の造作はお兄さんとよく似ていますが、
眼光の鋭さ はお兄さん以上?
 
同じジムのIBF世界ライトフライ級王者・八重樫東選手とのスパーリングでも互角 の戦いをし、
お兄さん・尚弥選手も
「弟ですけど ライバル だと思っており、
負けないように練習 してます。」
と発言している通り、
実力も世界王者に負けるとも劣らない
日本ボクシング界期待の選手なのです。
 
今回は井上拓真選手に関して、
そのプロフィールや戦績など調べてみたいと思います!
 

スポンサードリンク





 

井上拓真のプロフィールと戦績は?

 
井上拓真選手は1995年神奈川県座間市生まれ。
お兄さんとは2歳違いですね。
 
小学校一年生の頃に現トレーナーである父親が運営するジムでボクシングを始めるとみるみる頭角を現し、
小・中学校で全国大会を次々と制覇。
 
高校は地元の綾瀬西高校に進学し、
1年生でインターハイ制覇
高校在学中、
三年生の時にプロに転向
デビューを果たします。
 
所属する大橋ジムはマッチメイクの手腕の高いことで有名。
尚弥選手もそうでしたが、
拓真選手もデビュー戦から錚々たる実力者と対戦
にもかかわらず 無傷の連勝 を飾っています。
 
デビュー戦は2013年12月、
日本ランカーと対戦し判定にて勝利
 
二戦目は2014年4月、
世界ランカーと対戦し、
これも 判定勝ち を収めています。
 
三戦目で初のKO勝利
 
四戦目は2014年12月、
世界挑戦の経験もあるネストール・ナルバエスと対戦し、
判定で勝利
(ちなみに同じ日に尚弥選手はネストール・ナルバエスの兄であるオマール・ナルバエス選手をKO撃破。兄弟で兄弟に勝利 しました。)
 
2015年7月には5戦目にして 東洋太平洋スーパーフライ級タイトルマッチで勝利
初のタイトルを獲得します。
 
6戦目、
2015年12月27日に行われた 初防衛戦も判定ながら大差をつけて勝利 し、
防衛に成功しています。
 
プロ戦績 6試合6勝(1KO)
KO率ではお兄さんに劣りますが、
対戦相手の強さを鑑みると、
間違いなく 日本トップクラスの実力を持ったボクサー と言えます。
 

井上拓真の特徴は?打たれてもひるまない、イケイケのファイター!

 
そんな井上拓真選手、
お兄さんと比較した時、
どんな特徴があるのでしょうか?
 
「テクニシャンの兄とは違い、”打たれてもひるまない気の強さ”が武器。」
ー大橋ボクシングジム 大橋会長
 
「拓真は非常に 攻撃的で、体も強い 。」
ー井上真吾氏(父・トレーナー)
 
気持ちの強さ は兄以上。」
ー村中優選手(プロテスト時のスパーリングの相手)
 
一様に井上拓真選手の 気の強さ が指摘されています。
 
東洋太平洋王座を獲得した際、
お兄さんと同じ5戦目での到達でしたが、
お兄さんがKO勝ちで自分が判定勝ちだったことを悔しがっている姿が非常に印象的でした。
 
また、
井上拓真選手の 弱点 としてあげられているのが 試合運びの単調さ
東洋太平洋王座獲得の際には倒せるところで単調な攻めになってしまい、
後半追撃を許してしまい、
ほろ苦い勝利になってしまった。
 
お父さんの井上真吾トレーナーは、
「(兄の)尚弥も高校時代は、うまくできていないところがあったけど、拓真にもできるようになってほしい」
と課題を与えています。
 
経験を積んで課題を克服できた時、
本当の意味でお兄さんと肩を並べるボクサーになるのでしょうね。
 

井上拓真の世界挑戦は?今後の活躍に注目!

 
気になる井上拓真選手の世界挑戦に関して、
大橋会長は 2016年中 のマッチメイクを示唆しています。
 
井上拓真選手自身も、
世界挑戦について
「東洋を獲ったことで、いつでもできる環境は整った。あとは 世界戦が決まったときに一発で獲れるように準備をするだけ
と虎視眈々と世界を見据えています。
 
二人の将来に関するTV番組の質問に、
井上真吾トレーナーは
「兄弟2人で世界タイトルをとって安定した “絶対王者” になることを思い描いている」
と答えています。
 
「怪物」の弟に生まれた宿命、
次々と 高いハードル が用意されますが、
持ち前の気持ちの強さで一つ一つ乗り越えて行って、
お兄さんと共に「絶対王者」に君臨する日が本当に楽しみですね!
 
最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m
 

 
【関連記事】
井上拓真選手の最大のライバル、
田中恒成選手に関する記事です。
 
田中恒成(プロボクシング)戦績等まとめ!井上尚弥越えで世界を制した大学生!
 

 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. inoue22
  2. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  3. d6f8961c
  4. ws000398
  5. Yuko-Kuroki
  6. uchiyama2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。