由規(ヤクルト) 元球速記録投手の現在!肩の故障からリハビリで復活!

この記事は3分で読めます

mig

 
こんにちは!Jakewonder です!
 
ついに!
この投手が帰ってきますね!
 
bbl1008261529004-p2
 
ヤクルトスワローズ由規(よしのり) 選手。
かつて 161km/h という日本球界最高球速記録を叩き出し、
日本中を驚かせた投手。
日本ハム・大谷翔平投手に記録は更新されましたが、
甲子園での最高球速記録(155km/h) は、
ダルビッシュ有選手でも大谷翔平選手でも松阪大輔選手でもなく、
この由規選手が今もホールドしています。
(楽天の 安樂智大 選手も同記録)
 

 
投手としては特に大柄ではなく、
どちらかというと華奢な体から投げ込む豪速球、
初めて見たときにはめちゃめちゃびっくりしたことを覚えています。
 
今回はこの由規選手に関して、
ここまでの経歴などを書いてみたいと思います。
 

スポンサードリンク





 

由規の経歴!甲子園を沸かせた快速球投手!

 
まずはプロフィールから!
 

 
本名 佐藤由規(さとう・よしのり)
 
1989年12月5日 宮城県仙台市生まれ
 
身長 179cm
 
体重 80kg
 
血液型 A型
 
右投左打
 
北仙台中(仙台東リトル〜仙台西部シニア)→仙台育英高→東京ヤクルトスワローズ
 

 
由規選手が野球を始めたのは小学校四年生のとき。
仙台東リトルリーグ 時代に全国優勝、
世界大会ではロシア戦で ノーヒットノーラン を達成。
決勝でアメリカに敗れましたが、
世界二位 に輝きました。
 
仙台育英高校 では二年夏、三年春、三年夏と 3期連続で甲子園に出場
三年夏の二回戦、
智弁学園戦で前述の 最高球速155km/h をマーク。
日米親善試合では当時の 高校生最速157km/h を記録しました。
甲子園での登板 5試合中4試合で二桁奪三振 を記録し、
2007年ドラフトの目玉選手としてヤクルトスワローズから一位指名され入団しました。
 
ルーキーイヤーの2008年9月に巨人戦で プロ初勝利
 
2009年には早くも 先発ローテーション の一角を担い、
開幕カードで勝利し オールスター にも出場。
 
2010年には プロ初完封 も記録。
8月には横浜戦で当時の日本人最速記録となる 161km/h をマークします。
 
順調に成長を重ねてきた由規選手ですが、
2011年9月、
右肩痛 を発症したことから苦悩の日々が始まります。
 

由規の現在!肩の故障・手術を経てついに復活!

 
痛みは2012年に入ってもひかず、
4月の練習試合登板後戦線離脱。
2012年はプロ入り後初めて一軍登板のない年になってしまいました。
 
2013年4月に 右肩の手術
2014年・2015年と、
リハビリを続けながら二軍戦で数試合登板するも、
一軍復帰には届きませんでした。
 
2015年末の契約更改で 育成選手契約 に。
2016年7月末が期限の支配下登録に調整が間に合わなければ契約終了というどん底の状況に追い込まれました。
 
そして2016年6月22日巨人戦。
野球人生をかけたイースタンリーグ巨人戦での登板で5回98球を投げて3安打2失点(自責点0)の好投。
球速も最速151km/hを記録。
視察に訪れた真中満監督も、
「これなら一軍で通用する」 との太鼓判を押し、
支配下登録が決定しました。
 
長く苦しい肩痛との戦いを経て、
いよいよ「日本人最速男」が神宮に帰ってきます
 

由規の復活でヤクルト覚醒なるか?

 
セ・リーグ二連覇を目指しつつも、
セ・パ交流戦での失速もあり現在はまさかの最下位に甘んじているヤクルトスワローズ。
 
復活には 新たな息吹を吹き込む存在 が不可欠かと思われます。
 
由規選手の背番号は育成契約への移行で背番号が121番に変わりましたが、
球団も再起を信じて、
11番を空けて待っている そうです。
 
スピードスターの復活、
そして王者の覚醒。
 
2016年セ・リーグペナントレース、
ますます面白くなりそうですね〜!
 
由規選手の今後の活躍に注目していきたいと思います。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. img_6c2a1d4ca6cd2d844bb12ba579871eb8180150
  2. cd03cbb5
  3. a285dd0e40d1645c6736dadadb5b82b7-620x350
  4. Unknown
  5. large01
  6. 20161219-OHT1I50020-T

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。