山埜井福太郎(Googleメール詐欺)顔画像!カード情報入手手口は?

この記事は2分で読めます

スクリーンショット 2017-12-06 13.05.44

 
本当に色々な手口を思いつくものですね。。。
 
大手検索サイト 「グーグル」を装ったフィッシングメール を送り、
不正に他人の クレジットカード情報を入手 したとして、
34歳の男 が逮捕されました。
 
逮捕されたのは 住所不定・無職山埜井福太郎(やまのい・ふくたろう) 容疑者。
ニュース映像で公開された顔画像はこちらです。
 
スクリーンショット 2017-12-06 13.04.03
 
首にびっしりタトゥー。
見かけで判断するのもなんですが、
いろいろやってそうな。。
 
GoogleやYahooなど、
大手IT企業を騙ったフィッシングメールの話はよく聞きますが、
そのほとんどは一目で怪しいとわかるような稚拙なもの。
しかし今回の件は本物と思っても仕方ないような精巧なものだったようです。
 

スポンサードリンク





 

山埜井福太郎 クレジットカード情報入手の手口は?

 
山埜井容疑者はどのようにしてクレジットカード情報を入手したのでしょうか?
 
報道によるとその手口は、、、
 
まず、
Googleを装い、
主にAndroid端末向けのデジタルコンテンツ配信サービスである Google Playアカウントの支払い方法登録をお願いするショートメール をスマホ・携帯に送信。
 
スクリーンショット 2017-12-06 13.04.52
 
アドレスをクリックすると、
支払い用のクレジットカード情報を登録するページに 飛びます。
ページ画像が下記のもの。
 
スクリーンショット 2017-12-06 13.07.20
 
Google Playの正規のロゴを使い、
プライバシーポリシーを遵守する旨も明記するなど、
本当にGoogleのページかと思うような出来栄え。
 
よく考えれば、
Googleにはメールアドレスが登録されているはずなので、
ショートメールでこういう案内が来るのはおかしいということに気づくとは思いますが、
騙されてついつい情報を入力してしまう人がいてもおかしくないですよね。。
 

スポンサードリンク





 

山埜井福太郎のフィッシングメール作業量がヤバい!

 
報道によると、
今回の犯罪は山埜井容疑者を含む複数の人物で行われたとのこと。
 
警視庁が山埜井容疑者ほかのパソコンを解析したそうなのですが、
送信履歴から、
1年半 の間にグーグルを装ったメールを 50万件 ほど送信した形跡が見つかったそうです。
 
5000件でも、
5万件でもなく、
50万件!
ざっと 1日あたり1000件の詐欺メールを送っていた ことになります。
 
関係先から、
約200人分のクレジットカード情報が見つかったとのこと、
山埜井容疑者らはその半数にあたる100人分ほどのクレジットカード情報をすでに使用したそうです。
 
。。。1日1000件のメールを送る根性と、
こういう犯罪を思いつき、
実行する企画力と実行力があれば、
法に触れないやり方で、
おそらく同じくらいかそれ以上の稼ぎを得ることはそれほど難しくないんじゃないかと思いますけどね。。。
 
 
こういったメールによる詐欺、
今後もおそらく増えていくんじゃないかと思います。
安易に情報を渡さず、
まず確認することが重要ですよね。
 
なんか、、、
インターネット、
スマホの普及でいろんなものが便利になった一方で、
こういった犯罪被害に注意しなければならないこととか、
新たにこれまではなかった心配事が増えてきているという、
かえってめんどくさい世の中になってきたような。。。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 1
  2. スクリーンショット 2017-10-31 12.02.42
  3. hashizume201511
  4. スクリーンショット 2017-12-07 1.10.25
  5. 41BUdzKLR9L
  6. スクリーンショット 2017-11-04 17.34.24

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。