長沢広明復興副大臣(公明党)の経歴!宿泊女性は誰で画像は?

この記事は3分で読めます

_1

 
ここのところ芸能界だけでなく政治の世界にも 不倫疑惑 が多発していますね。。。
またしてもそういったニュース。
 
公明党の 長沢広明(ながさわ・ひろあき) 復興副大臣が、
秘書・家族以外は泊まれない 議員宿舎 に、
家族ではない 知人女性を泊めた ことで週刊誌の取材を受けたことが明らかになりました。
 
20170926-00000028-asahi-000-7-view
 
長沢氏は事実関係を認め、
参院議員と復興副大臣を辞める意向 を示しているそうです。
 
長沢氏は妻帯者。
現状では知人女性を議員宿舎に泊めたことは認めているものの女性との男女関係を認めているわけではありませんが、
客観的に見るとめちゃめちゃ怪しいですよね。
男女関係があるのであれば、
国会議員としての規則を破った ことと、
不倫 スキャンダルという二重の問題を起こしたことになりますが。。。
 
長沢広明氏とは一体どんな人物なのでしょうか?
 

スポンサードリンク





 

長沢広明の経歴

 
まずはプロフィールから。
 

 
長沢広明(ながさわ・ひろあき)
 
1958年8月19日 東京都生まれ
 
板橋区立板橋第四小〜板橋区立加賀中〜東京工業大学工学部附属工業高〜東洋大学
 
公明新聞〜衆議院議員〜参議院議員
 

 
長沢氏は 東京都 生まれ。
東京工業大学工学部の附属高を卒業後 東洋大学 に進学。
大学卒業後は 公明新聞 に入社、
政治部の記者を経て
2003年に退社し 衆議院議員選挙 に出馬し当選。
しかし2005年の衆院選では落選、
2008年も落選し、
2010年の 参議院議員選挙 に当選し国政に復帰するまで5年間のブランクを経験します。
 
2013年には 公明党参議院国会対策委員長 に就任、
2016年には 第3次安倍第2次改造内閣 で、
復興副大臣 に就任しました。
 
5歳の時にお父さんを亡くし、
母親に女手一つで育てられたという長沢氏。
オフィシャルページのプロフィールを見ると、
幼い頃の赤貧の状況が伺え、
また高校卒業後すぐには大学に進学していないこと、
そして5年に及ぶ国会議員浪人時代を考えてもなかなかの苦労人のように見受けられます。
 
一つ一つキャリアを積み重ねせっかく副大臣にまでなったのに。。。
今回のスキャンダルで台無しですよね。。。
 

スポンサードリンク





 

長沢広明が議員宿舎に泊めた女性は誰で画像は?

 
さて、
今回問題になっている議員宿舎への 知人女性 の宿泊。
相手はどんな人なのか気になりますね。
 
いろいろと調べましたが、
またこの「週刊誌の報道」自体がなされておらず、
女性の詳細は一切分かりませんでした。。。
 
もちろん女性の画像もまだ出回っていません。
 
おそらく今後この 「週刊誌」 の報道である程度明らかになってくるのではないかと思われます。
情報が分かり次第、
追記いたします。
 
【2017年9月27日追記】
本日明らかになったところによると、
「週刊誌」というのは週刊文春、
お相手の女性は30代前半の女性とのこと。
画像(もちろん一般の方なので顔は隠されていますが)はこちら
 


 
報道によると週末になると多数の食材を買い込み議員宿舎を訪れていたとのこと。
山尾志桜里衆院議員の不倫報道直後の週末や、
衆院解散が報じられた当日も訪問していたとのこと、、、
かなりアウトですね。。。
 

長沢広明の不倫疑惑 今後の報道に注目

 
今回ちょっと驚いたのは参議院議員並びに復興副大臣の辞任がめちゃめちゃ早かったこと。
現状では週刊誌の報道もまだなされておらず、
「取材を受けた」段階ですからね。
 
それだけ週刊誌が掴んでいる内容が インパクトのあるものなのではないか と思います。
 
いち早く辞意を表明したことは、
事態の深刻化を防ぐ意図だとは思いますが、
早かろうが遅かろうがやった内容は同じ。
早期の辞職により問題をうやむやにできると考えているのであれば、
ちょっとムシが良すぎますよね。
 
今後の報道に注目しましょう。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございました。
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. press_127184_01
  2. 5ef969feea415b84436017fbb18ea0f7505cfbaa.37.2.9.2
  3. スクリーンショット 2017-06-22 8.14.04
  4. 20140222102242df5
  5. 名称未設定1
  6. 20091228_01

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。