九鬼隆平(秀岳館)ドラフト注目のイケメン捕手!父親母親譲りの身体能力!

この記事は3分で読めます

CgpXKkKU4AAVGMS

 
こんにちは! Jakewonder です!
 
「ビッグスリー」 と呼ばれる好投手三人が注目された今年の夏の甲子園。
寺島成輝選手 (履正社)、藤平尚真選手 (横浜)、高橋昂也選手 (花咲徳栄)、
それぞれ上位進出はならなかったものの、
素晴らしいピッチングで甲子園を沸かせてくれました。
 
投手だけでなく、
今年の甲子園には野手、
しかもプロ野球各球団が喉から手が出るほど欲しい 捕手 にも、
素晴らしい逸材がいました。
 
Ci-1tfGUUAAnGa7
 
九鬼隆平(くき・りゅうへい) 選手。
熊本代表・秀岳館高校 の主砲・主将。
ドラフト注目の大器です。
男らしい顔つき、
なかなかのイケメンですね!
 
今回は九鬼選手に関して、
経歴やエピドードなど色々と書いてみたいと思います。
 

スポンサードリンク





 

九鬼隆平の経歴!

 
まずはプロフィールから!
 

 
1998年9月5日 大阪府生まれ
 
身長 181cm
 
体重 82kg
 
右投げ右打ち
 
蹉跎西小(オリックスJr.)〜蹉跎中(オール枚方)〜秀岳館高
 

 
熊本の 秀岳館高校 に所属しますが、
九鬼選手は熊本県ではなく大阪府の出身。
大阪の名門チーム・オール枚方中学硬式野球全国5冠 という偉業を達成します。
実はこの時のオール枚方の監督が、
現在 秀岳館高校監督鍛冶舎巧(かじしゃ・たくみ) さん。
2014年4月、
この鍛冶舎さんが秀岳館高校の監督に就任するのと同時に、
九鬼選手も師を慕って野球留学、
秀岳館高校に入学します。
 
秀岳館高校では1年春からベンチ入り。
2年秋に正捕手になり、
主将・4番 として 県大会優勝
九州大会初優勝
翌年の 選抜出場 を決めます。
 
選抜では強豪を次々と撃破し、
ベスト4 進出。
準決勝・高松商業戦ではリードされた延長11回裏に打席が回ってきますが頭部死球で病院に搬送。
チームもそのまま敗戦という悔しい結末を迎えました。
 
春には熊本地震が発生、
まともに練習ができない状態だったこともあり九州大会は初戦で敗退。
夏は順調に勝ち進み、
チームとして15年ぶりの 甲子園出場 を果たしました。
 
甲子園でも勝ち進みましたが、
春選抜と同じ準決勝で 北海高校 に敗れ、
悲願の全国制覇はなりませんでした。
 

スポンサードリンク





 

九鬼隆平 父親母親譲りの抜群の身体能力!

 
九鬼選手の特徴は何と言ってもその 身体能力の高さ
2016年5月に、
あるスポーツメーカーが行った全国数千人の球児を対象にした身体測定で、
太もも裏や背中の筋力1位
30メートル走4位 という記録を残したそうです。
 
この身体能力の高さはどうやら両親譲りのよう。
 
お父さん・九鬼義典さんは徳島の 池田高校 で1986年 センバツで優勝 するなど、
春夏計4回甲子園に出場 した名捕手。
社会人野球の 松下電気 (現パナソニック)で ベストナイン にも3度選ばれているそうです。
(ちなみに秀岳館高校・鍛冶舎監督は元松下電器野球部の選手であり監督。九鬼選手がオール枚方や秀岳館で鍛冶舎監督の教えを受けているのは、お父さんの縁なのかもしれないですね。)
 
それだけではなく、
お母さんも実は 元バレーボールの選手
東洋紡セッター を務めていたそうです。
 
両親からの運動能力・身体能力を受け継いだ、
生まれながらのアスリートなのですね!
 

九鬼隆平 今後の活躍に注目!

 
「鍛冶舎監督就任から3年で全国制覇」を目標として着実な成長を続けてきた秀岳館高校。
残念ながら3年目の夏、
その目標は快進撃を続ける北海道代表・北海高校に阻まれました。
 
が、しかし。
九鬼選手の野球人生はまだ始まったばかり。
球界待望の強肩強打の大型捕手
その活躍に今後も大いに注目したいと思います!
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. CbfH6tWUkAAhQlr
  2. AS20151228002381_comm
  3. PK2017072602100082_size0
  4. 001
  5. e0288838_21472863
  6. 0506ishikawa-001

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。