ショーン・スパイサーってどんな人?炎上報道官の人柄や経歴は?

この記事は3分で読めます

img_news.aspx

 
こんにちは! Jakewonder です!
 
トランプ政権の発足からもうすぐ一ヶ月。
。。。一ヶ月とは思えないほど実に様々なことが起こり、
世界中に話題を提供しましたね〜!
 
個人的には、
トランプ政権のファーストインパクトは 大統領就任式 に関するこの人の 記者発表が炎上 したことでした。
 
WASHINGTON, DC - JANUARY 23:  White House Press Secretary Sean Spicer holds the daily press briefing in the James Brady Press Briefing Room at the White House January 23, 2017 in Washington, DC. Other than delivering a statement on Saturday critical of reporting about President Donald Trump's inauguration, this will be Spicer's first news conference at the White House.  (Photo by Chip Somodevilla/Getty Images)
 
ショーン・スパイサー ホワイトハウス報道官。
 
大統領就任式の翌日、
就任式の参加者の数に関して、
史上最大150万人 が来たと発言。
 
d923574c-03d0-4c00-8e2f-c9e9b98fd838
 
左がオバマ大統領就任式、
右がトランプ大統領就任式の航空写真。
 
調べるまでもない 明らかな嘘・誇張発言 にメディアは 大炎上
重ねて大統領側近の ケリアン・コンウェイ 氏が
「スパイサー氏の発言は 代替的真実
と発言したことが、
さらに火に油を注ぎました。
トランプ政権の特殊さを象徴するような幕開け、
記憶に新しいかと思います。
 
ショーン・スパイサー氏とは一体どんな人物なのでしょう?
経歴や人柄を示唆するエピソードなど、
いろいろとまとめてみたいと思います。
 

スポンサードリンク





 

ショーン・スパイサーの経歴は?

 
ショーン・スパイサー(ショーン・マイケル・スパイサー)氏は1971年9月23日生まれの現在 45歳
出身は ロードアイランド州バーリントン です。
 
仕事的な肩書きは 「政治ストラテジスト」
1990年代後半から複数の国会議員の下で働き、
2000年代には 米議会下院予算委員会報道担当共和党全国委員会広報責任者 を務めます。
 
2006年から2008年までは ブッシュ政権アメリカ通商代表部自由貿易担当広報官 を務めます。
貿易の複雑な交渉を行うセクションの広報官ですから、
相当なエリート と言って良いと思われます。
 
インターネットやPC関連にも詳しく、
2011年からは 共和党コミュニケーションディレクター という肩書きで、
SNS・WEBメディアへの対応プログラムの作成 を手がけます。
 
政府関係の報道官として 15年を超えるキャリア を重ねて、
2017年1月、
新たに発足したトランプ政権の ホワイトハウス報道官 に就任しました。
 

ショーン・スパイサー 「ホワイトハウス報道官」ってどんな仕事?

 
そもそも「ホワイトハウス報道官」ってどんな仕事なのでしょうか?
 
主な仕事としては、
政権の公式見解を発表し大統領の動静について語る こと。
 
日本でいうと 菅義偉 (すが・よしひで)氏が現在務めている 官房長官 のような役目ですね。
 
政権の顔役とでもいうべきポジション、
このポジションの人の印象=政権の印象となる、
かなり重要な役目と言えます。
 

スポンサードリンク





 

ショーン・スパイサーの人柄 象徴的なエピソード

 
スパイサー氏がまだ学生の頃の話。
 
学生新聞がスパイサー氏について取材したのですが、
その際にスパイサー氏の名前を誤植してしまったらしいです。
 
正しくは
Sean Spicer
これを
Sean Sphincter
と表記。
 
「Sphincter」というのは 「括約筋」 のこと。
つまり、
「肛門の筋肉」 のことです。
 
これに 大激怒 したスパイサー氏、
謝罪もなかったため学校側に学生新聞の休刊を要求。
かなり長いあいだ抗議をしていたらしいです。
 
このエピソードから、
スパイサー氏の プライドの高さ ということも読み取れるかもしれませんが、
まあ「肛門筋」と言われたら激怒するのは当然と言えば当然。
 
それよりも気にかかるのが、
学生新聞側からこんなあからさまな嫌がらせをされてしまう原因がどこにあったのか。
少なくとも絶対に好かれてはいませんよね?
 
普段からよほど嫌な奴だったのか、
取材時に嫌な対応をしたのか。。?
経緯が気になりますね。
 
そんなこともあってか、
スパイサー氏は 大のメディア嫌い
(報道官としては問題あるのでは。。?)
トランプ大統領の選挙キャンペーンでは「メディアは捏造ばかりでひどい」といったような口撃をし続けていたそう。
 
今度は自分が「捏造」してしまった わけですから、
そりゃ炎上しますよね。
恨みも買っているでしょうし。。。
 
ちなみにメディア嫌いにもかかわらず、
奥さんは元テレビプロデューサーらしいです。
 

ショーン・スパイサー 今後の言動に注目!

 
もともとは長年政府の広報を務めてきた能力ある広報マン。
件の大炎上は、
記者陣の期待の裏返しというのもあるのかもしれません。
 
メディアを嫌い、
あまり報道陣を前にして発言をしないトランプ大統領の代わりに、
この人の果たす役割はアメリカのみならず世界政治の上でも大きなものになると思います。
 
今後の言動に注目していきましょう。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. press_127184_01
  2. o-AHN-HEEJUNG-570
  3. 147809576752_20161102
  4. 33524
  5. e96a0377914bad934a122ec20da51619
  6. img_22ca34a1aaa2b74485c3342abc168d4c74155

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。