アレックス・ゲレーロ(ドジャース〜中日)の経歴や成績!守備が評判?

この記事は3分で読めます

Unknown-1

 
こんにちは! Jakewonder です!
 
プロ野球春季キャンプ 真っ盛り!
各地から賑やかなニュースが舞い込んでいます。
 
キャンプで気になるのは新加入選手の実力のほど。
特に外国人選手は前評判は高かったものの、
実際キャンプに合流してみると、
「あれっ?」
ってことはよくある話。
 
とはいえ、
外国人選手は一般的にはスロースタートな選手が多いので、
実力を見るところまで身体が仕上がっていないケースが多いですが、、
 
、、と思っていたらめちゃめちゃぶっ飛ばしている 絶好調外国人選手 がいました。
 
Unknown
 
アレックス・ゲレーロ 選手。
 
キューバ 出身の中長距離砲。
2016年シーズンオフ、
ロサンゼルス・ドジャース から中日ドラゴンズ へ加入した期待の選手です。
 
春季キャンプでは初日に41スイング中14本の柵越え
2月10日のシート打撃では 2発 を放ったりとのっけから絶好調です。
 
今回はこのゲレーロ選手に関して、
色々と書いてみたいと思います!
 

スポンサードリンク





 

アレックス・ゲレーロの経歴は?

 
まずはプロフィールから!
 

 
1986年12月20日 キューバ ラス・トゥーナス州生まれ
 
身長 182cm
 
体重 99kg
 
右投右打
 
内野手・外野手
 
ロサンゼルス・ドジャース〜中日ドラゴンズ
 

 
キューバ の中西部、
ラス・トゥーナス州に生まれたゲレーロ選手。
 
17歳の時にキューバの国内野球リーグ 「セリエ・ナシオナル・デ・ベイスボル」 のチーム、
ラス・トゥーナス に入団します。
 
2011年から キューバ代表 に選出され、
2012年には第26回ハーレムベースボールウィークで 金メダルを獲得 しました。
 
2013年、
ハイチに 亡命
ドミニカ共和国で練習し、
10月には ロサンゼルス・ドジャース と契約を結びます。
 
2014年3月にメジャーデビュー。
その後3Aに降格した際、
試合中にチームメイトと口論、
殴られた上に 耳を噛みちぎられ (これ、すごいですね。。どんな状況?)、長期離脱を余儀なくされます。
 
形成手術を受け、
7月に復帰。
9月にはメジャーに昇格し、
初安打を記録します。
 
2015年は開幕からメジャーで活躍。
4月に打率0.423・5本塁打・13打点の大活躍で ルーキー・オブ・ザ・マンス に選ばれます。
しかし、
7月以降は調子を落とし、
年間では106試合に出場、
打率0.233・11本塁打・36打点・1盗塁に終わります。
 
2016年はスプリング・トレーニングで 膝を故障
開幕から故障者リスト入りしてしまい、
6月に自由契約になってしまいます。
。。。メジャーは本当に厳しいですね。。
 
シーズンオフ、
NPBの阪神タイガースと中日ドラゴンズが獲得への動きを見せ、
11月に 中日ドラゴンズ と契約。
2017年シーズンから、
NPBでプレイすることが決定しました。
 

スポンサードリンク





 

アレックス・ゲレーロってどんな選手?

 
さて、そんなゲレーロ選手、
選手としてはいったいどんな特徴があるのでしょう。
 
まず、映像を見てみましょう。
 

 
かなり腰回りがしっかりしていて、
下半身が綺麗に回転する力みのないスイング。
打球の角度 がホームランバッター特有!
こすっても柵越えできるいい角度で打球が上がっていってますね。
 
守備は内野も外野も守れる ユーティリティープレイヤー
思い切りがよく、
2:20あたりの送球の良さも大きな魅力ですね!
 

アレックス・ゲレーロ ドラゴンズの救世主になるか?

 
心配なのはドジャース自由契約の原因にもなった膝の故障ですが、
キャンプインからここまでを見る限りはさほど不安もなさそう。
 
昨年は実に 19年ぶりのセ・リーグ最下位 に甘んじた中日ドラゴンズ。
森新監督のもと、
汚名挽回のシーズンにできるか?
それはゲレーロ選手の活躍にかかっているかもしれませんね!
 
今後の活躍に、
注目していきたいと思います。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 201508160004-spnavi_2015081600012_view
  2. CbfH6tWUkAAhQlr
  3. CjB7ArFUkAAUoSK
  4. rose2
  5. cuiggwywaaeryr_
  6. CgpXKkKU4AAVGMS

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。