感染性胃腸炎が流行!症状やうつり方は?効果的な予防法とは?

この記事は2分で読めます

bd8de14ac6b6725bac556ab44f057479

 
こんにちは! Jakewonder です!
 
この前まで暖かかったのに、
いきなり寒くなりました。。。
東京では64年ぶりに11月に積雪があったり、
季節はもうすっかり冬ですね。。
 
2016年冬、
「感染性胃腸炎」 が10年に一度レベルで大流行しそうとのこと!
 
srsv
 
よく聞く病名のような、
でもどんな症状なのかあまりわかっていないような。。。
 
ということで今回は「感染性胃腸炎」に関して、
その症状や予防法、
治療法などなどいろいろと調べてみました。
 

スポンサードリンク





 

感染性胃腸炎とはどんな病気?

 
そもそも感染性胃腸炎ってどんな病気なのでしょうか?
 
感染性胃腸炎とは 病原微生物により引き起こされる胃腸炎 のこと。
急性胃腸炎と違い、
原因がはっきりしていて他者にうつる可能性のあるものを指すようです。
 
病原微生物としては、
ノロロタアデノ などの ウイルス や、
病原性大腸菌サルモネラキャンピロバクター などの 細菌 が代表的です。
 
症状は病原微生物によっても異なってきますが、
突然始まる 嘔吐下痢
筋肉痛頭痛 など。
高齢者や乳幼児などは重篤な状態に陥る危険性もあります。
 
潜伏期間はウイルスで1〜2日間、
細菌だと数時間で発症することもあるそうです。
 
発症から症状緩和までは少なくとも 2〜3日
長いと 10日 くらいに及ぶ例もあります。
体内のウイルス・細菌は 一ヶ月近く残る 例もあるので、
一度感染してしまうと非常に厄介ですね。。。
 

感染性胃腸炎のうつりかたや予防法は?

 
感染性胃腸炎の主な感染経路は、
ウイルス・細菌が付着した食物を 直接食べてしまう こと、
ウイルス・細菌が付着した場所を手などで触ることで目や口・鼻などから体内に入る 接触感染
ウイルスの場合は 飛沫感染(空気感染の可能性も指摘されています) などがあります。
 
その中でもダントツで感染例が多いのが 接触感染
食べ物の摂取による感染や飛沫感染(空気感染)はある場合においては防ぎようがないかもしれませんが、
接触感染を防ぐためには、
原始的ではありますがおむつ交換、トイレの後、食事前の 正しい手洗い がやはり最も有効なようです。
 
正しい手洗いとは、、、
石鹸 を使い、
指先・指の間・手首まで念入りに、
目安として 30秒間 行うこと。
これでウイルスは 1/100にまで減少 するそうです。
さらに、
手洗いの後家族内で同じタオルを使うとウイルスが広がる可能性があるので、
ペーパータオルなど使い捨てのものを使うのが良いと言われています。
 
基本的には正しい手洗いをこまめに実行するしかないのですが、
ノロウイルスの感染予防に関しては静岡県で 新しい発見 が発表され話題になっています。
 
それは紅茶のポリフェノールに含まれる 「テアフラビン類」
これがノロウイルスの感染力を 1/1000 にまで弱めることができるとした研究結果が発表されました。
商品化に向けて動き始めているとのこと、
天然由来の安心・安全なものなので今後のニュースに注目ですね。
 

感染性胃腸炎 正しく予防して楽しい年末年始を。。。

 
クリスマス・年末・お正月と、
これからいろいろと楽しい行事が目白押し。
食べ物も美味しく、
素晴らしい季節です。
感染性胃腸炎で一ヶ月ダウン、
なんて考えただけでもゾッとしますね。。。
 
正しい予防法でウイルスや細菌をシャットアウトし、
元気に年末年始を過ごしたいですね。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. remremre-mu-620x353
  2. 20_1
  3. Unknown
  4. 1384293749019576500
  5. ヴィンテージスカジャン
  6. top-flash

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。