野村祐輔(広島)若きイケメンエースの高校大学時代のエピソード!

この記事は3分で読めます

unknown

 
こんにちは! Jakewonder です !
 
2016年シーズン、
25年ぶりのリーグ優勝 を果たした 広島カープ
熱狂的ファンが多い球団、
優勝決定に際しては近年例を見ない盛り上がりを見せましたね!
 
エース・マエケンが海を渡った穴を埋めるに十分な活躍を見せ、
間違いなく優勝の立役者の一人 と言えるのがこの人!
 
unknown-1
 
野村祐輔(のむら・ゆうすけ) 選手。
2016年シーズン 16勝 をあげ 最多勝 のタイトル獲得。
勝率も 8割4分2厘リーグNo.1
堂々の 2冠 を達成した、
広島の若きエースです。
 
高校時代から圧倒的な実力がありながら、
いろいろな辛酸を舐め、
それをバネに這い上がってきた選手。
 
今回は野村選手について、
高校・大学時代のエピソードを中心に色々と書いてみたいと思います。
 

スポンサードリンク





 

野村祐輔のプロフィール

 
まずはプロフィールから!
 

 
1989年6月24日 岡山県倉敷市生まれ
 
身長 177cm
 
体重 82kg
 
血液型 AB型
 
右投右打
 
広陵高〜明治大〜広島東洋カープ
 

 
中学校時代は地元倉敷の硬式野球チーム・ 倉敷ビガーズ で2番手投手ながら 西日本大会優勝 を経験します。
 
高校は広島の名門・広陵高校 へ越境入学。
高校3年の時に、
エースとして 選抜ベスト8 に、
選手権大会 では 準優勝 にチームを導きます。
 
高校卒業後、
明治大学 に進学。
菅野智之 選手(巨人)、
藤岡貴裕 選手(千葉ロッテ)と共に、
「大学ビッグ3」 と呼ばれ、
アマチュア球界を代表する投手に成長、
2011年ドラフト1位で 広島東洋カープ に入団しました。
 
。。経歴だけ見ると非常に順調な野球人生のようですが、、、
しかしながら野村選手は高校・大学時代、
なかなかに苦しく、
悔しい出来事を乗り越えてきているのです。
 

野村祐輔 微妙な判定に泣いた甲子園決勝

 
野村選手、
高校最後の夏、
第89回全国高校野球選手権大会。
 
優勝高校の一角だった広陵高校は、
一回戦で「選手権4年連続の決勝進出」という大記録を目指す 駒大苫小牧高 を撃破、
準決勝では春選抜の覇者・常葉菊川高を破り、
安定した強さで決勝進出を果たしました。
 
相手はこの夏、
「がばい旋風」 と呼ばれる活躍を見せ、
引き分け再試合を含む延長戦2試合を勝ち抜いてきた 佐賀北高
 
試合は完全な広陵ペース、
7回まで相手打線を1安打と完璧に封じ込める好投を見せた野村選手。
4-0とリードした8回、
「甲子園の魔物」 が野村選手に襲い掛かります。
 
1死から2打者連続ヒットが生まれると、
球場全体が佐賀北高を応援する大声援。
野村選手の投球がボールだと球場全体が沸き上がり、
ストライクだとシーンと静まり返る、
野村選手にとっては 完全なアウエー状態 になります。
 
そして1死満塁、
3ボール1ストライクからのこの一球。
 

 
微妙な判定。
押し出しのフォアボール となり、
4-1。
この直後、
次バッターに 満塁ホームラン を打たれ、
4-5と逆転された広陵高校。
あと一歩のところで、
深紅の大優勝旗を逃してしまいます。
 
もし球場が普通の状態だったら、、、
そしてこの投球がストライクと判定されていたら、、、
どうなっていたんだろうと考えずにはおれません。
 
しかし、
この苦い経験や悔しさは確実に野村選手のその後の野球人生の糧となっていることと思います。
そういう意味では、
この「魔の8回」は野村選手の人生にとって決して悪いことではなかったのかもしれないですね。
 

野村祐輔 逆境を乗り越えて掴んだ日本一

 
もう一つ野村選手にとって悔しい出来事がありました。
 
高校卒業後、
野村選手は大学への進学を希望。
 
志望校は 早稲田大学 だったのですが、
当時の早稲田大学は「ハンカチ王子」こと現日本ハムの 斉藤佑樹 投手や現在広島カープで共にプレイする 福井優也 投手など右投手が豊富で、
野村選手の申し出は やんわりと断られた そうです。
 
決勝で大逆転を喫したものの、
この年の高校生No.1右腕と言われた野村選手。
かなり悔しい出来事だったでしょうね。
 
早稲田大の最大のライバル、
明治大 への進学を選んだ野村選手。
 
早稲田大から門前払いされた悔しさをバネに、
1年の春から神宮のマウンドに立ち、
秋のリーグ戦では 史上5人目 となる 防御率0.00 を達成。
4年秋には 史上7人目30勝300奪三振 を達成し、
さらには 明治神宮野球大会 を制して自身のキャリア初となる 日本一 の栄冠を手にしました。
 
2016年にセ・リーグ最多勝を獲得し、
優勝チームのエースとなった野村選手。
高校・大学時代に経験したこれらの悔しい出来事が、
今に至る原動力となったのかもしれませんね。
 

野村祐輔 広島黄金時代を作れるか?

 
圧倒的な強さで2016年のペナントレースを制した広島東洋カープ。
特筆すべきはベテランから若手へ、
世代交代が絶妙に成功している ことです。
 
もしかしたら、
ここから 広島カープの黄金時代 が始まるかも?
その鍵を握るのはやはり若きエース・野村選手でしょう。
 
今後の野村選手の活躍に注目していきたいと思います。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. Unknown-1
  2. img_e96bb5c830aa262602783a3d6e87b2a9376319
  3. Unknown
  4. show_img.php
  5. large01
  6. d_07902098

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。