橋本英教の経歴や評判!アル中と女性関係で更迭嘆願書の内容は?

この記事は3分で読めます

IMG_4875zx-1

 
自民党 「魔の二回生」
最近よく聞く言葉ですね。
 
自民党の当選二期目の議員たちが相次いで不祥事を起こしていることを揶揄する言葉。
 
武藤貴也(むとう・たかや) 議員の未公開株問題他諸問題、
宮崎謙介(みやざき・けんすけ) 議員の不倫問題、
大西英男(おおにし・ひでお)議員の性・職業他差別発言問題、
務台俊介(むたい・しゅんすけ) 議員の被災地おんぶ問題、
中川俊直(なかがわ・としなお) 議員の不倫・重婚疑惑、
そして直近の 豊田真由子(とよた・まゆこ) 議員の傷害・暴言問題。
 
そのどれもが、
国会議員だからというわけではなく、
一般の人だったとしてもゆるされない酷い所業。。。
 
そして、
さらにもう一人。
「魔の二回生」名簿に名を連ねるべき人がいました。。。
 
hashimoto-hi
 
岩手3区選出の自由民主党・ 橋本英教(はしもと・ひでのり) 議員。
週刊新潮が報じるところによると、
地元の支持者から 二階俊博(にかい・としひろ) 幹事長らに、
橋下議員の更迭を求める 「嘆願書」 が提出されたらしいのです。
 
。。。いやいや、
それって大概でしょう。。。
 
一体どういう人なのでしょうか?
 

スポンサードリンク





 

橋本英教の経歴は?

 
まずはプロフィールから。
 

 
橋本英教(はしもと・ひでのり)
 
1967年8月28日 岩手県大船渡市生まれ
 
大船渡北小〜大船渡中学校〜盛岡第一高〜慶應義塾大学商学部
 
電源開発〜玉沢徳一郎衆議院議員秘書〜尾身幸次衆議院議員秘書
 
2012年 衆議院議員選挙初当選
 
2014年 衆議院議員選挙再選
 

 
お父さんが市会議員ということで、
基本的な地盤を持ついわゆる 「ボンボン」 かと思いきや、
2度の衆議院議員選挙落選 の経験を持ち、
そればかりか 東日本大震災で事務所を津波に流された 経験を持つ 苦労人
 
会社勤めを経て、
玉沢徳一郎 衆議院議員、
尾身幸次 衆議院議員の 秘書 を経験後、
2012年3度目の衆院選挑戦で当選。
2014年に再選を果たしています。
 
自由民主党内では、
岩手県連会長代理
運輸・交通関係団体委員会の副委員長 を務めています。
 
経歴を見ると、
苦労しながら政治に取り組んできた真っ当な政治家のように思えるのですが。。。
 

スポンサードリンク





 

橋本英教 地元支持者たちから出された「嘆願書」の内容とは?

 
今回報道されている「嘆願書」ですが。。。
2016年秋、
「岩手選挙区第三支部長差し替えに係わる嘆願書」 という題で
自民党の 二階俊博(にかい・としひろ) 幹事長と 古屋圭司(ふるや・けいじ) 選挙対策委員長あてに出されたもので、
選挙区各市町村の支部長など8名の名前とハンコが押されたものだそうです。
 
その内容ですが、
橋本議員に対して
・議員としての 資質 はあるのか?
税金泥棒 の見本
・今後の岩手県自民党において 必要な人物なのか疑問 等かなりきびしく弾劾する内容となっており、
橋本議員を更迭して新たな候補者を立てて欲しい と嘆願するものだそうです。。
 
かくも厳しいことを綴られるとは、
橋本議員は一体日々どういうことをしていたのでしょうか?
 

橋本英教 アルコール漬けの日常と女性問題

 
自民党県幹部がいうには。。。
 
まず酒の問題。
「アル中」 といってもいいくらい、
日々アルコール漬けのようなのです。
 
公務がある時でも 朝からコンビニでビール を買い、
車の中で飲んでいる らしいのです。
 
。。。たしか、
運転しなくても車の中で飲酒するのはNGなんではなかったでしたっけ。。。?
 
週刊誌記者が6月下旬、
都内の小学校で行われた 都議選候補の応援演説会 に取材に訪れた時も、
赤ら顔で酒の匂いをプンプンさせていた とか。
 
大勢の人の前では匂い消しにガムを噛むため、
非常に態度が悪く見える、
ということも言われています。
 
そして女性問題。
2014年に再選した際に 選挙を手伝う中国人女性 がいたそうなのですが、
もともとは橋本議員が通う赤坂のクラブに勤めていた女性だとか。
就職の斡旋などをしているうちに親しくなり選挙を手伝うようになったそうです。
そして、
あろうことか、
橋本氏が住む 議員宿舎 の部屋に、
その女性の家財一式が運び込まれ、
しばしば宿泊していた こともあったようです。
 
結婚前の話なので、
不倫云々ではないですが、
議員本人と家族以外が議員宿舎に泊まることは明らかに 規則違反 だとか。
これが本当の話であれば、
気が緩んでいるというか国民をナメているというか。。。
 
ことの次第を週刊誌者が直撃取材すると、
「女性は中国に帰った。宿舎の規則は知らなかった。」
半ば 女性との関係と議員宿舎連れ込みを認める 発言。
 
繰り返しになりますが、
個人的には 規則があるないは関係ない と思うのですが。。。
 
嘆願書が出ていることは知らなかったようで、
「うるさいよ」
と言って逃げ去ったそうです。
 
 
さてさて、、、
またしても野党が自民党を追求するネタが増えてしまいましたね。
なんかこういうことばかりで、
肝心の 政治に関する議論は進んでいるのか 本当に心配になってきますが、、
 
今後の報道に注目していきたいと思います。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 20140222102242df5
  2. _90392616_gettyimages-82675557
  3. rubio
  4. AS20141224002310_comm
  5. img1467339539
  6. 90215a96

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。