坪井ミサトの野球歴やトレーニング法は?球速は稲村亜美より上?妹もすごい!

この記事は3分で読めます

スクリーンショット 2019-02-22 23.17.48

 
1日1日暖かくなり、春もそこまできている今日この頃。
プロ野球はいよいよオープン戦が始まります!
今年はどんなドラマが繰り広げられるのか、
一野球ファンとしてはワクワクがとまりませんっ!
 
プロ野球開幕の時期、
もう一つ楽しみなのが 始球式
男女問わずいろんな有名人・著名人が登場して楽しませてくれますが、
今筆者的に一番注目しているのはこの人!
 
スクリーンショット 2019-02-22 23.16.34
 
モデル・女優の 坪井ミサト(つぼい・みさと) さん。
ちょっとエキゾチックな感じの、
めちゃめちゃ美人ですよね〜!
 
しかし!
こんなに可愛いルックスとは裏腹に、
野球の実力がすごい!
 
「野球女子」 と言えば真っ先に 稲村亜美 さんを思い出しますが、
坪井さんも稲村さんと並ぶ 豪速球 を投じる 「神」野球女子 なんです!
 
2017年には ヤクルトスワローズの公認サポーター を務め、
2018年は5回プロ野球の始球式を務めた坪井さん。
最高球速はなんと 107km/h
女子プロ野球選手にも匹敵するスピードですね!
 

スポンサードリンク





 

坪井ミサトのプロフィールや野球歴は?妹もすごい!

 
まずはプロフィールから!
 

 
坪井ミサト(つぼい・みさと)
 
1996年10月30日 奈良県生まれ
 
身長 163cm
 
血液型:A型
 
所属:プラチナムプロダクション
 

 
坪井さんは 1996年奈良県生まれ の現在22歳。
多数のモデルさん、
女優さんが所属する プラチナム・プロダクション 所属です。
 
中学校まで男子と一緒に野球をやっていた という筋金入りの野球女子である坪井さん。
 
野球を始めたのは 小学校一年 の頃。
お父さんが野球チームのコーチ をしていて、
そのチームで先に野球をしていたお兄ちゃんの後を追ってチーム入りしたそうです。
 
主に 内野手 だったということですが、
小学校6年の頃にはチームの キャプテン になり、
キャッチャーも経験したとか。
 
中学校の3年間も男子と一緒に野球部で活躍したそうですが、
実はその頃は投手の経験はなかったそう。
2016年にTBSの「発見!〇〇な人」という番組で、
「稲村亜美より剛速球を投げる美女いる?」という企画に参加、
そこで初めて投手を経験したそうです。
 
坪井さんには さんがいて、
妹さんも実は小学校から野球をしているそう。
妹さんは京都の 福知山成美高 で野球をし、
現在も大学の野球部で活躍中だそうです。
 


 
残念ながら後ろ姿なのでお顔は見えませんが、
おそらく美人姉妹でしょうね〜!
姉妹バッテリー
ぜひ実現してほしい!^^
 

スポンサードリンク





 

坪井ミサト 球速は稲村亜美より上?トレーニング法は?

 
前述の番組出演時には球速91km/hを記録、
101km/hを記録した稲村さんに負けたそうですが、、、
 
そこからのトレーニングがすごい!
なんと、
あの岩隈久志 投手が監修、
メジャーリーガーが使う最新マシンや治療施設が備わっている 「IWAアカデミー」 に通って、
投球時の体の開きを矯正。
さらには 菊池雄星 投手や 山崎康晃 投手にも教えを請い、
マークした現在の最高球速は 107km/h
稲村さんの最高球速が 103km/h なので、
現在の女性芸能人最速
と言えると思います。
 
そんな坪井さんのピッチングがこちら。
 


 
力みのない、
非常に自然なフォームですね!
 
最高球速は107km/hを記録していますが、
始球式ではまだ100km/hを超える球速は記録していない坪井さん。
そういう意味では、
まだ稲村さんより上という言い方はできないのかもしれません。
 
坪井さん、
稲村さんともに目標球速は 110km/h だそう。
お二人とも今年の始球式に多数登場するでしょうから、
どちらが先にこの「大台」に到達するのか、
ペナントレースの行方とともに、
「野球女子の熾烈な戦い」も非常に楽しみです!
 
今後の活躍に注目していきたいと思います!
 
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 1457082083
  2. 0530waseda
  3. Unknown-1
  4. o0599034313413854716
  5. hig15081805030012-p2
  6. yoro-500x428

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。