斉藤祐輔(電車集団わいせつ)の顔画像!ネット掲示板で痴漢集結?

この記事は3分で読めます

スクリーンショット 2017-11-27 13.42.46

 
ここのところ、
電車内での痴漢・盗撮などのわいせつ犯罪のニュースがあとを絶ちませんが、
その中でも極めて悪質な、
驚愕のニュースが飛び込んできました。
 
JR埼京線 の電車内で、
4人の男が20代の女性に対し集団でわいせつな行為をした として、
警視庁に逮捕されました。
 
逮捕されたのは以下の四人です。
 
斉藤祐輔(さいとう・ゆうすけ) 容疑者
 横浜市都筑区池辺町在住 35歳の会社員
 
萩原崇智 容疑者 
 東京都豊島区池袋1丁目在住 34歳 職業不詳
 
片岡秀照 容疑者
 大田区池上3丁目在住 49歳の会社員
 
細川充 容疑者
荒川区西日暮里2丁目在住 43歳 職業不詳
 
このうち、
ニュース映像で公開された 斉藤容疑者の顔画像 がこちらです。
 
スクリーンショット 2017-11-27 13.38.09
 
人を見かけで判断するのはどうかとは思いつつも。。。
見るからに痴漢っぽい。。。
 
報道によると、、、
上記4人は2017年7月19日、
JR池袋駅と板橋駅の間を走行する埼京線の車内で、
都内在住の20代会社員の女性に対し、
集団で下着の中に手を入れ下半身を触るなどのわいせつな行為をした疑いがもたれています。
 
さらに、
4人にはなんと 面識がない ということ、、、
職業も年齢もバラバラな4人が集まって痴漢行為をはたらいた、
その 経緯が驚愕 なのです。
 

スポンサードリンク





 

斉藤祐輔ら4人はインターネット掲示板で繋がって集結した?

 
報道によると、、、
 
斉藤容疑者ら4人は 痴漢体験を告白するインターネット上の掲示板を見て集まり、
当日初めて会って犯行に及んだ
可能性が強いそうです。
 
。。。なんじゃそりゃ、、、
 
具体的には、
この掲示板に、
当該女性が被害に遭った電車の車両は痴漢がしやすい
という内容の書き込みがあり、
これを見て集まった可能性が高いということなんですね。
 
調べに対し斉藤容疑者は、
「周りの乗客が触っていたのを見てムラムラして私も触りました」
と供述しているとのこと。
「周りの乗客」というのはもちろん他の三人のことかと思います。
。。。基本的に人のせいにする容疑者の性質がこの供述ににじみ出ていますね。。
 
状況としては 4人で被害女性を取り囲んで犯行に及んだ よう。
本当に卑劣極まりない、
そして常軌を逸した極めて悪質な犯行ですね。。。
 

スポンサードリンク





 

斉藤祐輔らの電車集団わいせつ ネットの反応は?

 
この事件にインターネットではどんな反応があるのでしょう?
書き込みを拾ってみました。
 
mto***** |
被害に遭われた女性はどんなに怖かっただろう。冤罪も問題だけれど、本当に罪を犯した人間に対してはもっと厳罰を処していいと思う。
 
ღ |
こんなやつらに寄ってたかって触られた女性が気の毒でなりません。
気持ち悪すぎてトラウマでしょう。
 
ほんとですよね〜
被害女性が本当に気の毒。
 
yto |
ムラムラしてそういう気分になり触りたいと思ってしまうのと、実際に触るのとの間には、めちゃくちゃデケー壁があると思うんだが、なぜそれをこいつらは簡単に乗り越えるんだろう…
その神経が理解できん…
 
筆者もそれ強く思います。
ぶっちゃけムラムラしてしまうことは多かれ少なかれ誰にでもあると思いますが、
99%は 「壁」 を越えないものだし、
それが当たり前だと思うのですが。
この人たちのこの 「ブレイクスルー」 って一体何なのでしょう?
 
mag***** |
人を見た目で判断しちゃいけないけど、いかにもやりそうな男だな!
 
jap***** |
これが不思議とやりそうな顔してるんだよね。人は見た目で判断した方がいいね。
 
今回に関しては筆者もそう思いました。
 
 
一体この手の痴漢犯罪にどういう刑罰が下されるのでしょうか?
現行の方のもとでは、
初犯であればきっと大した罪にはならないのでしょうね。。
 
法律は基本的には「人間は更生が可能である」という考え方のもと作られていると思いますが、
昨今の犯罪の悪質さを見るに、
いろいろと考えていかなくてはならないんじゃないかと思いますね。。。
 
最後までお読みいただき、
ありがとうございましたm(_ _)m
 

 
 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 996697_1702627510013468_7532471817576580237_n
  2. スクリーンショット 2017-11-14 17.35.32
  3. スクリーンショット 2017-11-04 17.34.24
  4. スクリーンショット 2017-10-06 13.18.16
  5. スクリーンショット 2017-11-21 0.00.36
  6. スクリーンショット 2017-12-07 13.42.27

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。