桜井俊貴(巨人)は立命館法学部出身の知性派投手!これまでの成績や評価は?

この記事は2分で読めます

show_img.php

 
2015年ドラフト会議。
 
高橋由伸新監督の就任で、例年にも増して注目された読売ジャイアンツの一位指名を受けたのは、この人でした。
 
img_079506b1cae7826de4819f5b00af47f5237564
 
立命館大学投手・ 桜井俊貴 選手。
兵庫・北須磨高校時代には 「公立のダルビッシュ」 と呼ばれ、県大会にプロ野球のスカウトが押し寄せたという右の本格派。
 
桜井投手とは、どういう選手なのでしょうか?
期待通り、即戦力としてプロで通用する選手なのでしょうか?
 
過去の経歴や選手としての特徴を調べていきたいと思います!
 

スポンサードリンク





 
 

桜井俊貴の経歴や性格は?「公立のダルビッシュ」!

 
桜井選手は小学校4年生の時に野球を始めました。
 
中学校の野球部で活躍し注目を集めましたが、大学進学を目指して進学校で公立の北須磨高校に入学。
 
当時の監督も、チームメイトも口を揃えていうのは 「ものすごく真面目な選手」
地道な練習で球速もぐんぐん上がり、2年生の夏にはチームを県大会ベスト16に導き、3年生の夏には甲子園常連の強豪、育英高校を4安打完封に抑える大活躍。
甲子園出場はなりませんでしたが、大会にはプロ野球のスカウト陣が押し寄せました。
 
関西の名門、立命館大学に進学後は、部員の多くが甲子園出場経験者という状況の中で 2年春からエース として活躍。U-21日本代表に選ばれ、大学選手権でのMVP獲得など、順調に実力をつけ実績を積んできました。
 
==
10代前半からその素質は注目されながらも、決して焦って結果を出そうとせず、ゆっくりと力を蓄えてきた選手。そんな感じがすごくしますね。
まるで プロ野球に照準 を合わせて調整してきたような。。。
 

桜井俊貴の実力や特徴は?

 
さて、桜井選手はどのような投手なのでしょうか?
 
投球を動画で見てみたいと思います。
 

 
ドラフト会議後、明治神宮大会一回戦での 大会タイ記録の18奪三振 を奪う快投。
ネット裏には高橋由伸巨人監督も視察に来ていたらしいです。
 
鋭く割れるカーブ、フォーク、シンカー?スプリット?もさることながら、注目すべきはやはり直球なのではないでしょうか?
 
特にその球速ではなく、 ボールの伸び方
0:36の三振をとった直球なぞ、元阪神・ 藤川球児選手の全盛期に匹敵する直球 ではないでしょうか?
 
いわゆる「ホップ」するボール。
球速表示は141km/hですが、とてもそのくらいのスピードには見えないですね。。。
 
技術的な面に加えて、巨人スカウトが評価したのは、ここ一番という試合での強さ、という点。
スカウト部長がドラフト前の最終視察に訪れた試合で、延長14回を一人で投げ抜き、1失点完投勝利。考えてみたらこの動画の試合も、高橋新監督が視察に来ている大事な試合、そこで18奪三振の快投ですからね。
 
「持ってる」選手なんですね !
 
もう一つ特筆すべきは、技術だけではなく、知性溢れるクレバーな投球
打者を翻弄する多彩な組み立てもそうですが、かつて江川卓投手がそうだったように、一試合の中で力を抜いて打ち取るところと全力で三振を取るところとを分けて投げることができる投手のようです。
「菅野投手に投球術を教わりたい」という発言もあり、「頭で打ち取る」意識をきちんと持っている投手。
 
これはプロでの活躍も大いに期待できそうです。
 

桜井俊貴の活躍次第?巨人王座奪還なるか?

 
「1年目は 2桁勝利 を狙っていきたい」と堂々と語る桜井選手。
 
与えられた背番号21は巨人軍歴代エースの藤田元司さん、堀内恒夫さんが新人時代につけていた背番号。巨人軍の期待も相当なものです。
 
先発ローテーション要員として確実に計算できるのは、現状マイコラスと菅野智之のふたりだけ、という厳しい台所事情の巨人軍。王座奪還は桜井選手の活躍にかかっている 、と言っても過言ではないでしょう。
 
今後の活躍に、要注目です!
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. AS20151228002381_comm
  2. Unknown
  3. 名称未設定2
  4. 20090824125942
  5. 09865707
  6. show_img-php

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。