村上頌樹(智弁学園)の実力や評価は?ドラフト注目の選抜優勝投手!

この記事は3分で読めます

f-bb-tp5-160331-0112_thum630

 
こんにちは!
 
選抜高校野球が終わってしまい、
重篤な「高校野球ロス」に陥っている Jakewonder です!
 
第88回選抜高校野球、
奈良県代表の智弁学園が初優勝し、
11日間に渡る熱戦が幕を閉じました。
 
今年は接戦が多く、
例年にも増して非常に見応えのある試合ばかりでした。
 
サヨナラゲームはなんと6試合
決勝戦を含め、
そのうちの2試合は優勝した智弁学園のゲーム。
粘りや集中力に優れた素晴らしいチームでしたね〜!
 
智弁学園初優勝の立役者は何と言ってもこの人でしょう。
 
photo01
 
村上頌樹(むらかみ・しょうき)選手。
5試合を一人で投げ抜き、
決勝戦ではサヨナラ2塁打まで放ってしまった甲子園のニューヒーローです。
 
もともと評価は高かったものの、
選抜での活躍で一層注目が集まった村上選手に関して、
今回は色々と書いてみたいと思います!
 

スポンサードリンク





 

村上頌樹の経歴!驚異の防御率0.38!

 
村上選手は兵庫県南あわじ市生まれ。
中学時代はヤングリーグ・アイランドホークスに所属していました。
 
高校は地元を離れ智弁学園に進学。
1年夏から控え投手としてベンチ入りを果たし、
選手権大会明徳義塾高戦、
リリーフで甲子園初登板を経験。
 
1年秋の県大会では4試合に登板し30回10失点でベスト4進出。
 
2年夏の県大会では2回戦で天理高校に敗れ、
選手権大会出場はなりませんでした。
 
2年生秋は県大会V、
近畿大会8強入り
に大きく貢献、
2016年選抜出場を果たします。
 
2016年選抜では
1回戦開会式直後の試合、
福井工大福井を相手に10安打を浴びながら要所を締める粘りの投球で完封勝利
 
2回戦鹿児島実業戦では立ち上がりいきなり失点する苦しい展開ながらも、
被安打6奪三振7で1失点完投勝利
 
準々決勝滋賀学園戦では、
被安打2奪三振8の圧巻のピッチングで完封
好投手神村投手に投げ勝ちました。
 
準決勝の相手は龍谷大平安高校。
7安打を打たれながらも1失点に抑え、
劇的な逆転サヨナラ勝ちを収めました。
 
そして決勝、
高松商業戦。
延長11回を一人で投げ抜き1失点
自らセンターオーバーのサヨナラヒットとなる二塁打を放ち、
智弁学園初優勝の立役者となりました。
 
4試合すべて完投、
自責点2、
防御率0.38。

年々高校野球の打撃技術・パワーが上がってきている中で、
甲子園でのこの数字は刮目すべき成績だと思います。
 

村上頌樹の特徴と実力、プロの評価は?

 
身長は173cmと小柄ながら、最速145Km/hの直球で三振を奪う本格派。
変化球はスライダー・カーブ・チェンジアップ・フォーク
いずれもストライクゾーンぎりぎりに決まる抜群のコントロールで、
選抜では凡打の山を築きました。
 
抜きん出ているのは直球と変化球とで腕の振りがほとんど変わらないことと、
球持ちの良さでしょう。
選抜では球速は130km/h後半にとどまりましたが、
ボールが手を離れるのが非常に遅いので、
打者の目には球速をはるかに超えるスピードに感じられたのではないでしょうか。
 
気になるプロスカウトの評価ですが、
現時点では公にマークしているプロ球団の情報はありませんでした。
これはおそらく直球のスピードがまださほどでもないこと、
絶対的な変化球を持っていないことが原因かと思います。
 
確かに厳しい目で見れば、
今秋のドラフトで即プロ野球という存在ではないのかもしれないですが、、、
 
肩が開かず、
下半身を十分に使った安定感抜群のフォームや、
スリーボールからでもためらうことなく投じることのできる変化球のコントロール
ピンチでも内角をグイグイ攻めていけるハートの強さを見ると、
かならず将来的にドラフトの注目を集める選手ではないかと思えます。
 
夏までに決定的な要素を身につけて、
今秋ドラフト指名?

もしくは、
大学に進学しさらに一段階実力をつけた4年後にドラフト指名、
即戦力としてプロ入りし、
1年目から活躍?

 
いずれにせよ、
日本の野球界で大活躍してくれることに疑いの余地はないでしょう。
 

村上頌樹の今後に期待!春夏連覇を目指して頑張れ!

 
全国屈指の強豪校としてその名を轟かせながら、
今回春夏通じて初の全国制覇を果たした智弁学園。
 
春夏連覇の期待がかかりますが、
奈良県には最強のライバル・天理高校もいて、
その道のりは決して平坦なものではないと予想されます。
 
今回の全国制覇は、
粘りの投球で相手打線を封じた村上選手なしではあり得なかったもの。
春夏連覇の鍵も、
やはり村上選手が握っていることは間違いないでしょう。
 
厳しい予選を勝ち抜いて、
ぜひまた甲子園のマウンドで村上選手の小気味良い投球が見たい!
 
今後も村上選手の活躍に注目したいと思います。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. maxresdefault
  2. rose2
  3. 2017U18worldcup
  4. Hanshin_Koshien_Stadium_2007-23
  5. img_daikan03
  6. C-87rCvU0AUhq_5

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。