高校野球2019センバツのイケメン注目選手を最速でまとめてみた!その1

この記事は3分で読めます

f1920x960

 
いよいよ春!
今年も阪神甲子園球場にて 選抜高校野球大会 が開催されます。
 
「春はセンバツから」 という言葉がありますが、
本当にここから今年の全てが始まる感じがしてワクワクしますね〜!
 
第91回 を数える2019年のセンバツ。
今年は21世紀枠三校を含めた合計 32校 が参加、
3月23日から熱戦が繰り広げられます。
 
全国の出場選手の中から筆者の独断と偏見で イケメン注目選手 を最速でピックアップしてまとめてみたいと思います!
第一回目は北海道・東北・北信越地区です。
 

スポンサードリンク





 

高校野球2019センバツのイケメン注目選手 北海道編

 
まずは北海道から!
今年は秋季北海道大会を制した札幌大谷高明治神宮大会で優勝 したことから、
出場枠が一校増え、
秋季北海道大会準優勝の 札幌第一高 と二校がセンバツの舞台に登場します。
 

北海道・札幌大谷 西原健太(にしはら・けんた)選手

 
スクリーンショット 2019-03-11 10.54.31
 
初出場・札幌大谷高の エースで四番
文字通り投打の要・ 西原健太(にしはら・けんた) 選手。
 
身長183cm・体重90kgのがっちりした身体から投げ込む max142km/h の重い直球は威力十分!
明治神宮大会決勝では、
強打の星稜高(石川)の協力打線を 1安打1失点 に封じ込めました。
気持ちの強そうな、
男っぽい顔立ちのイケメン!
 

北海道・札幌大谷 北本壮一朗(きたもと・そういちろう)選手

 
Dr3LEDaU8AAxWt9
 
先手必勝の攻撃野球 を見せる札幌大谷打線をけん引するリードオフマン、
1番遊撃手の 北本壮一朗(きたもと・そういちろう) 選手。
100m走のベストタイムは 11秒4
パンチ力も光る巧打者。
北海道大会で脱臼した左肩も完治し、
この春の活躍が楽しみです!
 

スポンサードリンク





 

高校野球2019センバツのイケメン注目選手 東北編

 
続いて東北地方!
今大会東北地方からは 秋季東北大会で優勝 した 八戸学院光星高(青森)
準優勝盛岡大付高(岩手) の二校が出場します。
 

青森・八戸学院光星 武岡龍世(たけおか・りゅうせい)選手

 
武岡-龍世
 
強力打線を誇る 八戸学院光星 の中心打者であり、
主将としてチームをけん引する 武岡龍世(たけおか・りゅうせい) 選手。
「坂本2世」 の呼び声高い、
走攻守三拍子そろったドラフト注目の遊撃手です。
笑顔が素敵なイケメンですね〜!
 

岩手・盛岡大附 平賀佑東(ひらが・ゆうと)選手

 
スクリーンショット 2019-03-11 21.21.54
 
秋季東北大会準V、 盛岡大付(岩手) の5番・左翼手、
平賀佑東(ひらが・ゆうと) 選手。
右肩の脱臼で戦線を離脱していましたが岩手大会の途中から復帰、
準決勝の 大船渡高 戦ではプロ大注目の高校No.1速球右腕佐々木朗希(ささき・ろうき) 投手から 二塁打2本と三塁打を放つ 大活躍。
東北大会、
そして選抜出場の大きな力となりました。
目鼻立ちのハッキリしたイケメン!
 

高校野球2019センバツのイケメン注目選手 北信越編

 
最後に北信越地方から!
石川県の 星稜高
福井県の 啓新高 の2高が出場します。
 

石川・星稜 奥川恭伸(おくがわ・やすのぶ)選手

 
スクリーンショット 2019-03-14 12.52.06
 
プロスカウト大注目、
高校生No.1投手 の呼び声が高い、
石川・星稜高 のエース、
奥川恭伸(おくがわ・やすのぶ) 選手。
 
昨年から1番を背負い大活躍してきましたが、
昨夏の選手権終了後、
日本代表合宿で現中日ドラゴンズの 根尾選手から教えてもらった というフォークがすごい!
筆者も明治神宮大会でその投球を見ましたが、、、、
これは普通の高校生は打てませんw
 
石川県勢悲願の 全国制覇
その期待を一身に受ける星稜高の大黒柱。
センバツでの投球が楽しみですね〜!
 

石川・星稜 内山壮真(うちやま・そうま)選手

 
スクリーンショット 2019-03-14 13.17.56
 
初の全国制覇を狙う星稜高の 二年生4番内山壮真(うちやま・そうま) 選手。
小柄で、
まだ笑顔があどけない雰囲気ですが、、、
 
U-15日本代表の本塁打王
昨年夏、
一年生の頃からクリーンアップを任されるなどその実力は折り紙つき!
縦横無尽に駆け抜ける、
遊撃手としての守備範囲の広さにも注目です!
 

福井・啓新 幸鉢悠樹(こうはち・はるき)選手

 
スクリーンショット 2019-03-14 13.26.48
 
春夏通じて初の甲子園 となる福井県の 啓新高
県大会3位で臨んだ秋季北信越大会ではあれよあれよという間に決勝まで勝ち進み、
王者・星稜との決勝では 引き分け再試合 にもつれ込む大接戦を演じました。
 
決勝2試合で3安打 を放つ活躍を見せた8番二塁手の 幸鉢悠樹(こうはち・はるき) 選手。
下位打線にもこういう好打者を揃えている啓新高、
初の甲子園で旋風を巻き起こせるか?
楽しみです!
 
 
第91回センバツ高校野球大会の出場校の中から、
独断と偏見でイケメン注目選手をピックアップしていくこのブログ。
第一回目は北海道・東北・北信越地区の代表校に注目してみました。
その2に続きます!
 

 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. bbl13070922420005-p1
  2. PK2017072602100082_size0
  3. img031
  4. スクリーンショット 2019-02-22 23.17.48
  5. show_img.php
  6. IMGP2055_09_17_2013-2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。