斉藤祐輔・萩原崇智・片岡秀照・細川充(集団わいせつ)の顔画像!逮捕の経緯は?

この記事は3分で読めます

スクリーンショット 2017-11-27 15.54.31

 
ここのところ、
容疑者の身分や年齢を問わず、
痴漢犯罪やわいせつ事件が頻繁に起こっていますが、、、
 
この事件はそういった中でも特に 悪質 だと言えるでしょう。
 
2017年7月19日、
JR埼京線の池袋〜板橋駅間 で、
20代の会社員女性を 集団で囲み
下着の中に手を入れ下半身をさわるなどの 痴漢・わいせつ行為 をしたとして、
4人の男が逮捕 されました。
 
集団で囲んで痴漢、
というそれだけでも異常ですが、
この事件の異常・悪質なところは、
なんとこの4人に面識がなく 事件の日が初対面だった ということ。
 
4人はインターネットの 痴漢に関する掲示板 の、
「事件が起こった車両が痴漢しやすい」
という書き込みを見て集まった可能性が高いらしいのです。
 
なんとも、、、
アダルトビデオの中の出来事を、
本当にやっちゃった感じですね。。。
 

スポンサードリンク





 

斉藤祐輔・萩原崇智・片岡秀照・細川充の顔画像!

 
逮捕されたのは 斉藤祐輔 容疑者(横浜市都筑区池辺町在住の会社員35歳)・萩原崇智 容疑者(東京都豊島区池袋1丁目在住の職業不詳34歳)・片岡秀照 容疑者(大田区池上3丁目在住の会社員49歳)・細川充容 疑者(荒川区西日暮里2丁目在住の職業不詳43歳) 。
 
ニュース映像で顔画像も公開されていました。
4人のうち、
斉藤容疑者だけは顔画像が特定されています。
下記記事に載せておりますので、
興味がある方は見てみてください。
 

 
他の3人は、
どの画像がどの容疑者なのかはわからないですが、
顔画像自体は公開されていますので載せておきます。
 
↓萩原崇智・片岡秀照・細川充の顔画像
 
スクリーンショット 2017-11-27 14.51.57
 
スクリーンショット 2017-11-27 14.52.19
 
スクリーンショット 2017-11-27 14.52.43
 
公表されている年齢から誰がどの顔画像か大体はわかりますが、、、
憶測はやめておきましょう。
 
4人のうち3人は容疑を認めていますが、
細川容疑者 だけは
「触ろうと思ったが、手が届かなかった」
と供述し、
容疑を否認 しているとのこと。
 
。。。おなじだっつーの。
 

スポンサードリンク





 

斉藤祐輔・萩原崇智・片岡秀照・細川充 逮捕の状況は?

 
犯行が発覚したのは 板橋駅 のホーム。
板橋駅で 乗客整理 の業務についていた 19歳のアルバイト男性 が、
車内で女性を取り囲むようにして立っていた 4人の男 に気付き、
駅員を通じて通報したそうです。
 
その後、
車内の防犯カメラの映像などで4人が特定され、
逮捕に至ったということ。
 
事件発生から実に4ヶ月。
地道な捜査の結実は素晴らしいことですが、
その間にこの4人がどれだけのわいせつ行為を繰り返したのか。。
現行犯で逮捕することができなかったのが非常に残念ですね。
 
周りの乗客は気づかなかったのか?
というのも気にはなりますが、
通勤時の埼京線はものすごい混雑具合。
腕が曲がったら曲がったまんま次の駅まで、、、
というような状況です。
1m先で起こっている出来事に気づかないというのもしょうがない、
そういう異様な状況なのですね。
 
埼京線だけではなく首都圏の通勤ラッシュの混み具合は本当にひどいです。
筆者は自営業なので、
ラッシュ時の電車に乗ることはほとんどありませんが、
たまにぶつかった時には本当に驚きます。
 
痴漢犯罪が起こるのは、
あくまで痴漢本人が悪いのですが、、、
通勤ラッシュを緩和できれば、
ある程度は減るんじゃないかとは思いますね。
各企業フレックスタイムの導入等いろんな努力はしているかと思いますが、
もっと会社ごとの取り組みで時間差通勤を促進できないものでしょうか?
午後1時が始業の一般企業があっても社会経済は全然成立するような気がするのですが、、、
まあ通勤地獄の当事者ではないので、
意見する資格はありませんが。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. スクリーンショット 2018-01-03 0.49.25
  2. OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  3. スクリーンショット 2017-11-23 19.31.15
  4. スクリーンショット 2017-12-24 18.18.05
  5. hqdefault
  6. スクリーンショット 2017-11-08 12.53.38

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。