小林昭則(帝京第五監督・元ロッテ)選抜再び!その資質と指導法とは?

この記事は3分で読めます

09602533

 
こんにちは! Jakewonder です!
 
第89回 全国選抜高校野球大会 の出場校が発表。
今年もいよいよ心踊る高校野球の季節が始まります。
 
高校野球ファンとしては、
一冬を越してたくましくなった球児たちの活躍はもちろん楽しみですが、
指導者 の戦術だったりバックグラウンドだったりを知るのもまた一つの楽しみ。
出場校の監督の中で、
今回はこの人に注目してみたいと思います。
 
hqdefault
 
愛媛県・帝京第五高監督小林昭則 氏。
帝京高 のエースとして、
かつて選抜高校野球準優勝
今度は監督として戻ってきた 「甲子園のヒーロー」 です。
 
高校卒業後、
どんな人生を歩んでこられたのでしょう?
そして指導者としてはどんな特徴を持った人なのでしょうか?
色々と調べてみました。
 

スポンサードリンク





 

小林昭則の経歴は?栄光の高校野球、苦杯をなめたプロ野球

 
まずはプロフィールから!
 

 
1967年8月5日 東京都生まれ
 
身長 174cm
 
体重 74kg
 
右投げ右打ち
 
帝京高〜筑波大〜ロッテオリオンズ・千葉ロッテマリーンズ〜千葉ロッテマリーンズ スコアラー兼打撃投手〜帝京高助監督〜帝京第五高監督
 

 
名門・帝京高校 のエースとして、
1985年第57回選抜高校野球大会に出場。
 
時はPL学園 桑田・清原「KKコンビ」 全盛期。
同学年の二人の陰に隠れて、
その存在が大きくクローズアップされることはあまりありませんでしたが、
広島商・東海大五高、
そして池田高校と 強豪校を次々と完封
決勝進出を果たしました。
決勝ではこの大会でPL学園を下し、
のちに西武ライオンズに入団することになる 渡辺智男投手 率いる 伊野商 に敗れましたが、
鮮烈な印象を高校野球ファンに残しました。
 
photo12l
 
夏は都大会決勝で関東一高に敗れ、
春夏連続の甲子園出場はなりませんでした。
 
高校卒業後、
国立の 筑波大学 に進学。
1987年の 明治神宮大会国公立大学初の日本一 となったチームの主力として活躍しました。
 
1989年、
ドラフト2位で ロッテオリオンズ に入団。
プロではついに勝ち星を上げることができず、
1996年退団。
 
チームのスコアラー兼打撃投手を務めたのち、
2000年に 帝京高校 の保健体育教諭に。
2002年からは恩師・前田三夫監督 の下で 助監督 を務めました。
 
2016年に系列校である愛媛県の 帝京第五高 に赴任。
同時に野球部監督となり、
わずか 1年で甲子園出場を実現 しました。
 

スポンサードリンク





 

小林昭則 指導者としての特徴は?

 
さて、そんな小林氏、
監督・指導者としての特徴はどんなところにあるのでしょう?
 
まず、
圧倒的な経験値
 
高校で甲子園準優勝を経験し、
大学野球でも大舞台を経験。
活躍こそできませんでしたがプロでも一軍を経験したその豊富な経験値は、
指導の幅の広さと同時に、
生徒たちに対する説得力にもつながっていると思われます。
 
そして、
小林氏の一番の特徴は 「挫折」 を経験していること。
高校・大学と輝かしい成績を残しながら、
プロではついに一勝もできなかった小林氏。
教え子である小林氏を助監督に据えた帝京高の前田監督は、
「彼はプロでは0勝だが実績はいらない。上の世界での苦労を生徒たちに伝えて欲しい」
と、
あえて挫折を知る小林氏を後継候補に選んだそうです。
 
高校野球は野球の技術鍛錬と同時に人間形成・成長の場。
人間的な成長がそのまま野球技術の向上につながるということも多々あります。
それだけに実績だけでなくいろんな経験をしてきて、
いろんな想いを抱えた人が求められるし活躍もできるのでしょうね。
 

小林昭則 一年で甲子園出場の指導法とは?

 
小林氏が帝京第五高の監督に就任してまず徹底したのは 私生活の改善
「野球以外の部分が野球の向上につながる」 との持論のもと、
寮や学校での生活面を厳しく指導したそうです。
 
また、
食育 にも力を入れていて、
毎食 どんぶりに二杯のご飯 を全員に強制。
ほとんどの生徒が10kg以上の増量に成功し、
相対的なパワーアップにつながったとか。
 
練習法としては、
投手出身の小林氏ですが 打撃練習を最重視
練習の「2.5/3」を打撃練習に充て、
高い得点力を持つチームを作り上げました。
 
ただし、
秋季四国大会の決勝で明徳義塾高に2-11と大敗し、
全国レベルの高校とのパワーの違いをまざまざと見せつけられたそう。
この冬はそのパワーの差を埋めるべく、
走り込みなど下半身の再強化 にチーム一丸となって取り組んだそうです。
 
「まず一勝、なんて思っていたら甲子園では勝てない」 と語る小林氏。
目標はズバリ、「全国制覇」 とのこと。
 
帰ってきた「甲子園のヒーロー」と教え子たちの選抜での活躍に注目したいと思います。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 42344b480a664de19593a4dc88e88554
  2. photo02
  3. ya-touin-n20151117-ogp_0
  4. images
  5. 0d16457703f28bdf3555_c6c29d4fec9cc9e28326
  6. ogasawara1-770x432

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。