大塚耕平(民進党代表)の経歴や家族は?日銀出身イケメン参議!

この記事は4分で読めます

5e1207f849e53081674c2091addf0f1f_400x400

 
第48回衆議院議員選挙での党の分裂→大敗の責任を取り、
前原誠司(まえはら・せいじ) 氏が代表を 辞任 し、
後任の代表が誰になるかが注目されていた 民進党
 
蓮舫(れんほう) 前代表の再びの代表就任はあるのか?
岡田克也(おかだ・かつや) 氏の立候補はあるのか?
等いろいろと話題を呼んでいましたが、
代表に就任したのはこの人でした。
 
20090413
 
大塚耕平(おおつか・こうへい) 参議院議員。
なかなかのイケメンですね〜
おばさまがたから人気ありそう。
 
あまりここまでは表に出ていない方のような印象がありますが。。。
いったいどういう人なのでしょう?
いろいろと調べてみました。
 

スポンサードリンク





 

大塚耕平の経歴は?

 
まずはプロフィールから!
 
 
大塚耕平(おおつか・こうへい)
 
1959年10月5日 愛知県名古屋市生まれ
 
名古屋市立城山中〜愛知県立旭丘高〜早稲田大学政治経済学部〜早稲田大学大学院社会科学研究科博士後期課程
 
前職 日本銀行員
 
中央大学大学院公共政策研究科客員教授、早稲田大学総合研究機構客員教授
 
 
早稲田大学政経学部 を卒業後、
日本銀行 へ入行。
在職中に早稲田大学の大学院で学び、
博士号を取得されています。
専門はマクロ経済学・財政金融論・公共政策論だそうです。
 
金融市場調節 などを主に担当した後、
2000年に日本銀行を退職。
2001年の参議院議員選挙 に民主党公認で出馬し初当選します。
その後現在まで落選なしの 三選
安定した支持を得ていると言えるでしょう。
 
民主党では2009年の鳩山内閣で 内閣府副大臣 を、
2011年の菅内閣で 厚生労働副大臣 を務めています。
 
2016年には民進党の政策決定機関である 「次の内閣」財務・金融担当大臣 に就任。
 
そして2017年10月、
前原代表辞任に伴い、
第4代民進党代表 に就任しました。
 

スポンサードリンク





 

大塚耕平 プライベートではどんな人?

 
見た目非常に若々しく、
爽やかな印象がある大塚参議ですが、
プライベートではどんな人なのでしょうか?
 
家族は 奥さん男の子 一人、
女の子 一人。
奥さんはなんと 中学校・高校の同級生 だそうです。
、、、見た目通り爽やかですね。。
 
学生時代、
日本銀行に入行してからも バレーボール をやっていたというスポーツマン。
スキューバダイビングインストラクター の資格も持っているそうです。
スキージョギング が趣味だそうで、
案外完璧なアウトドア派なんですね〜。
 
これまで大きなトラブルやスキャンダルもなく、
清廉潔白なイメージの政治家。
今の時代、
非常に珍しいですねw
 

大塚耕平民進党代表就任にネットの声は?

 
大塚参議の代表就任にネットではどんな声が上がっているのでしょうか?
Twitterの投稿を拾ってみました。
 


 
たしかに。
「ちゃんとした人」というイメージですね。
 


 
まあ「ちゃんとした人」というのは「毒にも薬にもならない」ということもできるかもしれません。
 


 
結党からここまで、
なかなか盤石な体制を築けていない民進党。
世間一般の見方的にはなかなか厳しいものがありますね。
 
推薦人が集まらず立候補を断念したと伝えれている蓮舫氏にはこんな意見も。
 


 
手厳しい一言。
でも個人的には、
そのくらいの精神構造でないと政治家は務まらないような気もしますw
 

大塚耕平 今後の活躍に注目!

 
金融政策のスペシャリスト として、
これまで民主党・民進党のマニフェストの立案等において中心的な役割を果たしてきた大塚参議。
 
ただ、
一党の代表としてはそういった実務能力だけではない、
党を束ね牽引するカリスマ性が求められると思います。
 
特に今回、
代表選に他に出馬する人がいない中での無投票選出。
衆院選でバラバラになってしまった党を束ねるのは並大抵ではないと思われます。
 
今後大塚参議がどういった手腕を見せてくれるのか?
再び民進党が名実ともに「最大野党」と呼ばれる日が、
そして再び与党となる日が来るのか?
 
全てはこの大塚参議にかかっていると思われます。
 
今後の活躍に注目しましょう。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 6
  2. 名称未設定1
  3.  9月1日、オズボーン英財務相(写真)は欧州連合(EU)に批判的な見方を強めていることがわかった(2014年 ロイター/Luke MacGregor )
  4.  11月13日、菅義偉官房長官(写真)は、消費税の判断は政府が行うものだとの認識を示した。2月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)
  5. スクリーンショット 2017-06-22 8.14.04
  6. 13-0331g

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。