佐々木朗希(大船渡)スカウト注目のイケメン豪腕の中学等プロフィール!

この記事は3分で読めます

AAxwACu.img

 
大阪桐蔭の 史上初2回目の春夏連覇 で幕を閉じた第100回全国高校野球選手権記念大会
 
大阪桐蔭の強さはもちろんですが、
それと同じくらい秋田県代表・ 金足農業高校 のエース、
吉田輝星(よしだ・こうせい) 投手の活躍が全国の注目を集めました。
 
国体も終わり、
今年の高校野球は一段落かと思いきや、
すでに各地で2019年春の 選抜高校野球大会 への出場につながる 秋季大会 が行われています。
 
そこに参加している選手の中で、
いま最も熱い注目を浴びている選手 の一人がこの人。
 
MTW2018071103137000119095
 
岩手県・大船渡高校の 佐々木朗希(ささき・ろうき) 投手。
秋季岩手県大会の一回戦・盛岡三戦で自己最速の 157km/h を記録。
県大会では準決勝で優勝した盛岡大付に5-7で惜敗し、
選抜高校野球大会出場は絶望的ですが、
2019年秋、
ドラフトの注目選手 になること間違いなしの逸材です!
 
写真の通り、
かなりの イケメン
背も高くスラッとしていて、
これは人気者になること間違いなしですね!
 
一体どういう選手なのでしょう?
プロフィール等、色々と調べてみたいと思います。
 

スポンサードリンク





 

佐々木朗希の中学等プロフィールは?

 
まずはプロフィールから!
 

 
佐々木朗希(ささき・ろうき)
 
2011年11月3日生まれ
 
宮城県陸前高田市出身
 
身長 189cm
 
体重 81kg
 
右投げ右打ち
 
大船渡一中出身
 

 
宮城県陸前高田市生まれ の佐々木選手。
高田小3年の時に野球を始めますが、
2011年の東日本大震災で被災、
大船渡市に移ったそうです。
 
中学校は 大船渡一中
中学時代にすでに 最速141km/h をマーク、
数々の強豪私立高から勧誘を受けたものの、
「仲間と一緒に野球をやりたい」
と地元 大船渡高 へ進学を選択。
勧誘は今年二度目の春夏連覇を達成した 大阪桐蔭高校からも来ていた とか。。。
 
大船渡高校では1年夏からベンチ入りし、
最速147km/hをマークする鮮烈なデビューを果たしますが、
腰痛で秋季大会は登板できず敗退。
 
2018年の夏は2回戦で154km/hを記録。
登板がなかった3回戦で敗退しましたが、
その名を全国に轟かせました。
 
そして今秋の県大会1回戦、
盛岡三高戦で 157km/h を記録。
惜しくも準決勝の盛岡大付戦で敗退、
三位決定戦でも敗れ、
東北大会への出場がなくなってしまったため来春選抜出場は難しくなってしまいましたが、、、
 
今後の活躍が本当に楽しみな選手ですね!
 

佐々木朗希 関係者やスカウトの評価は?今後の課題は?

 
さて、
そんな佐々木選手、
一体どんな投球をするのでしょうか?
 
映像を見てみましょう。
 

 
球筋がめちゃめちゃいい。。。
見ていて非常に気持ちのよい直球ですよね!
 
球種は スライダー、
チェンジアップ

肩・肘に負担がかかるためほぼ封印しているものの、
フォークボール も投げれるそうです。
 
関係者の評価も超A級。
 
「ここまでいいとは。想像以上。 160km/hも時間の問題
-斉藤スカウト(ヤクルト)
 
今年でも“競合ドラ1” の力」
-山本スカウト(中日)
 
岩手県大会3位決定戦を戦った専大北上の中尾孝義監督(元中日・捕手)も
「指にかかるスナップの強さ。突然変異。 江川卓級 ですよ。」
と大絶賛。
 
中尾監督は実際に江川選手と対戦しているだけに、
その言葉には真実味がありますね!
 
気になるのは189cmで81kgという線の細さでしょうか?
それゆえというのはこじつけかもしれませんが、
今秋の県大会でも3位決定戦の専大北上戦では連投の疲れからくる左股関節痛で
先発回避。
東北大会まであと一歩というところで涙を飲みました。
 
16歳、
まだまだ成長期でしょうから、
ちょっとやそっとではビクともしないがっしりした身体作りというのが、
もしかしたら佐々木選手にとっての一番の課題かもしれませんね。
 

スポンサードリンク





 

佐々木朗希 大谷翔平越えなるか?今後の活躍に期待!

 
岩手県のチームというと最近の甲子園では 花巻東盛岡大付 の活躍が記憶に新しいですね。
いずれも甲子園でも上位に進出する実力、
岩手県大会はなかなかのハイレベルの戦いと言えます。
 
一冬を越えてスケールアップし、
最後の夏、
その勇姿を甲子園で見ることができるのか?
そして高校時代に同じ岩手県出身の大谷翔平選手が記録した160km/hを越えることができるのか?
非常に楽しみな選手です。
 
しかし、、、
大谷翔平選手、
ダルビッシュ有選手をはじめとし、
菊池雄星選手や吉田輝星選手など、
東北には素晴らしい投手が多いですね!
 
2019年こそ、
悲願の東北勢全国制覇
ありうるかもしれません。
それもまた楽しみ。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. a285dd0e40d1645c6736dadadb5b82b7-620x350
  2. cuiggwywaaeryr_
  3. 竹田祐-300x210
  4. show_img.php
  5. large01
  6. ogasawara1-770x432

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。