高校野球2016全国選手権大会のイケメン注目選手を最速でまとめてみた!その2

この記事は3分で読めます

park_phE05

 
こんにちは!Jakewonderです!
 
いよいよ始まった第98回全国高校野球選手権大会、
通称 “夏の甲子園”
 
出場選手の中から、
注目の選手をイケメン縛りでピックアップしていますが、
。。。なかなかその数が多い!
ということで、
2記事にわたってご紹介したいと思います。
 
今回は「その2」。
東海位西の代表校・出場選手のなかから注目のイケメン選手をピックアップしてみたいと思います!
 

 
【北海道〜関東までをまとめた「その1」はこちら!】
 
高校野球2016全国選手権大会のイケメン注目選手を最速でまとめてみた!その1
 

 

スポンサードリンク





 

東海地方

 
実力校揃いの東海地区からはこの人!
 
藤嶋健人
愛知県代表・東邦高藤嶋健人(ふじしま・けんと) 選手。
投手としても MAX146km/h の重い速球で打者をねじ伏せ、
打者としても軸がしっかりした 超高校級 の逸材。
ドラフトの目玉 との声も高い注目の選手です。
 
世間一般的ないわゆる「イケメン」ではないかもしれませんが(失礼!)、
この分業化の進んだ近代野球で名門・東邦の エースでキャプテンで4番
という圧倒的な実力とマウンドで雄叫びをあげる気迫あふれる姿は、
出場選手の中でも1,2を争う男前といえるでしょう。
 

 

スポンサードリンク





 

近畿地方

 
続いては野球どころ、近畿地方から。
 
激戦区大阪を制した 履正社高校 のエース・ 寺島成輝(てらしま・なるき) 選手。
 
896f7_689_c096c6ed_b4e8446f
 
この世代のNo.1左腕、
ドラフトの超目玉 と言われながらライバル・大阪桐蔭に阻まれここまで甲子園への出場がなかった寺島選手。
最後の夏、満を持して初めての甲子園出場となりました。
 
意志の強そうな眉と鋭い眼光。
男前ですね〜!
 

 
そして奈良県代表、
春の覇者 智辯学園 の主将・岡澤智基(おかざわ・ともき) 選手。
 
yjimage
 
主将として、
守りの要である捕手として、
チームをまとめ春夏連覇を目指します。
 
近畿地方からもう一人、
兵庫県代表の 市立尼ヶ崎高校 から平林弘人(ひらばやし・ひろと) 選手。
 
CodS5sWVUAQ823C
 
少年っぽい笑顔が魅力の爽やかなイケメン!
 
173cm63kgと投手としては小柄ですが、
激戦の兵庫県大会、
僅差の試合を粘り強く投げ抜いたエース。
甲子園での活躍が楽しみですね。
 

中国地方

お次は中国地方から。
 
鳥取県代表・境高校隠家直人(おか・なおと) 選手。
 
Clx0lVVVEAA7YFO
 
笑顔が眩しい!
 
強力打線の援護を受けつつ、
高木優投手との二枚看板で鳥取県大会を制した境高校のエース。
甲子園でもこのとびきりの笑顔を見たいですね!
 

四国地方

 
高知県代表の名門・明徳義塾高 からこの選手。
 
6
 
2番・左翼手の 西村舜(にしむら・しゅん) 選手。
170cmと小柄ながら、
卓越したミート力と勝負強さでチームの甲子園7年連続出場に貢献しました。
 
涼しい目元が魅力的ですね!
 

九州地方

 
最後は、九州地方から。
 
29年ぶりに甲子園への切符を手にした、
長崎県代表・長崎商業平野太陽(ひらの・ひかる) 選手。
 
IP160624TAN000069000_00_サイズ変更
 
小柄ですが、
抜群の打撃センスを備える3番バッター。
6割を超える出塁率でチームに貢献しています。
 
写真、
ちょっと分かりづらいですがジャニーズ系可愛い感じのイケメンです!
 
大トリを飾るのはこの人。
 
img005
 
鹿児島県代表・樟南高 のエース 浜屋将太(はまや・しょうた) 選手。
173cmと小柄ですが、
130km/h後半の直球と切れ味鋭いスライダーで、
チームの甲子園出場を牽引しました。
 
爽やかな笑顔が印象的な超イケメン!
 
 
以上、
第98回全国高校野球選手権大会の注目選手をイケメン縛りでピックアップしてみました!
 
今年はどんなドラマが繰り広げられるのか?
1年中で一番熱い二週間、
こころから楽しみです!
 
最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. rose2
  2. show_img-php
  3. Unknown
  4. 001
  5. show_img
  6. maxresdefault

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。