安田尚憲(履正社)の出身中学など経歴!ドラフト候補の兄や父母は?

この記事は3分で読めます

img004

 
こんにちは! Jakewonder です!
 
「秋の甲子園」とも呼ばれる明治神宮野球大会・高校の部 。
全国各地の秋季大会を勝ち上がったチームが一堂に会し、
熱戦を繰り広げました。
 
注目は、
何と言っても 早稲田実業清宮幸太郎 選手でしたが、
この清宮選手擁する早稲田実業を決勝で破り、
初優勝 を飾ったのは大阪の 履正社高校 でした。
中心選手はこの人。
 
photo01
 
安田尚憲(やすだ・ひさのり) 選手。
 
決勝戦でも本塁打を放ち、
11月現在、
高校通算43本塁打 を誇る西日本を代表する強打者。
2017年ドラフト候補の一人、
要注目の選手です。
 
今回はこの安田選手に関して、
経歴や家族環境など色々と書いてみたいと思います。
 

スポンサードリンク





 

安田尚憲の経歴は?

 
まずはプロフィールから!
 

 
大阪府吹田市生まれ
 
身長 188cm
 
体重 92kg
 
右投げ左打ち
 
豊津中学校(レッドスターベースボールクラブ)〜履正社高
 

 
安田選手は 大阪府吹田市 で生まれました。
 
父・功さん大阪薫英女学院駅伝部 の監督。
2014年に 全国高校駅伝で初優勝 を飾り、
2016年も全国大会への出場を決めている名指導者。
 
母・多香子さん は国体の出場経験もある やり投げ の選手。
 
それだけではなく 兄・亮太さん三菱重工名古屋 でプレイする野球選手。
高校時代は PL学園 で、
ドジャースの 前田健太選手 とバッテリーを組んでいたそうです。
 
家族全員がアスリート
抜群の環境に生まれたのですね。
 
小学校6年生の時に 阪神タイガースジュニア 入りし、
豊津中 に進学するとレッドスターベースボールクラブ に所属。
このレッドスターベースボールクラブとは、
元阪神タイガースで現在TV等でも活躍中の 赤星憲広氏 が創設した硬式野球チーム。
レッド(赤)スター(星) というわけですね。
 
履正社高校に進学すると1年の秋から5番、
三塁手として活躍。
秋には8本、
翌春には21本のホームラン
を放ち、
2年春から4番 を任されます。
 
2年生の夏の大阪大会では 打率5割2分
ホームラン2本
15打点 の活躍を見せ、
チームを甲子園へと導き、
甲子園でも 3割を超える打率 を残しました。
 
秋の近畿大会を制し、
臨んだ明治神宮野球大会でも前述の通り 優勝
決勝戦の本塁打を含め、
ここまで放った 高校通算本塁打数43本
清宮幸太郎選手と並んで注目される、
高校球界を代表するスラッガーです。
 

スポンサードリンク




安田尚憲の特徴は?

 
安田選手の一番の特徴は何と言っても 長打力
 
2年生の春には、
両翼100m・中堅122mの舞洲ベースボールスタジアムで 場外ホームラン を放ち、
周囲の度肝を抜きました。
 
それだけではなく。。。
 
走っても50m6秒台の俊足
肩も強く、
2年夏の甲子園でもノーエラーと、
走攻守揃った長距離砲 なのです。
 

安田尚憲の活躍と進路に注目!

 
(打撃は)超高校級
ー 米村明スカウト(中日)
 
「甲子園で2,3発放り込めば、清宮や村上(九州学院)と肩を並べる存在に なる」
ー 中田スカウト(中日)
 
とプロスカウトの評価も上々。
 
今のところその実力に比してまだまだ話題にはなっていないような気がしますが、
2017年春・夏の活躍次第で ドラフトの目玉 になりうる逸材です。
 
現状中日ドラゴンズが最も注目しているように見えますが、
将来の大砲を切望する地元・阪神タイガースも黙ってはいないでしょう。
 
安田選手の2017年高校最後の年の活躍、
そしてその後の進路に要注目ですね!
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. HAWKS23-KIDOKORO
  2. maxresdefault
  3. 42344b480a664de19593a4dc88e88554
  4. maxresdefault
  5. a285dd0e40d1645c6736dadadb5b82b7-620x350
  6. show_img-php

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。