マルコ・ルビオは親日派のヒスパニック系共和党候補!水で失敗?政策は?

この記事は4分で読めます

rubio

 
こんにちは!
 
「政治家」にまつわる思い出というと、
駅前で街頭演説していたアントニオ猪木氏に ビンタで気合い注入 してもらったことが真っ先に思い浮かぶ Jakewonder です!
 
アメリカ大統領選 の予備選挙がいよいよ始まりました。
 
特に北朝鮮や中国との関係性においてアメリカという国は依然日本にとってものすごく大きい存在。
 
大統領がどういう人かというのは 日本の将来に直接影響 することでもあり、
やはり選挙の行方は気になりますね。
 
今回は共和党にトランプ氏という強烈な個性の持ち主がいることもあり、
さらに注目度はアップしています。
 
その共和党に、
トランプ氏の影に隠れてあまり目立たないものの、
民主党を打ち負かすことのできる唯一の候補 と目されている人がいます。
 
800px-Marco_Rubio,_Official_Portrait,_112th_Congress
 
マルコ・ルビオ 氏。
フロリダ州出身の上院議員、
まだ44歳の若き大統領候補です。
 
いったいどんな人なのでしょうか?
 

スポンサードリンク





 

マルコ・ルビオの経歴や家族は?

 
マルコ・ルビオ氏は1971年、
フロリダ州マイアミで キューバからの移民 である両親の間に生まれました。
 
生粋の ヒスパニック系 で、
スペイン語も堪能だそうです。
 
家庭は裕福というわけではなく、
大学にはフットボール奨学金で通い、
10万ドルにも及んだ教育ローンを返し終えたのはついこの間、
2012年のことらしいです。
 
なんかこのエピソードを知っただけでもついつい応援したくなっちゃいますね(笑)
 
マイアミ大学で法務博士の学位を取得し、
弁護士 となったルビオ氏は2000年、
フロリダ州下院議員 に初当選。
2010年には アメリカ上院議員 選に圧勝で当選し、
次期大統領候補として注目されるようになりました。
 
27歳の時にNFLマイアミ・ドルフィンズのチアリーダーだったジャネット・ドゥスデベスと結婚、4人の子供がいます。
 
兄弟は兄、姉、妹がいますが、
お姉さんと妹の結婚相手がなかなか特徴的。
 
姉バーバラの夫は麻薬密輸団の元メンバーで、
結婚後逮捕収監されてしまいますが、お姉さんは離婚せずに出所を待ち、今は平和に暮らしているそうです。
妹ヴェロニカは高校生の時に歌手・俳優のカルロス・ポンセと結婚。
その後離婚してしまいましたが、4人の子供がいるとのこと。
 
なんとも映画のような、
ドラマティックな家庭!
 
自身も4人兄妹、自分の子供も4人、妹の子供も4人というのも何か不思議な符合ですね。。。
 

マルコ・ルビオの政策は?日本にとってどうなの?

 
そんなマルコ・ルビオ氏、政策はどうなのでしょうか?
 
基本的には共和党らしく 保守派
「強いアメリカ」 を掲げ、
伝統的家族観の復権 を目指し、
銃規制に反対 の姿勢をとり、
中国に対しては強硬姿勢 を打ち出しています。
また、
同性結婚に対しては明確に反対の立場を取っています。
 
日本に対しては非常に友好的 と言えます。
安倍首相と対談したことがあるのですが、
安倍首相のとる自衛隊の拡充と中国の拡大主義的土地政策への対処を評価する発言をしており、
また2015年には 「尖閣諸島は日本の領土である」 との発言もしています。
 
日本にとって根本的に良いことかどうかは議論の余地があるところでしょうが、、、、
仮にマルコ・ルビオ氏が大統領になったとしたら、
日米の安全保障体制が今より強固に なることは間違いないでしょうね。
 

マルコ・ルビオの「水飲み事件」ってなに?

 
マルコ・ルビオ氏をグーグル検索すると、
「水飲み」 とか「ウォーターゲート」とかいうワードが出てきます。
 
気になったので調べてみました。
 
大統領が所信表明演説をすると、
すぐ後に対抗政党が返答演説をする習わしがアメリカにはあるらしいのですが、
2013年2月のオバマ大統領所信表明演説では返答演説にルビオ氏が登壇しました。
 
この際に演説の途中で水を飲もうとしたのですが、
思っていたところにペットボトルがなく、
水を飲む所作がいささか 威厳を欠いた不自然なもの になってしまいました。
 

 
この姿が翌日メディアで大々的に取り上げられ(要はからかわれたのですね)、
まだ新人であまり知名度のなかったルビオ氏は良くも悪くも全国的に有名になったようです。
 
日本人の目から見ると、
 
「これがどうかした?」
 
って出来事なのですが、
アメリカではこういう些細な失態が 命取り になることもあるらしく、
ルビオ陣営は事態の収拾に奔走したらしいです。
 
いろんな人種がいて、
いろんなものの見方をする人がいる、
アメリカならではのエピソードと言えるかもしれないですね。
 

マルコ・ルビオは共和党代表を勝ち取れるか?大統領選の行方は?

 
大統領への道のりとしては、
まずは共和党の代表となることです。
 
いまのところ話題のドナルド・トランプ氏、
テッド・クルーズ氏が一歩リードしている感があるものの、、、
 
個人的な印象ですが、
トランプ氏はなんとなく本当に自分が大統領になるとは思っていないように見えますし、
クルーズ氏もなかなかに懸念される問題を抱えていそうな、
一癖も二癖もありそうな人物。
 
希望に満ち溢れた 若いルビオ氏が代表に選出される可能性は十分にある のではないかと思います。
 
大統領選に関しては 移民層の支持 を勝ち取れるか否かが大きなポイント。
ヒスパニック系であるルビオ氏はこの点において有利かと思いきや、
移民法関連で この層からの反発 を買った過去があり、
なかなか予測が立たないというのが現状のようです。
 
いずれにせよ、
11月まで熾烈な争いが続く米大統領選。
ドナルド氏が次にどんな発言をするのかも含め、
目が離せませんね!
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 

※その後、、、
フロリダ州予備選挙での敗北で大統領選撤退を表明してしまいましたね。。
共和党で唯一?正統派のまっとうな政治家かと思っていたので残念。
今後の活躍に期待しましょう。。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. DDVjOPPUQAQ1KPE
  2. メラニア トランプ
  3. mainphoto-1
  4. L1_11-24
  5. IMG_4875zx-1
  6. 33524

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。