東妻勇輔(日体大)ドラフト目玉右腕の経歴や特徴は?弟も活躍!

この記事は3分で読めます

スクリーンショット 2018-04-18 10.23.27

 
2017年秋の明治神宮大会。
高校野球と大学野球の日本一を決めるこの大会、
高校の部は高知の 明徳義塾高 が優勝、
大学の部は 日本体育大学 が優勝を果たしました。
 
高校の部、
大学の部ともにいろいろと見どころの多かった大会でしたが、
個人的に強く記憶に残ったのはこの選手。
 
スクリーンショット 2018-04-18 10.15.41
 
日体大東妻勇輔(あづま・ゆうすけ) 投手。
Wエースの 松本航 投手とともに、
圧巻の投球で日体大を 37年ぶり2度目の優勝 に導いた立役者。
 
いったいどんな選手なのでしょうか?
いろいろと調べてみたいと思います。
 

スポンサードリンク





 

東妻勇輔の経歴は?

 
まずは東妻選手のプロフィールから!
 

 
東妻勇輔(あづま・ゆうすけ)
 
1996年4月4日 和歌山県和歌山市生まれ
 
身長 170cm
 
体重 83kg
 
紀伊中学校(和歌山興紀ボーイズ)〜智辯和歌山高〜日本体育大学
 

 
東妻選手は 和歌山県和歌山市 生まれ。
小学校二年生の頃に野球を始め、
和歌山市の紀伊中学校時代には 和歌山興紀ボーイズ で硬式野球を経験、
中学校三年生の時には NOMOジャパン としてアメリカ遠征を経験しています。
 
高校は名門・智辯和歌山高 に進学。
2年生秋からはエースとなり、
近畿大会で準優勝。
翌2014年春選抜に出場しますが、
一回戦で高知・明徳義塾高と対戦、
延長15回の激闘の末、
東妻選手の サヨナラワイルドピッチ で敗れてしまいます。
 

 
雪辱を期した最後の夏は、
決勝で市和歌山高に敗れ、
甲子園出場はなりませんでした。
 
進学した日体大では2年春の首都大学野球リーグ戦から登板。
3年春には 最優秀投手 に、
そして MVP も獲得しました。
3年秋のリーグ戦、
対明星大一回戦では ノーヒットノーラン も達成しました。
 
そして冒頭の明治神宮大会。
決勝の星槎道都大戦では 2安打完封 の快投を見せ、
日体大を37年ぶりの日本一に導きました。
 
日体大は高校時代の恩師・智辯和歌山高の高嶋仁監督の母校であること、
またこの大会の高校の部で優勝したのが2014年選抜で激闘を繰り広げた明徳義塾高であることも、
何か因縁めいた、
ドラマチックなものを個人的には感じてしまいます。。
 
大学での成績は22試合8勝5敗、防御率 1.69
 
2018年秋のドラフトで上位指名が予想される、
大学球界屈指の右腕です。
 

スポンサードリンク





 

東妻勇輔の投手としての特徴やスカウトの評価は?

 
筆者の目が思わずクギ付けになってしまったのが、
明治神宮大会準決勝、
九州共立大戦でのこの奪三振ショー。
 

 
。。。直球が唸っています。。。
スライダーのキレも恐ろしい。。。
この試合、
東妻選手は 3回2/3 を投げてなんと奪三振9
強打の九州共立大を力でねじ伏せた、
本当に圧巻の投球でした。
 
この試合の投球に象徴されるように、
東妻選手の投球の最大の武器はこの「唸る直球」ではないでしょうか?
Max153km/h
球速もすごいですが、
それ以上の球の力を感じますよね〜!
若干シュート回転しているでしょうか?
またそれも、
打者が捕らえづらい要因になっていると思います。
 
球種は スライダー・スプリット・カーブ・シュート
スライダーは縦と横2種類あるようです。
 
体のバネがボールに乗り移ったかのような投球。
気迫を前面に打ち出したスタイルも、
プロ野球で活躍することを考えると非常に魅力的ですよね!
 
もともと評価の高い投手でしたが、
2017年明治神宮大会での活躍を経てプロスカウトの評価もますます上昇しています。
 
 
「球の力は一級品。取るなら上位でいかないと取れない」
ー中日・中田アマスカウト
 
「要所要所で気持ちの切り替えが出来ていた。抑えでも先発でもいける」
ー日本ハム・岩館スカウト
 
「投げっぷりがいい。スピードもあるし、非常に楽しみな選手」
ーヤクルト・伊東編成部部長
 
 
ざっと確認できただけでも、
12球団中11球団のスカウトが高評価しており、
これは2018年ドラフトでの 争奪戦 は必至、
ですね!
 

東妻勇輔 弟も大活躍!

 
東妻選手には5つ下に弟さんがいて、
弟さんも智辯和歌山高校の選手として活躍中です。
 
DRAort6VwAM2g2c
 
東妻純平(あづま・じゅんぺい) 選手。
なんとなくお兄さんと似ていますね!
 
2年生にして智辯和歌山高の正捕手、
172cmと小柄ながら、
二塁送球1.84秒 という超強肩で、
こちらもプロ注目の存在です。
 
春選抜では逆転に次ぐ逆転で準優勝を果たした智辯和歌山高。
東妻選手、
決勝戦では大阪桐蔭の根尾昂投手から先制の2点タイムリーも放ちました。
 

 
こちらも将来が楽しみな選手ですね!
 
 
前述の通り、
日体大には松本投手というこちらもプロ注目の右腕がおり、
今年もかなり良い成績を収めることが期待されます。
春〜秋と、
東妻選手がどんな活躍をするのか、
そして秋のドラフト会議の時にどんな存在になっているのか。。。
注目していきたいと思います。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. CbfH6tWUkAAhQlr
  2. HAWKS23-KIDOKORO
  3. large01
  4. 6
  5. PK2017072602100082_size0
  6. maxresdefault

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。