内山高志(ボクシング)はKO必至の最強チャンピオン!経歴や戦績まとめ

この記事は3分で読めます

uchiyama2

 
こんにちは!
 
ボクシング漫画といえば「はじめの一歩」ではなく「あしたのジョー」という世代の Jakewonder です!
 
相変わらず、
日本ボクシング界が盛り上がっています!
 
2016年3月12日現在、
日本のジムに所属する世界チャンピオンは9人。
しかも挑戦者を寄せ付けない圧倒的な強さを誇るチャンピオンが非常に多い気がします。
 
その中でも現在 世界王座11防衛 を果たし、
具志堅用高さんの持つ日本記録の13まであと2回に迫っているのがこの人。
 
C6E2BBB3-b24e4
 
WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者、
内山高志(うちやま・たかし) 選手。
 
KO率が高く、
圧倒的なハードパンチャー として知られる内山選手に関して、
今回は書いてみたいと思います!
 

スポンサードリンク





 

内山高志の経歴と戦績!大器晩成型のチャンピオン

 
内山選手は1979年長崎県生まれ。
幼い頃に 埼玉県春日部市 に転居しました。
 
以外にも中学生までは 野球やサッカー に熱中し、
辰吉選手や川島選手に憧れボクシングを始めたのは名門・花咲徳栄高校 に入学してから。
高校3年の頃に 高校総体でベスト8
国体で準優勝を果たします。
3年間でそこまで登り詰めたというのは、
圧倒的な運動能力 の賜物なのでしょうね。。
 
しかし、
進学した 拓殖大学 では 補欠にすら選ばれない という厳しい状況を経験。
そこで腐らず、
悔しさをバネに努力し、
4年生となった2001年に 全日本アマチュアボクシング選手権大会 で優勝。
 
卒業後はプロに転向するかと思いきや、
オリンピックを目指して就職して アマチュアでボクシング を続けます。
2002年 国体で優勝
全日本選手権2連覇
着々とキャリアを積み上げていきます。
 
迎えた2004年、
アテネオリンピック に向けた日本国内予選で勝ち抜き、
アジア地区最終予選に進出しますが 一回戦で敗退
一時は 引退 も考えますが、
地元埼玉で開催された同年の国体に出場。
関係者の説得もあり、
プロに転向 することになりました。
 
2005年、
25歳の時にプロデビュー
初回TKO にて白星でデビューを飾ります。
 
2007年には OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座を奪取
2009年に返上するまで無傷の 5連続防衛 を記録します。
 
2010年には WBA世界スーパーフェザー級王者 ファン・カルロス・サルガドと対戦、
12R終了間際の TKO勝利
31歳にしてついに世界チャンピオンに なります。
 
ここから2011年12月に4度目の防衛を果たすまで 5連続KO を記録。
5度目の防衛戦は偶然のバッティングによる右目上の負傷により、
引き分けでの防衛となりますが、
さらにそのあともKOでの防衛は続き、
2015年大晦日に 11度目の防衛 を成功させるまで、
実に 11回の防衛中10回のKO勝利
 
驚異のKO率に、
ついた呼び名は「ノックアウト・ダイナマイト」
9度目の防衛のあと、
スーパー王者 にも認定された内山選手。
2016年4月には12度目の防衛戦も予定されており、
具志堅用高選手の持つ日本人防衛記録更新に一番近い、
日本のプロボクシング界を牽引するエース的存在なのです。
 

内山高志の特徴は?KOを生み出す驚異のパンチ力

 
内山選手の最大の魅力はなんといっても次々とKOを生み出す パンチ力
ゲームセンターのパンチングマシーンで 700Kg を記録し、
マシーンを壊したことがあるらしいですww
普通の人は200kgくらいらしいので、
このパンチ力はプロボクサーといえど規格外の驚異ですね。。
 
また、
スパーリングパートナーのあばら骨が折れたり
血尿が出たり ということもあるらしいです。
スパーリングは通常16オンスのグローブで行い、
試合時の8オンスに比べるとだいぶ衝撃も弱くなるはずなのですが。。。
災難としか言いようがない、かわいそうなスパーリングパートナー。。。
 

内山高志の野望!ラスベガス進出は?

 
内山選手が公言している目標が、
WBC・WBA・WBO・IBFの統一王者 になること。
一番歴史の浅いWBOが発足した1988年以降、
4団体の統一王者は2人しか誕生しておらず、
もちろん日本人はまだ達成していません。
容易なことではないと思いますが、
内山選手なら夢ではなさそうですね!
 
すべてのボクサーの夢といっても過言ではない ラスベガス進出
井上尚弥選手もその可能性が囁かれていますが、
内田選手にも現実的に元WBAフェザー級王者 ニコラス・ウォータース との対戦の話があるようで、
2016年中の実現もありうるかもしれないですね!
 
まずは 王座防衛記録更新
そして ラスベガス4団体統一王者 。。。
 
内山選手の今後の活躍に期待せずにはおれません!
今後も注目していきたいと思います。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 

 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. g044516524
  2. 田中2
  3. 河野公平選手のプロフィール
  4. images
  5. ws000398
  6. wpid-x20151112165709286_DSC_0541

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。