上山信一(慶應教授)の経歴!橋下大阪の次は小池東京!評判は?

この記事は3分で読めます

2013-11-22_13-19-59_9

 
こんにちは! Jakewonder です!
 
豊洲新市場の盛り土問題など、
のっけからいろいろな問題の解決・処理に追われている 小池新都政
2016年9月1日に発足した 都政改革本部 に、
この人の名前があることが注目されています。
 
ph001
 
上山信一(うえやま・しんいち) 慶應義塾大学総合政策学部教授。
 
橋下徹・元大阪府知事のブレーン として活躍した上山氏。
橋下氏と小池氏は昵懇ですから、
橋下氏との綿密な話し合いの元ではあるのでしょうが、
大阪府政に続き東京都政にもこの人の力が大きく作用することになります。
 
上山氏とは一体どんな人なのでしょう?
経歴など色々と調べてみました。
 

スポンサードリンク





 

上山信一の経歴は?

 
上山氏は1957年大阪生まれ。
豊中中・高校を卒業後、
京都大学法学部 に進学。
卒業後は 運輸省 に入省します。
 
1983からの1年間、
アメリカ・ プリンストン大学 に政府派遣で留学し、
公共経営修士号 を取得。
 
1986年に運輸省を退官し、
マッキンゼー・アンド・カンパニー社 に入社します。
 
マッキンゼー・アンド・カンパニー社とは、
1926年に設立され、
アメリカに本社を置く 世界的なコンサルティング会社
世界60カ国に105以上の支社を持つコンサルティングファームとして知られています。
 
ここで世界最高峰の経営コンサルティングの実務を経験した上山氏、
1992年には同社の 共同経営者 に就任しました。
 
同社在籍中に 20社 に及ぶ 大企業の改革 を手がけ、
同時に行政にも一般企業と同じく「評価」と「経営」の考え方を導入することを提唱しました。
 
2000年に同社を退社して渡米。
アメリカ・ ジョージタウン大学 の教授、
そして 東京財団上席客員研究員 として 政策と行政改革の研究 に本格的に取り組みます。
 
2003年に帰国したのち、
慶應義塾大学大学院特別研究教授大阪市立大学大学院特任教授 を務め、
2007年に 慶應義塾大学総合政策学部 の専任教授に。
大学教授としての職務と並行し、
首長政治家
経営者 のアドバイザーとしても幅広く活躍中です。
 
2006年から2008年までは 大阪市役所市政改革推進会議委員長 をつとめ、
2008年4月からは 大阪府特別顧問 に就任。
この辺りから当時の 大阪府知事・橋下徹氏のブレーン として活躍、
2011年6月からは 大阪維新の会政策特別顧問
2011年12月からは再び 大阪府特別顧問
そして 大阪市特別顧問 も並行して務めました。
 
2012年4月からは、
愛知県政策特別顧問 も務めるほか、
様々な 地方自治体の指南役 として活躍中です。
 
今回の都政改革本部入りで日本の 三大都市・東名阪全ての政治に携わる ことになった上山氏。
日本の地方政治を創り上げるスペシャリスト と言っても過言ではないかもしれません。
 

スポンサードリンク





 

上山信一 その手腕と評判は?

 
前述の通り上山氏はマッキンゼー・アンド・カンパニー社在籍時に 多数の大企業の改革を成功 させ、
退社後は主に 自治体・政府機関などの改革 を手がけてきました。
その数は本当に膨大なものになるのですが、
何と言っても最も大きな実績は橋下氏の参謀として取り組んだ 大阪の再生 でしょう。
 
大阪都構想が住民投票で否決されたことにより、
橋下府政・市政の実績に関しての印象はかなり弱いものになってしまった感がありますが、
あまりメディアに取り上げられない市井レベルの改革(たとえば大阪市バスの黒字化、地下鉄の電車運転時間延長など)を数多く成功させており、
市民・府民からはかなり高い評価 を得ているようです。
 
一方、
webで上山氏の評価を探ってみると、
特にTwitterでのバッシングがかなり目立ちます。
うーんなるほどというものから子供の悪言みたいなものまで様々であり、
サイレントマジョリティー的な視点で見るとこれにより上山氏の評価を考察するべきではないかもしれませんが、
強い反対派 がいることは確か。
でも考えてみると、
裏方である上山氏がこれだけ関心を持たれているという事実が、
上山氏の実力を証明しているかもしれないですね。
 

上山信一 小池都政を成功に導けるか?

 
築地市場移転を含む、
東京オリンピックに向けての施設整備、
膨らむ財政、
待機児童問題。。。
 
前の前の都知事くらいからの課題山積みの都政、
小池都知事はどこまでクリアにしていけるのか。
小池都政の可否は、
この上山氏にかかっていると言っても言い過ぎではないかもしれませんね!
 
今後の動きに注目していきたいと思います。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 5ef969feea415b84436017fbb18ea0f7505cfbaa.37.2.9.2
  2. 6
  3. w700c-ez_f5c3e1a3c6e9f4a9fa23d423cc046a079b2f798631d79dc2
  4. スクリーンショット 2017-07-03 0.44.17
  5. AS20141224002310_comm
  6. dsc7170

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。