渡邊伸一(北海道栄高野球部監督)顔画像や経歴は?体罰の理由がヒドい?

この記事は3分で読めます

KP10119140616607

 
高校野球の不祥事 が相次いでいます。
 
つい先日は東北の強豪・ 仙台育英高校の野球部員の喫煙・飲酒 が明らかになり、
無期限活動休止 となってしまいましたが、
部員だけでなく 指導者の不祥事 も相次いでいます。
 
記憶に新しいのは千葉県の 暁星国際高野球部監督・中川将志 氏の 部員へのセクハラ疑惑 ですが、、
 

 
今回、
また指導者の不祥事が明らかになりました。
 
今度は体罰。
北海道の強豪校・北海道栄高野球部監督渡邊伸一(わたなべ・しんいち) 氏が、
自らが受け持つ授業中、
3年生の野球部員の 腹を蹴ったり、
顔を平手打ちしたりする
などしたかどで 3ヶ月の停職処分 になりました。
渡邊氏は11月21日付けで 監督を辞任
学校側は北海道高野連に事実を報告したそうです。
 

スポンサードリンク





 

北海道栄高校とは?

 
北海道栄高校は北海道南部、
苫小牧と登別のちょうど中間あたり、
北海道白老郡白老町緑丘4-676に所在する 男女共学の私立普通校 です。
 
スクリーンショット 2017-12-07 16.39.55
 
1964年に 北海道日本大学高校 として開校、
1987年に 北海道桜丘高校 に名称を変更、
2000年に運営が学校法人北海道佐藤栄学園に移管されたことで現在の名前になり、
2016年には学校法人京都育英館に運営が移管されています。
 
50年を越える歴史をもつ学校なんですね。
 

渡邊伸一の顔画像や経歴は?北海道栄高野球部の成績は?

 
渡邊氏の年齢は現在 45歳
学校のHPに掲載されていた顔画像がこちらです。
 
kantoku
 
渡邊氏は兵庫の名門・ 報徳学園高校 の選手として1989年の第61回選抜高校野球大会に出場。
北海道栄高の監督は 2001年 から勤めています。
 
余談であり偶然の一致ですが、、、
前述の暁星国際高校の中川氏も報徳学園の出身ですね。
 
翌年には秋季大会でチームを全道ベスト8に導き、
監督就任6年目には北海道栄高校となってからは 初の甲子園、
選抜大会への出場を達成
しています。
 
その後、
甲子園出場は成し遂げていませんが、
毎年のように北海道大会で上位進出。
2017年の秋季大会でもベスト4進出を果たすなど、
常に甲子園を狙えるチーム に育て上げてきた渡邊氏。
 
非常に残念な事件です。
いったいなぜそのような体罰に及んだのでしょうか?
 

スポンサードリンク





 

渡邊伸一 体罰の理由は?

 
報道によると、
渡邊氏が体罰に及んだのは自身が担当する授業中。
 
3年生の部員が、
進学などのためにアルバイトに就く許可を学校側に申請している ことを知って、
授業中に当該生徒に不満を伝えるなかで 激怒 したそうです。
 
。。。なぜ?
という感じですよね。
 
3年生の部員ということはもう部活は引退しているはず。
1,2年生の部員に対して、
ということであればまだ分かる気もしますが、
既に引退した部員、
しかも学校に黙って校則を侵してアルバイトをしていた、
ということではなく、
進学のためという正当な理由があって、
正当に学校に許可申請していた生徒に対して、
なぜ激怒しなければならなかったのでしょうか?
 
もちろん、
生徒の態度が悪かった、
とか、
それ以外の理由があったのかもしれません。
しかし、、、
 
野球部の指導においては、
生徒にかなり忍耐を強いていると思いますし、
忍耐の大切さも説いているはず。
何があっても、
手を出すのは避けて欲しかったですよね。。
 
筆者は高校野球ファン、
北海道栄高校の甲子園でのプレイも覚えています。
渡邊氏の手腕あっての活躍でしょう。
それなのに、
忍耐が足りず手を出したことで、
15年以上かけて築き上げてきたものがゼロになってしまうなんて、、
 
なんともやるせない事件ですね。。。
 
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スクリーンショット 2017-10-08 9.55.23
  2. スクリーンショット 2017-12-04 14.49.00
  3. 250px-Tomioka_Hachiman-gu_201708
  4. スクリーンショット 2017-10-21 13.14.08
  5. スクリーンショット 2017-11-27 23.41.32
  6. スクリーンショット 2017-10-19 18.14.03

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。