高校野球2019センバツのイケメン注目選手を最速でまとめてみた!その2

この記事は3分で読めます

スクリーンショット 2019-03-16 3.27.32

 
いよいよ開催が間近に迫った 第91回選抜高校野球大会
3月23日から(順調に試合を消化すれば)4月3日の決勝戦まで、
阪神甲子園球場で春を呼ぶ熱戦が繰り広げられます。
 
1
 
3月15日には組み合わせ抽選会が行われましたが、
一回戦で早くも優勝候補同士の対戦も実現しており、、、、
開幕が楽しみで楽しみでしかたありませんっ!
 
全国の代表校32校の選手の中から、
注目選手をイケメン縛りでピックアップしているこのブログ、
今回は2回目、
関東・東海編です。
 

スポンサードリンク





 

高校野球2019センバツのイケメン注目選手 関東編

 
関東地区からは東京都大会の優勝校である 国士舘高
関東大会で優勝した 桐蔭学園高 (神奈川)、
準優勝の 春日部共栄高 (埼玉)、
ベスト4の 山梨学院高 (山梨)・習志野高 (千葉)、
神奈川県大会を制した 横浜高
21世紀枠 で選抜された 石岡一高 (茨城)の計7校が出場します。
 

東京・国士舘 黒川麟太朗(くろかわ・りんたろう)選手

 
スクリーンショット 2019-03-16 12.45.24
 
“春の国士舘” の異名をとる国士舘高校が10年ぶりに甲子園に帰ってきます。
リードオフマン、
1番二塁手の 黒川麟太朗(くろかわ・りんたろう) 選手。
守備力・選球眼に優れ、
小技を集めて相手を翻弄する国士舘野球の象徴的な存在です。
 
東京都選抜メンバーに選ばれつつも怪我で辞退。
その鬱憤を甲子園で晴らせるか?
注目です。
 

神奈川・桐蔭学園 森敬斗(もり・けいと)選手

 
スクリーンショット 2019-03-16 18.37.10
 
学校の印象も相まって、
個人的に思う 「今大会No.1イケメン」 はこの人!
神奈川・桐蔭学園高 の主将、
森敬斗(もり・けいと) 選手です。
 
もちろん注目すべきはルックスだけではなく、、
長打力も兼ね備えた好打者、
走っては 50m走5秒8 の俊足、
守備力にも定評がある走攻守三拍子揃った選手。
しかも秋季関東大会1回戦ではなんと 逆転サヨナラ満塁弾 を放つなど、
ここ一番で決めることができる 「持ってる」 選手。
甲子園のヒーローになる予感、
ガンガンします!
 

埼玉・春日部共栄 黒川渓(くろかわ・けい)選手

 
スクリーンショット 2019-03-16 18.49.13
 
選抜は実に22年ぶりの出場となる埼玉・春日部共栄高
1番中堅手の 黒川渓(くろかわ・けい) 選手です。
新チームになってからの盗塁数、
チームダントツ最多の 32
出塁率も高く、
この人の活躍が春日部共栄のカギとなりそうです。
 

神奈川・横浜高 及川雅貴(およかわ・まさき)選手

 
スクリーンショット 2019-03-20 23.38.12
 
全くそんな感じがしませんが春選抜は5年ぶりの出場となる神奈川・横浜高
「怪物」と称される MAX153km/h 左腕、
及川雅貴(およかわ・まさき) 選手です。
 
一年生の頃からその抜群のポテンシャルの高さで注目され続けてきた及川選手。
いよいよ高校最後の年、
本領発揮となるか?
甲子園での左腕最速は今年シアトルマリナーズに入団した 菊池雄星 投手が記録した 154km/h ですが、
その更新にも期待が集まります。
 

神奈川・横浜高 度会隆輝(わたらい・りゅうき)選手

 
スクリーンショット 2019-03-21 0.57.42
 
横浜高からもう一人、
2年生ながらクリーンアップを打つ、
二塁手の 度会隆輝(わたらい・りゅうき) 選手です。
 
昨年夏は1年生ながら代打の切り札として活躍。
地方大会で5打数5安打、
打率10割 で甲子園に乗り込むと、
一回戦の愛産大三河戦でも代打で右前安打。
最後の打席は金足農業の吉田輝星投手の前に三振に倒れましたが、
7打数6安打 という驚異的な成績を残しました。
 
お父さんは元ヤクルトスワローズの 度会博文 氏。
秋季関東大会では思わぬ大敗を喫したものの、
やはりポテンシャルは全国制覇を狙える力をもつ横浜高校。
躍進の鍵はサラブレッド・度会選手が握っているかもしれませんね。
 

スポンサードリンク





 

高校野球2019センバツのイケメン注目選手 東海編

 
続いて東海地方!
東海地区からは 東邦 (愛知)、
津田学園 (三重)の二校が選出されています。
 

愛知・東邦高 石川昂弥(いしかわ・たかや)選手

 
スクリーンショット 2019-03-21 10.55.26
 
秋季東海大会を制し、
2年連続30回目の選抜出場を手にした愛知・ 東邦高
プロ注目の 今大会No.1スラッガー
エースで三番の 石川昂弥(いしかわ・たかや) 選手です。
少年っぽい爽やかな笑顔が魅力的!
 
MAX144km/h の速球を誇るピッチングも魅力的ですが、
秋の公式戦&練習試合通算 13発 の豪快な打撃は要注目!
 
30年前、
平成最初の選抜を制した東邦高、
平成最後の選抜も制覇できるか?
楽しみです!
 

三重・津田学園高 前佑囲斗(まえ・ゆいと)選手

 
20190319-00000247-sph-000-8-thumb
 
17年ぶりに選抜に登場する三重県の 津田学園
チームの大黒柱・最速148km/h のエース右腕、
前佑囲斗(まえ・ゆいと) 選手。
 
秋の公式戦では投球回数を上回る 82奪三振 を記録。
体も一回り大きくなり、
全国の強打者相手にどんなピッチングを見せてくれるか、
非常に楽しみです!
 
 
以上、
関東・東海地区の出場校から独断と偏見でイケメン注目選手をピックアップしてみました!
次回は関西・四国編です!
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. araki
  2. ya-touin-n20151117-ogp_0
  3. large01
  4. 6
  5. Unknown
  6. スクリーンショット 2017-03-17 13.20.10

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。