田中正義(創価大)はプロドラフト目玉のイケメン投手!メジャーも評価?

この記事は3分で読めます

maxresdefault

 
こんにちは!
 
東京オリンピックは大歓迎ですが、
オリンピック前後の神宮球場使用中止には大反対の Jakewonder です!
 
「球春」という言葉がまさにぴったりな今日この頃。
プロ野球開幕に続き 大学野球春季リーグ も開幕し、
盛り上がってきましたね!
 
今年の大学野球で最も注目されているのは何と言ってもこの人!
 
images
 
田中正義(たなか・せいぎ) 選手。
「まさよし」ではなく「せいぎ」と読みます。
 
東京新大学野球連盟・創価大学 のエース。
MAX156km/h の豪速球を武器に、
2016年ドラフトではまさかの 12球団競合 もありうると言われている、
近年稀に見る超・超・超逸材です!
 
今回は田中選手に関して、
色々と書いてみたいと思います。
 

スポンサードリンク





 

田中正義の経歴!プロ選手相手に7者連続三振!

 
田中選手は1994年神奈川県横浜市生まれ。
小学校一年の時に駒岡ジュニアーズで野球を始め、
中学校の時は川崎中央シニアに所属していました。
 
高校は東京の 創価高校 に進学。
一年夏からエースナンバーを背負いますが、
肩を痛めてしまい 外野手 に転向、
高校時代は主に中堅手を務めます。
三年生の夏には 四番・主将 としてチームを牽引、
西東京大会準決勝で優勝した日大三高に敗れ甲子園出場はなりませんでしたが、
高校通算15HR を放ち打者としても非凡な実績を残しています。
 
創価大 に進学後は 投手に再転向 し、
2年春からリーグ戦に出場。
3勝 防御率0.43 という素晴らしい成績を残し、
チームのリーグ6連覇に大きく貢献します。
 
続く大学選手権では3勝を挙げ、
チームの 4強 進出に大貢献。
佛大戦では球速154km/hを記録し、
無四球完封勝利で プロスカウトからの絶賛 を受けます。
大会の 特別賞 を受賞、
大学日本代表入り を果たしました。
 
2015年6月30日の侍ジャパン大学代表壮行試合ではNPBの若手を相手に4回をパーフェクトピッチング
プロの有望選手を相手に 7者連続を含む8奪三振 を記録し、
改めてプロスカウト陣の度肝を抜きました。
 

スポンサードリンク





 

田中正義の特徴は?

 
田中選手は186cmの長身から柔らかいフォームで150km/h台のストレート
130km/h台の スライダーとカットボールとフォーク
110km/h前後の カーブ
140km/h台の シュート を投げる右の本格派。
 
実際の映像を見てみましょう。
 

 
前述のNPB選抜との対戦。
。。。プロのバッターが全く手も足も出ません ね。。
 
圧巻なのは8:17ごろ、
日ハム岸里選手から空振り三振を奪った直球。
完全にバットがボールの下を通ってしまっています。
球速は149km/hとこの日の投球のなかではさほど速くはないのですが、
打者の手元で浮き上がるような球 なのでしょうね。
岸里選手も完全に直球のタイミングで待っていて、
コースも厳しいところではないのですが、
それでも当たらない。。。
 
テレビのスポーツ番組での特集では、
豪速球を投げられる田中選手の体の特徴として、
手の平の大きさ(21.6cm)
 
スクリーンショット 2016-04-13 11.25.30
 
(写真は元阪神の赤星さんとの比較、関節一個分違います。。)
 
身長より10cm以上も 長い両腕
 
スクリーンショット 2016-04-13 11.26.52
 
(普通は大体身長と同じくらい)
 
体の圧倒的なバランスの良さ が挙げられていました。
 
映像を見ていて、
個人的に若干心配なのは、、、
 
投げた後にしきりに肩を回していること。
高校の時に痛めた肩の具合は大丈夫なのでしょうか?
 
これだけの投手、
故障さえなければ日本のプロ野球を代表する選手になることは間違いないので、
身体を本当に大事にして欲しいですね。。
 

田中正義は男らしいイケメン?この人に似ている?

 
そんな田中選手、
見ての通りルックス的にもかなりの男前。
今もそうでしょうが、
プロに入って活躍するとめちゃめちゃ人気が出るでしょうね!
 
個人的には俳優の原田龍二さんに似ていると思うのですが、
 
20141007a
 
どうでしょうか?
 

田中正義の2016年ドラフト!メジャーも注目?

 
「100年に一人の逸材」と言われ、
間違いなく2016年ドラフトの超目玉である田中選手。
現段階で 12球団すべてのスカウトが肯定的なコメント を出しており、
稀に見る争奪戦になることは必至です。
 
1989年野茂選手、
1990年小池選手の 最多競合8球団という記録の更新 も注目ですが、
、、
 
NPBファンとしてちょっと心配なのは、
NPBを通り越して、
いきなりメジャーに入ってしまう 可能性。
 
実際にメジャーのスカウトが公式戦のみならず練習試合にまで視察に来ているという噂が。。。
田中選手自身もメジャーへの挑戦を否定はしていないため、
喉から手が出るほど田中選手が欲しいNPBスカウト陣も戦々恐々としているようです。
 
将来的なことは別として、
まずは日本のプロ野球での快投を観てみたいというのがファンの気持ちですが、
さてどうなることでしょう。。?
 
今後も田中選手の動きに注目していきたいと思います!
 
最後までお読みいただきありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スクリーンショット 2017-03-26 14.55.23
  2. 001
  3. large01
  4. unknown
  5. maxresdefault
  6. 20160620-00010007-sportiva-000-2-view

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。