マリーヌ・ルペン(フランス国民戦線)の経歴!トランプ効果で大統領に?

この記事は3分で読めます

ea795002275ccfcd210d98dc29fa0e81-680x417

 
こんにちは! Jakewonder です!
 
ドナルド・トランプ氏のアメリカ大統領就任が近づいています。
 
トランプ大統領の誕生は 「トランプ・ショック」 と呼ばれる様々な混乱を世界中に巻き起こしていますが、
その中の一つに、
極右思想を持つトランプ氏が世界一の大国のトップに立つことが、
世界各国の 極右政治家の台頭 につながるのではないかという懸念があります。
 
2017年に大統領選挙を控えた フランス
極右的思想 を持つとされる政党・国民戦線 の党首であるこの人が次期大統領になる可能性が、
トランプ効果により無視できないものとなってきました。
 
Unknown
 
マリーヌ・ルペン 氏。
実父 ジャン=マリー・ルペン氏 が設立した政党・国民戦線の二代目党首です。
 
今回はマリーヌ・ルペン氏に関して、
いろいろと調べてみたいと思います!
 

スポンサードリンク





 

マリーヌ・ルペンの経歴は?

 
マリーヌ・ルペン氏は 1968年8月5日 にパリ郊外の ヌイイ・シュル・セーヌ で生まれました。
 
パリ大学 を卒業後 弁護士 に。
 
2003年に 国民戦線副党首 に選出され、
2004年 フランス地域圏選挙当選
本格的な政治活動を始めます。
 
同年 欧州議会議員選挙 に立候補し当選
2009年、2014年にも再選を果たします。
 
国民戦線の創始者であり実父でもあるジャン=マリー・ルペン氏の推薦もあり、
2011年には 国民戦線の党首 に。
2012年の大統領選挙では国民戦線の大統領候補者としては最高となる 得票率17%超 を獲得し3位となりました。
 
反移民反イスラム反EU を掲げ、
現在支持率は急上昇中。
2017年5月のフランス大統領選における有力候補の一人です。
 

マリーヌ・ルペンの国民戦線ってどんな政党?

 
そもそもマリーヌ・ルペン氏が党首を務める国民戦線ってどんな政党なのでしょうか?
 
1972年 にマリーヌ・ルペン氏の父親ジャン=マリー・ルペン氏がアルジェリア独立反対派などの右派勢力を集めて創設した国民戦線。
最初は弱小政党でしたが、
1980年代にフランスの経済が悪化するとともに勢力を広げました。
 
ジャン=マリー・ルペン氏が党首だった頃は特に 極右政党 の色が濃く、
その政策は 移民を制限 (ただしフランスの文化を尊重し保護する移民は拒まず)し、
犯罪者(特に麻薬犯罪者や性犯罪者、母親による児童虐待、殺人者、テロリストなど)には 寛容ゼロ の考え方をとり 死刑の復活 を唱えるなど。
国籍に関しては 血統主義 をとり、
伝統的な生活様式を保護 する姿勢を取っていました。
 
強い国粋主義 的な姿勢と ジャン=マリー・ルペン氏の暴言癖 もあり、
政権を担うような政党とは認識されてきませんでしたが、
マリーヌ・ルペン氏が党首になってからは 穏健路線 を模索。
基本的な政策や考え方は変わらないものの、
フランスの福祉国家モデルを擁護するなどして 左派の取り込みにも成功 しています。
 
2015年の パリ同時多発テロ 以来、
世論的にも移民排斥の風潮が高まり、
反移民をスローガンに掲げる国民戦線は、
テロへの不安を背景に支持を拡大。
 
現在では フランスの政権を担う可能性のある主要政党の一つになった と言っても過言ではないでしょう。
 

スポンサードリンク





 

マリーヌ・ルペン マドンナとの訴訟騒動とは?

 
フランスの政治家、マリーヌ・ルペン氏とアメリカの歌手・マドンナ 氏。
一見何の関わりもない二人ですが、
二人の間には過去に2度大きな諍いが起きています。
 
2012年のマドンナ氏の「MDNA」ワールドツアーでの出来事。
マドンナ氏は「Nobody Knows Me」のパフォーマンス中、
スクリーンに マリーヌ・ルペンの顔写真 を映し、
額にナチスの象徴である 逆鉤十字を浮かび上がらせる という演出を行ないました。
 
r-lepen-with-swastika-large570
 
マリーヌ・ルペン氏と国民戦線側はこれに激怒。
民事訴訟 を起こす意向を表明しました。
 
さらに2014年には、
EU議会選挙で国民戦線が大躍進を遂げたことについてマドンナ氏が ファシズムの台頭 を憂慮する旨の発言をtwitterで投稿。
これに対し国民戦線の副党首が、
「政治の世界でも ガガのおばあちゃん版 はもう過去の人」とtweetし応戦。
 
2015年にはフランスのテレビ番組で、
「ルペン氏を誤解していたようだ」 と対立を避けるような発言をしているマドンナ氏。
2017年の仏大統領選に向けて、
また何か発言や動きがあるのか、
注目されるところですね。
 

マリーヌ・ルペン 世界政治を左右する?仏大統領選に注目!

 
トランプ大統領の誕生で大きく揺れる世界政治。
イギリスのEU離脱も含め、
少しずつ築かれてきた第二次世界大戦以降の世界政治が、
今大きな変換を遂げようとしているのかもしれません。
 
そしてそのターニングポイントが、
2017年の仏大統領選挙になるかも?
 
今後の動向に注目していきたいと思います。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. DDVjOPPUQAQ1KPE
  2. 147809576752_20161102
  3. 20140222102242df5
  4. 5ef969feea415b84436017fbb18ea0f7505cfbaa.37.2.9.2
  5.  9月1日、オズボーン英財務相(写真)は欧州連合(EU)に批判的な見方を強めていることがわかった(2014年 ロイター/Luke MacGregor )
  6. f994c3699f3c19645dcfbf377a2a3faf

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。