ドゥテルテのすごい政策や発言!フィリピンのトランプ!実績や評価は?

この記事は3分で読めます

mayor-duterte-not-running

 
こんにちは! Jakewonder です!
 
米・フィリピン首脳会談急遽延期 となるという非常事態が起こり話題となっています。
原因は フィリピン大統領 であるこの人の発言。
 

 
その暴言の数々から 「フィリピンのトランプ」 とも呼ばれている ロドリゴ・ドゥテルテ フィリピン大統領。
ドゥテルテ大統領の政策の一つを「人権問題として懸念している」としたアメリカ・オバマ大統領 を会見で 「ゲス野郎」 呼ばわり(実際はもっとひどい言葉だそう)し罵倒。
これを受けオバマ大統領は 「建設的な会談ができるか否か調査が必要」 として急遽予定されていた首脳会談を延期したそうです。
 
ドゥテルテ大統領とはどんなひとなのでしょう?
いろいろと調べてみました。
 

スポンサードリンク





 

ドゥテルテの経歴!

 
ドゥテルテ氏は1945年3月28日、
法律家の父と学校教師の母の間にフィリピンの レイテ島 で生まれ、
幼少期に ダバオ市 に移りました。
 
大学卒業後、
ダバオ市で 検察官 として働いたあと、
1988年に ダバオ市長 に選出。
フィリピンには4期以上の連続当選を禁止する法律があるため、
下院議員や副市長を歴任しつつ7期の間市長職を務め、
2016年に 大統領選 に出馬。
2016年6月30日、
第16代のフィリピン大統領に就任 しました。
 

ドゥテルテのとんでもない政策とは?

 
そんなドゥテルテ氏、
ある政策が 人権蹂躙 にあたるとして前述のオバマ大統領や国際連合をはじめとして世界中の有識者の注目と批判を集めています。
 
それはいわゆる「超法規的殺人指令」
麻薬犯罪に関わる容疑者を裁判にかけることなく 逮捕の現場で射殺 する許可を警察に与え、
警察だけではなく 一般人が麻薬に関する犯罪者を殺すことをも許す
衝撃の政策です。
 
殺人を許可するだけではなく、
報奨金 を出して 殺人を奨励 するものでもあります。
警察官に関しては、
麻薬組織幹部 を殺害した場合約1000万円
密売人 を殺害した場合 約600万円
末端の密売人 を殺害した場合約10万円 という報奨金が、
一般人に関しては、
一人殺害するごとに4〜5万円程度 の報奨金が出るとのこと。
 
これにより 一般の主婦が「殺し屋」に転身 したり、
殺されるより刑務所に入った方がマシだと考える麻薬犯罪者が一斉に自首し、
定員800人の刑務所に3800人が収容 され超混雑状態になったりという異常事態が発生しているとのこと。
 
この政策により、
市長を務めていたダバオ市はフィリピン有数の危険な街から 「東南アジア一治安の良い街」 と呼ばれるまでになるなど、
目に見える実績を挙げているそうです。
 
通常こういった圧政には国民の大きな反発が起こるものですが、
ドゥトルテ氏の場合、
国民の91%が「信頼できる」としてその存在を支持
なんと 「Détente Fighting Crime」 という、
ドゥトルテ氏を模したキャラクターが犯罪者を撃ちまくるというゲームまでできてしまうほどの人気だとか。
 
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-11-14-15-59
 
外から見るとこの高すぎる評価は理解が難しいですが、
フィリピン国民にしかわからない、
強烈なカリスマ性 があるのかもしれませんね。
 

スポンサードリンク





 

ドゥテルテ トランプ以上のすごい発言集

 
前述のオバマ大統領への「ゲス野郎」発言のみでなく、
ドゥテルテ氏は数多くの衝撃的な発言をしています。
 

「国連がそんな無礼な態度をとるなら我々は脱退するだろう。お前らは愚かだ。お前らが正しいのなら世界中の戦争はとっくに無くなっている。」

 
犯罪者の摘発や超法規的殺害があまりにも強権的だと 国連 から非難された際の発言。
かなり怒り心頭です。
 

「空港で恐喝している奴らに弾丸を飲ませてやる。
腹に弾丸が食い込んで入院したら、病院に行って酸素呼吸器を抜いてやる。」

 
市長時代、
テレビの市政広報番組にて。
放送禁止用語も連発
「ピー」音が何度も鳴ったそうです。
 

「ホテルから空港まで5時間もかかった。理由を尋ねたら、ローマ法王がきてるからだというんだ。法王に電話して言ってやりたかったね。『とっとと帰れ。二度と来るんじゃねえ』って」

 
のちに撤回、
謝罪したらしいですが、、、
 
恐ろしすぎる暴言の数々 ですねww
 

ドゥテルテの今後の動向に注目!

 
日本にとってもアメリカにとっても、
南沙問題 等において重要な鍵を握っているフィリピン。
 
一連の暴言等々強気な姿勢は、
フィリピンが最大限の国益を得るためのドゥテルテ氏のパフォーマンスであるとも言えます。
 
ドゥテルテ氏が今後どういう政策をとりどういう発言をしていくのか、
ますます注目していきたいと思います!
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. img1467339539
  2. 13-0331g
  3. 20091228_01
  4. Žs–ðŠ“à‚Å‹LŽÒ’c‚ÌŽæÞ‚ɉž‚¶‚é•ŸˆäŒ§‚ ‚í‚çŽs‚Ì‹´–{’B–çŽs’·‚P‚Q“úA•ŸˆäŒ§‚ ‚í‚çŽs
  5. DG1SilyUQAIWpb6
  6. スクリーンショット 2017-06-22 8.14.04

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。