濱田太貴(明豊)ドラフト注目!中学等プロフィールやスカウトの評価は?

この記事は3分で読めます

news_image.php

 
大阪桐蔭高史上初2回目の春夏連覇 を果たし、
また 金足農業高 の大躍進もあって100回記念大会にふさわしい盛り上がりを見せた2018年の 第100回全国高校野球選手権大会
 
高校野球の大ファンである筆者的には内容が素晴らしかっただけに、
終了した寂しさもひとしおではありましたが、
現在は各地秋季大会の真っ只中。
2019年に向けての熱い戦いが再び繰り広げられています。
 
そんな中、
10月25日に開かれる プロ野球ドラフト会議
どんな選手がプロに進むのか、
高校野球ファンのみならず全ての野球ファンにとって楽しみなイベントですね!
 
高校生の場合「プロ志望届」というものがあり、
この届けを出した選手がドラフト指名対象になるわけですが、、、
 
「プロ志望届」を出した高校生の名前の中に、
昨年の99回選手権で大活躍した選手の名前を見つけました。
 

 
豪快 すぎるスイング。。。
一瞬 「外国人か?」 と目を疑いましたね。
 
大分・明豊高濱田太貴(はまだ・たいき) 選手。
高校通算 45本塁打
130m の飛距離を誇る 九州高校生No.1スラッガー です。
 
いったいどんな選手なのでしょう?
プロフィールやスカウトの評価など、
色々と書いてみたいと思います。
 

スポンサードリンク





 

濱田太貴の出身中学等プロフィール!

 
まずはプロフィールから!
 

 
濱田太貴(はまだ・たいき)
 
誕生日 2000年9月4日
 
出身 福岡県北九州市
 
身長 177cm
 
体重 77kg
 
右投げ右打ち
 
北九州市立沖田中(中間ボーイズ)〜明豊高
 

 
濱田選手は 福岡県北九州市 生まれ。
小学校一年生からソフトボールを始めたそうです。
出身中学校は 北九州市立沖田中学校
中学生時には北九州市内のボーイズリーグ・中間ボーイズ に所属していました。
 
城島健司氏(別府大付属時代)、今宮健太選手(ソフトバンクホークス)らを輩出した名門・ 明豊高 (大分)に進学すると1年秋からベンチ入り。
2年春からは左翼手のレギュラーとして活躍、
第99回全国高校野球選手権大会(2017年)出場に貢献します。
 
甲子園では3番打者として9安打(うち2本塁打)、
打率0.600、
打点9の大活躍。
明豊高のベスト8進出に貢献 しました。
 
2018年は春・夏ともに甲子園出場はなりませんでしたが、
その豪快なスイング、
左右関わらず飛ばせる強力な打撃は高校野球ファンの印象に強く残っており、
貴重な右の大砲として、
今後の進路に注目が集まります。
 
 

スポンサードリンク





 

濱田太貴 選手としての特徴やプロスカウトの評価は?

 
濱田選手の打者としての特徴・魅力はなんといっても フルスイングから放つ豪快な打球 ですが、
ただ振り回すだけではないクレバーさが発言の端々から垣間見えます。
 

 
「ボールをバットに長く乗せる」
「右足に体重を残したまま打つ」
「右足にタメを作って体の軸を崩さない」
「体の中心までボールを引きつける」
等々。
もちろん指導者の教え方が素晴らしいのでしょうが、
打撃理論 に根ざした練習をすることが身についているというのは、
将来がますます楽しみですよね!
 
それと特筆すべきは 体の強さ
フルスイングをしても体が流れずに静止できるというのは相当な体の強さ〜ぶれない軸があるのだと思われます。
 
プロのスカウト陣の評価も上々です。
 
遠くに飛ばす打ち方が本能的にわかっている ような選手。ホームランになる角度を持っています。 リストが強い 。」
ー巨人・岡崎スカウト
 
打撃能力は極めて高い 選手。差し込まれても腕をたたんでスタンドまで運べる。リストの強さと柔らかさを備えているのは間違いない。 ドラフトの注目選手 であることは間違いありません」
ー日本ハム・原田スカウト
 
 
2018年は全国の舞台では活躍できませんでしたが、
高いポテンシャルを秘めていることは間違いのない素晴らしい選手。
10月25日のドラフト会議に注目です!
 
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. PK2017072602100082_size0
  2. k20150131
  3. 414DprgDKIL
  4. yoro-500x428
  5. 37861293
  6. maxresdefault

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。