斎藤礼伊奈(lecca)の経歴や政策は?パンツ画像が物議!大麻は?

この記事は4分で読めます

w700c-ez_f5c3e1a3c6e9f4a9fa23d423cc046a079b2f798631d79dc2

 
都民ファーストの会と自民党との議席争いが注目された 2017年東京都議会議員選挙
 
結果は都民ファーストの会が55議席を獲得し圧勝
自民党は23議席にとどまる歴史的な大敗、
一地方行政のことではありますが、
日本の政治に大きな風が吹き始めたことを感じさせるものとなりました。
 
当選した議員の中には、
政治未経験の議員 さんも多数おり、
この人もその一人。
 
resize_image-300x225
 
斎藤礼伊奈(さいとう・れいな) さん。
“lecca” という名前で活躍するシンガーでもあります。
 
都議初挑戦、
見事初当選ということになったのですが、
当選後一週間も立たず、
この斎藤さんが 頭にパンツをかぶっている画像 が流出し物議を醸しています。
 
20170705-00523444-shincho-000-1-view
 
薄暗い飲食店らしき場所でタバコを片手にパンツをかぶっている画像、、、
 
斎藤氏とは一体どういう人なのでしょう?
色々と調べてみたいと思います。
 

スポンサードリンク





 

斎藤礼伊奈の経歴は?

 
まずはプロフィールから!
 

 
斎藤礼伊奈(さいとう・れいな)
 
別名 lecca(れっか)
 
1979年2月26日 東京都生まれ
 
多摩市立東寺方小〜桐朋女子高〜早稲田大学政経学部卒
 
所属事務所 アーティマージュ
 

 
早稲田大学 在学中に音楽学校でボイストレーニングを受け、
ダンスや音楽理論を学んだのち、
2000年くらいから東京都内のクラブシーンで音楽活動を開始した斎藤さん。
 
2002年から ニューヨークトロント に滞在、
現地のクラブシーンで経験を積み、
帰国後首都圏のシーンでインディーズアーティストとして活動。
2006年、
メジャーデビュー を果たします。
 
毎年着実にアルバムをリリース、
じわじわと認知度を上げる中、
2009年のシングル 「My measure」 がドラマ 「ギネ 産婦人科の女たち」の主題歌 に起用されスマッシュヒット。
 

 
その後もヒットを積み重ね、
2012年には初の 単独武道館公演 を敢行しました。
 
ミュージシャンや俳優など、
有名人が政治家になる例は過去にも現在にも多数ありますが、
そのほとんどの方は、
たとえば元SPEED今井絵理子参議院議員 のように過去に大ヒットした方や、
アントニオ猪木参議院議員 のように現在も活動していますがすでに ピークは過ぎた方
 
斎藤さんの例が特異なのは、
かなり有名でヒットしているシンガーであり尚且つ今、
ミュージシャンとしてまだまだキャリアのど真ん中、
これからという時期にあるということ。
 
斎藤さん、
なぜ都議に立候補しようと思ったのでしょうか?
 

スポンサードリンク





 

斎藤礼伊奈 政治家を志した理由と基本政策

 
2016年、
アーティスト活動の最中、
小池百合子 都知事が主宰する政治塾 「希望の塾」 に入塾した斎藤さん。
 
もともと政治に興味があり、
早稲田大学でも政治学科で学び、
アーティストとして運営するブログでもたびたび国際政治にまでその域を広げ論ずることもあったそうです。
 

 
「もともと東京都民で政治に興味があった。去年、小池氏が都知事選に立ったころから“東京都が本当に変わるかもしれない”と大きな期待を抱いた。小池氏が1人で始めた東京大改革をボランティアでもなんでも自分の地元で手助けできることがあればと思い、希望の塾の門をたたいた。自分がやりたいのは子育て政策や教育問題だ」
 
出典:http://www.sankei.com/premium/news/170604/prm1706040025-n1.html
 

 
斎藤さんは 一男一女を持つ母親 でもあり、
自身も保育園の 待機児童問題に悩んだ経験がある そう。
自身の経験から感じていることに根ざした 子育て政策・教育問題 を軸に、
シニア・高齢者 のためのまちづくり、
LGBTの方を含め、
誰もが自分らしく活躍できるためのまちづくり を基本政策にあげています。
 
都議選出馬の理由としては次のようにインタビューで語っています。
 

 
「いろんな問題を抱えている方から意見をもらって、曲を作って元気づけてきた。でも音楽だけではどうしても変え切れないところが多々あるので、自分ができることがあればやりたいと思ったのが、出馬のきっかけだ」
 
出典:http://www.sankei.com/premium/news/170604/prm1706040025-n1.html
 

 
斎藤さんにとって都議として政治活動することは決して唐突なことではなく、
これまでやってきたことの延長線上であり、
自身のライフワークの一つであるようですね。
 

斎藤礼伊奈 物議を呼んでいる”パンツ被り画像”と大麻推進疑惑

 
そんな斎藤さんですが、
前述の通り 「パンツ被り」画像 が流出し、
早速逆風が吹いている感があります。
 
ネットの反応もなかなか痛切。
 


 
週刊新潮により過去のブログに件の画像が掲載されていることが報じられたのですが、
それと同時に
「日本政府がアメリカに前習えでなんであんなにガンジャに目くじら立ててるのか分からない」
というブログ記事も引用され、
ガンジャ(大麻)を推進 するつもりか?
という疑惑も報じられています。
 
筆者個人的には。。。
パンツに関してはこれがどういう状況で撮られた写真なのか、
どういう意図で掲載されたものなのかがわからないのでなんともコメントしづらいですが、
政治家として活動を始める随分以前のものであり、
どんな状況であれこのこと自体が別に悪いことではないので、
「どうでも良い」 もののように感じますね。
 
週刊新潮の記事では”「小池チルドレン」のポンコツ議員たち”として 横領・情報漏洩疑惑 がある 平慶翔(たいら・けいしょう) 議員と並べて取り上げられているようですが、
全く質の違う、
一緒に論じてはいけないものではないかと思います。
 
「大麻推進疑惑」 に関しても、
ブログの文言から感じられるのは アメリカに過剰に追従する日本政府の姿勢への批判 であって、
大麻自体をことさら推進しているようには筆者には感じられません。
週刊新潮が何かアラを探そうとしているだけのような。。。
 
 
とはいえ筆者も、
斎藤さんがどれくらいのことをやれる人なのか、
やる意思を持った人なのかは皆目見当がつきません。
 
音楽活動は休止し、
政治に専念するという斎藤さん。
 
スタートにはなかなかの逆風が吹いていますが、
その逆風を跳ね返すような今後の活動に期待し、
注目していきたいと思います。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スクリーンショット 2017-10-22 11.58.39
  2. ƒCƒ“ƒ^ƒrƒ…[‚É“š‚¦‚é–¯i“}‚Ì‘OŒ´½ŽiŽ‚Q‚W“úA“Œ‹žE‰i“c’¬
  3. 2013-12-18-k003
  4. Unknown
  5. img_news.aspx
  6. 561325

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。