金久保優斗(東海大市原望洋)プロスカウト注目投手の経歴と進路は?

この記事は3分で読めます

e0288838_21472863

 
こんにちは! Jakewonder です!
 
選抜高校野球の出場校発表、
プロ野球のキャンプイン情報が流れ、
野球ファンとしてはいよいよ心踊る季節になってきました!
 
選抜高校野球は、
有望選手達が一冬を越えてどれくらい成長してきたか、
プロのスカウト陣が大注目する大会でもあります。
 
2016年、
甲子園不出場ながら全日本代表に選ばれドラフトで千葉ロッテマリーンズに入団した 島孝明投手 を輩出した 東海大市原望洋高
今年はこの投手を中心に秋の大会を勝ち上がり、
見事 選抜出場 を決めています。
 
09866618
 
金久保優斗(かなくぼ・ゆうと) 選手。
MAX147km/h の速球とスライダーが武器の、
2017年ドラフト注目の右腕です。
 
今回は金久保選手に関して、
経歴やその特徴など、
色々と書いてみたいと思います。
 

スポンサードリンク





 

金久保優斗の経歴は?

 
まずはプロフィールから!
 

 
1999年11月4日 千葉県八千代市生まれ
 
身長 180cm
 
体重 70kg
 
右投げ左打ち
 
八千代台西中(佐倉シニア)〜東海大市原望洋高
 

 
千葉県八千代市 に生まれた金久保選手。
八千代台西中 のころには 佐倉シニア のエースとして 全国優勝ジャイアンツカップ でも 優勝 を経験しました。
 
この佐倉シニア、
前述の島孝明選手(千葉ロッテマリーンズ)もOB。
伝統ある名門チームなのですね。
 
東海大市原望洋高 に進学すると、
一年秋からベンチ入り。
背番号4で 一番セカンド で出場しつつ、
リリーフピッチャーを務めます。
 
普通、ピッチャーの2ndポジションというと外野が多く、
セカンドというのは非常に珍しい例ではないでしょうか?
打順も一番。
体は大きいですが、
器用で野球センスに溢れており、
瞬発力もある
ことが伺えます。
 
二年夏の県大会で5回参考記録ながら ノーヒット・ノーラン を達成し、
一躍話題に。
惜しくも甲子園出場はなりませんでしたが、
島投手との2枚看板は全国の高校野球ファンに強烈な印象を与えました。
 
エースとなった秋季大会では関東大会決勝まで進出。
作新学院(栃木)に敗れ惜しくも優勝は逃しましたが、
2017年1月、
選抜大会への出場が決定 しました。
 
2017年春、
初めて甲子園に登場する、
プロ注目の大型右腕です。
 

スポンサードリンク





 

金久保優斗 投手としての特徴

 
金久保選手の武器はもちろんその 速球スライダー
そして 大きく曲がるカーブ でしょう。
 

 
さほど全力で投げているようには見えないのですが、最終回にもかかわらず素晴らしい球の伸び!
0:46あたりのカーブのキレもすごいですね。
 
ただ、
金久保選手の一番の特徴は 抜群の制球力
速球派の投手ですが、
三振の山を築くというよりは、
外角低めのきわどい球で打ち取る投球術 を評価する識者も多いようです。
 
2016年夏から秋にかけては、
スピードを意識しすぎてフォームを崩してしまったという金久保選手。
もう一度基礎から反復し、
持ち味の制球力を鍛え直したそうです。
 
一冬越えて、
どんな成長を遂げているのか、
春が本当に楽しみですね!
 

スポンサードリンク





 

金久保優斗 気になる進路は?

 
さて、金久保選手の気になる進路ですが。。。
 
これまでに地元球団であり先輩・島投手もいる 千葉ロッテマリーンズ
読売ジャイアンツ
阪神タイガース のスカウト陣が高く評価しているようです。
 
e0288838_21471332
 
ただ、まだまだ体も細くのびしろ十分の金久保選手、
大学に進学して4年後、
ということも十分考えられますね。
 
いずれにせよこれから迎える選抜、
そして夏の活躍次第かと思われます。
 
金久保選手の今後の活躍に注目していきたいと思います!
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スクリーンショット 2017-03-26 14.55.23
  2. WS001797
  3. show_img.php
  4. a040653233ff9aef8fbbbb6c8036a71a-1024x682
  5. Unknown-1
  6. unknown

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。