稲田朋美(防衛相)の出身や経歴!メガネの理由は?名言や歌も!

この記事は4分で読めます

press_127184_01

 
こんにちは! Jakewonder です!
 
第3次安倍改造内閣 がスタートしました。
世論の安倍内閣評価はケンケンガクガク、
賛否両論ありますが、
今回の内閣改造は概ね好評、
支持率はどうやら上昇傾向にある模様です。
 
今回の目玉人事は何と言ってもこの人でしょう。
 
Unknown
 
稲田朋美(いなだ・ともみ) 防衛相。
女性初の首相候補と言われて久しい、
自民党細田派の衆議院議員です。
 
今回はこの細田氏に関して、
色々と書いてみたいと思います。
 

スポンサードリンク





 

稲田朋美の経歴は?

 
まずはプロフィールから!
 

 
1959年2月20日 福井県今立郡今立町(現:越前市)生まれ
 
京都府立乙訓高校→早稲田大学法学部→弁護士
 
尊敬する人物 西郷隆盛
 
血液型 AB型
 
趣味 料理、読書、映画鑑賞
 
座右の銘 「高邁な精神で決断し、断固として行動する」
 
家族 弁護士の夫と一男一女
 

 
稲田氏は1959年、
福井県今立町 で生まれました。
和紙の生産で有名な土地ですね。
 
高校は京都の 乙訓高校 へ進学。
早稲田大学法学部 へと進みます。
 
弁護士を志し猛勉強、
弁護士資格試験に一度失敗しますが、
一日16時間の猛勉強で二度目の受験で合格。
司法修習生を経て 弁護士 としてのキャリアをスタートしましたが、
早い時期に結婚し二人の子供を出産。
弁護士としての仕事は開店休業状態で、
子育てに執心していたそうです。
 
転機は思わぬところから訪れます。
主婦として家事や子育てに従事する中、
時間にわりと余裕がある毎日だったそうで、
旦那さんが購読していた産経新聞や雑誌『正論』を読むようになり、
雑誌や新聞投書を重ねるようになります。
 
この投書がきっかけで、
南京大虐殺に関する名誉毀損裁判 を手がける弁護士から声をかけられ、
いわゆる 「百人斬り」報道名誉毀損裁判 を闘うことになりました。
 
弁護士としての素養はもちろんあったものの、
投書に端を発した平凡な主婦から一線の弁護士への飛躍。
人生、
何が転機になるかわかりませんね。。。
 
さらに稲田氏の人生は転がります。
 
2005年、
自分が関わった裁判に関しての自民党の勉強会へ、
当時幹事長代理だった 安倍現首相 からの講演依頼が舞い込みます。
これが縁となり、
安倍氏からの誘いを受けて 2005年 地元福井から 衆議院議員選に立候補し当選
4回の再選を重ね、
現在も衆議院議員として活躍中です。
 
2012年末からの第2次安倍内閣では 内閣府特命担当大臣 を務め、
2016年8月3日に発足した第3次安倍第2次改造内閣では、
女性として二人目となる防衛相に就任 しました。
 

スポンサードリンク





 

稲田朋美のメガネ その理由が秀逸!

 
稲田氏と言えば、
メガネをかけている理知的な女性というイメージがあります。
その時々でいろんな雰囲気のメガネをかけていて、
なかなかオシャレですよね。
 
でも実は、
稲田氏は視力が非常に良くて、
かけているのは 伊達メガネ なんだそうです。
 
なぜ伊達メガネをかけているのかというと、、、
 
稲田氏の出身地・福井県は国内のメガネフレーム製造シェア実に9割を誇る一大メガネ生産地。
地元である越前市近辺はとくにその生産元が集結している土地なのですね。
 
隣接する鯖江市には「めがねミュージアム」なるものが存在したり、
 
Unknown-1
 
山肌にめがねの大きな看板が設置されていたりするほど。
 
Unknown-2
 
稲田氏が伊達メガネをかけているのは、
地元の特産品であるメガネフレームを全国にPRするため だそうです。
 
なかなかの戦略!
しかも結構功を奏しているように感じます。
 

稲田朋美の名言!

 

 
「真の改革とは、明治維新がそうであったように、伝統を守りながら創造すること」
 

 

 
「伝統なき創造は空虚、創造なき伝統は枯渇」
 

 
いずれも稲田氏のオフィシャルサイト掲載の「政治理念」より。
 
稲田氏の転機となった出来事がいわゆる「南京大虐殺」事案から日本人の名誉を守ることであったことからもわかるように、
稲田氏の一貫した姿勢として 日本の伝統・歴史へのリスペクト ということがあります。
 
それは単純に思想が右寄りであるという言葉で片付けることもできるかもしれませんが、
政治家として何かをなさんとする人は、
こういう精神的な支柱を持っていることが一番大切なのかもしれませんね。
 

 
「日本は単に経済大国としてだけではなく、道義大国を目指さねばなりません」
 

 
これも「政治理念」より。
 
話の規模はちょっと違うかもしれませんが、
私自身もリオオリンピックの柔道を見ていて改めて感じたことがあり、、、
 
日本代表の選手は、
畳の上であまり表情を表に出しません。
特に勝利の瞬間、
他国の選手が喜びを爆発させるのに対して、
日本人選手は驚くほど冷静。
 
「日本人は感情表現が下手だ」
とよく言われますが、
柔道においてのこれはそういう国民気質に根ざしたものではなく、
「負けた相手への感情的配慮」という日本人としての根本的な道義によるものだと私には思えます。
 
スポーツにおいての感情表現に関しては一概に良し悪しを論じられるものではありませんが、
柔道に見るこの「日本人の道義観」って、
おそらく他の国にはないものですよね。
 
そういう日本人としての感覚は大切にしなければならないなと、
個人的に強く思っています。
 

稲田朋美の歌「正しい政治」って?

政治家の皆さんには、
まれにテーマソングのようなオリジナルソングをお持ちの方がいらっしゃいますが、
稲田氏にも オリジナルテーマソング があるのをご存知でしょうか?
 

 
「正しい政治」
作詞作曲は すぎやまこういち 氏。
ドラクエのテーマからガッチャマンのテーマ、
帰って来たウルトラマンのテーマなど、
聴けば誰もが知っているような数々の名曲を作曲した大家。
 
こういう曲ってどういう経緯で作られるんでしょうね。。?
支援者が作曲家にお願いして作るのか、
本人が依頼するのか、
作曲家が支持するために自ら作るのか。。。
 
一度聴いたら忘れられない、
妙に耳に残る曲ですね。
 

稲田朋美の今後の活躍に注目!

 
第3次安倍改造内閣の目玉人事として防衛相に就任した稲田氏。
先の小池百合子都知事誕生と併せ、
女性パワー の台頭が目立ちますね。
 
いずれもあまり周囲の思惑を介さず、
徹底的に持論を展開する強さを持った人、
というイメージが個人的にはあります。
 
このあと、
日本の政治がどう変わっていくのか。
そこに稲田氏の存在がどう関与していくのか。
 
今後の展開から目が離せないですね!
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. Unknown
  2. 81aa2553
  3. IMG_4875zx-1
  4. AS20141224002310_comm
  5. img1467339539
  6. 13-0331g

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。