荒木千陽(都民ファースト)出身高校等経歴は?代表就任にネットの声は?

この記事は4分で読めます

スクリーンショット 2017-09-12 9.36.24

 
2017年1月に発足した 小池百合子(こいけ・ゆりこ) 都知事率いる 「都民ファーストの会」
 
7月の都議選時期以外、
代表を務めてきた 野田数(のだ・かずさ) 氏が「(小池氏の)特別秘書に専念したい」と 辞任
後任となる 新代表 が選出されました。
 
0E5nhweM
 
荒木千陽(あらき・ちはる) 都議会議員。
衆院議員時代の小池氏の 公設第1秘書 を務めた側近中の側近、
2017年7月の都議会議員選挙で初当選した一期目の都議です。
 
今回はこの荒木都議に関して、
経歴やエピソードなど、
また今回の代表就任に関してネット上ではどんな声が上がっているのか、
等々色々と書いてみたいと思います。
 

スポンサードリンク





 

荒木千陽の経歴は?

 
まずはプロフィールから!
 

 
荒木千陽(あらき・ちはる)
 
1982年3月1日 熊本県熊本市生まれ
 
熊本県立第一高〜久留米大学法学部〜久留米大学法科大学院法務研究科修了
 
小池百合子衆議院議員私設秘書〜公設第二秘書〜公設第一秘書〜東京都議会議員
 

 
荒木氏は1982年 熊本県熊本市 に生まれました。
お父さんは 荒木章博熊本県議会議員
まだ35歳なのですね。
若い!
 
2011年、
29歳の時に小池百合子衆議院議員の 私設秘書 に。
2012年に 公設第二秘書 になり、
2016年からは 公設第一秘書 を務めます。
 
2017年7月には 東京都議会議員選挙 に中野区から都民ファーストで初出馬。
一位当選 し、
ついで 都民ファーストの会総務会長 に就任しました。
 
2ヶ月後の9月には野田数氏の後を受けて 都民ファーストの会代表 に就任。
今後の活躍が注目されています。
 

スポンサードリンク





 

荒木千陽の仰天エピソード!

 
政治家としてはまだ経歴が浅いですが、
小池百合子氏の秘書を6年間務めてきた荒木氏。
2011年に私設秘書となったことは前述しましたが、
そのきっかけが異色。
なんと小池百合子氏の議員会館に 飛び込みで訪れ直談判 したそうです。
 
通常は誰かの紹介であるとか、
縁をたどるものだとは思いますし、
お父さんが県会議員ということでそういうことも可能だったのではないかと思いますが、、、
 
実は荒木氏の先祖は1876年、
熊本で明治政府の廃刀令に反対して士族が起こした 「神風連の乱」 に参加した荒木敬次氏だそう。
 
この荒木氏の猪突猛進的なところは、
血筋 からくるものかもしれないですね。
 

荒木千陽代表就任にネットの声は?

 
荒木氏の都民ファーストの会代表就任に、
ネット上ではどんな声が上がっているのでしょうか?
Twitterの投稿を見てみましょう。
 


 


 


 


 
たしかに発足後1年足らずで代表が変わりすぎな都民ファースト。
そして荒木氏に秘書以外の政治経験がほとんどないことで、
党としての混乱を指摘する声多数。
 


 


 
たしかにそう見られても現状では仕方ないかもしれませんね。
 


 
見た所、
今回の代表交代には都民ファーストの会への 疑念失望 を抱く声がほとんどです。
 
この逆風を荒木氏はどうはねのけて代表として活躍していくのか。。。
 
今後の荒木氏の動向に注目したいと思います。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 6
  2. 147809576752_20161102
  3. mainphoto-1
  4. ea795002275ccfcd210d98dc29fa0e81-680x417
  5. img_22ca34a1aaa2b74485c3342abc168d4c74155
  6. 20091228_01

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。